文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国語情報処理4
日本大学ロゴ

中国語情報処理4

このページを印刷する

科目名 中国語情報処理4
教員名 黄耀進
単位数    1 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 中国・台湾の言語・文化・社会・歴史に関する調査・研究にパソコンを活用する方法を身に付け、先行研究(二次資料)の整理方法を学ぶ授業。
授業のねらい・到達目標 中国語中国文化学科では、中国・台湾の言語・文化・社会・歴史に関する学習・研究を行うが、そのような学習・研究にパソコンを活用する実用的な方法を身につける。特に、文献検索の方法、文献情報の整理の方法、調査結果をプレゼンテーションする方法などを身につける。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP4,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 メディアラボで実際にパソコンを操作しながら実習を行なう。
本授業の事前・事後学習は,合わせて1時間の学習を目安とします。
履修条件 文理学部のパソコンで中国語を入力できること。
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標および授業方法について説明する)
学術的文章の基本

【事前学習】シラバスを事前に確認すること。

【事後学習】学術的文章が満たすべき条件を復習すること。
2中国・台湾に関係する入門書・教科書のブラウジング検索
ブラウジング検索を体験する。

【事前学習】調査したい分野(中国・台湾に関連する分野)を考えてくること。

【事後学習】自分で図書館へブラウジング検索に行くこと。
3自分が調査したい分野のキーワードを見つける
ブラウジング検索で見つけた図書を読み、オンライン検索で用いるキーワードを考える。

【事前学習】見つけた本を授業時に持参すること。

【事後学習】授業で決めたキーワードでよいか再確認すること。
4中国・台湾に関係する文献を日本のオンラインデータベースで調査する
日本の学術論文を検索し、書誌情報をExcelに入力する。

【事前学習】自分が調査したい分野のキーワードを再確認すること。

【事後学習】日本のオンラインデータベースの利用方法を復習する。
5書誌情報の整形の自動化
数式を利用してExcel上の書誌情報を自動的に整形する。

【事前学習】前回の授業で検索した論文の書誌情報を確認しておくこと。

【事後学習】Excelで書誌情報の整形を行う数式を復習すること。
6自分が調査したい分野の中国語のキーワードを考える

【事前学習】自分が調査したい分野の日本語のキーワードを再確認すること。

【事後学習】日本語のキーワードを中国語訳する方法を復習すること。
7中国・台湾に関係する文献を中国のオンラインデータベースで調査する(1)
中国の雑誌論文の検索。

【事前学習】中国語のキーワードを再確認すること。

【事後学習】中国のオンラインデータベースの利用方法を復習する。
8中国・台湾に関係する文献を台湾のオンラインデータベースで調査する
台湾の博士論文・修士論文の検索。

【事前学習】中国語のキーワードを再確認すること。

【事後学習】台湾のオンラインデータベースの利用方法を復習する。
9中国・台湾に関係する文献を中国のオンラインデータベースで調査する(2)
中国の博士論文・修士論文の検索。

【事前学習】中国語のキーワードを再確認すること。

【事後学習】中国のオンラインデータベースの利用方法を復習する。
10書誌情報を統合する

【事前学習】これまでに調査した文献の書誌情報を確認すること。

【事後学習】Excelで書誌情報の統合を行う数式を復習すること。
11論文の要点をまとめる(1)
先行研究の論文の要点を書く。

【事前学習】論文の要点をどのように要約するか考えてみること。

【事後学習】授業中に書いた論文の要点を再確認すること。
12論文の要点をまとめる(2)
先行研究の論文の要点を書く。

【事前学習】論文の要点をどのように要約するか考えてみること。

【事後学習】授業中に書いた論文の要点を再確認すること。
13調査結果をプレゼンテーションする方法
先行研究のプレゼンテーション用スライドの作成:PowerPointの基本的な使い方。

【事前学習】自分でPowerPointを試してみること。

【事後学習】スライドの作成方法を復習する。
14先行研究のプレゼンテーション(1)
Powerpointを用いて先行研究の発表を行う。

【事前学習】プレゼンテーションを準備すること。

【事後学習】発表の際に聞き取った意見を整理してスライドを修正すること。
15先行研究のプレゼンテーション(2)
Powerpointを用いて先行研究の発表を行う。

【事前学習】プレゼンテーションを準備すること。

【事後学習】発表の際に聞き取った意見を整理してスライドを修正すること。
その他
教科書 電子ファイルまたはプリント配布。
参考書 授業時に指示する。
成績評価の方法及び基準 授業参画度(100%)
毎回の実習によって提出した課題で成績評価を行う。
オフィスアワー 授業終了後。申し出に応じて時間調整する。
備考  「中国語情報処理1」,「中国語情報処理2」の単位を取得しておくことが望ましい。

このページのトップ