文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国現代文学演習4
日本大学ロゴ

中国現代文学演習4

このページを印刷する

科目名 中国現代文学演習4
教員名 神谷まり子
単位数    1 学年    3 開講区分 文理学部
(他学部生相互履修可)
科目群 中国語中国文化学科
学期 後期 履修区分 選択必修
授業概要 中国語の短篇小説の精読を通じ、現代中国のおかれた諸状況について、学生とともに考え、理解するための授業を行う。
授業のねらい・到達目標 近年出版された若い作家による短篇小説を読み、中国語の文章を正しく理解できるようになるとともに、適切な日本語に置き換える力を養うことをねらいとする。テキストには、張皓宸著『後来時間都与你有関』(2017年)に収録されている短篇小説を使用する。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP2,DP4,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 演習形式(学生による翻訳)
本授業の事前・事後学習は,合わせて1時間の学習を目安とします。
履修条件 テキストは初回授業のガイダンス時にてコピーを配布する。あらかじめ各グループの分担箇所を決定し、授業にて翻訳してもらうが、分担箇所以外についても訳文を考えてくること。学期の最後までに、共同訳による日本語訳を製作する。なお、毎回授業で翻訳する予定の箇所の単語について、小テストを行う。
授業計画
1ガイダンス・テキストの配布と作家紹介
【事前学習】シラバスをよく読んでおくこと
【事後学習】ガイダンス資料をよく読んでおくこと
2「再見永無島」を読む(1)・テキスト179ページ
【事前学習】上記部分を読んでおくこと
【事後学習】上記部分の訳を復習しておくこと
3「再見永無島」を読む(2)・テキスト180-181ページ
【事前学習】上記部分を読んでおくこと
【事後学習】上記部分の訳を復習しておくこと
4「再見永無島」を読む(3)・テキスト182-183ページ
【事前学習】上記部分を読んでおくこと
【事後学習】上記部分の訳を復習しておくこと
5「再見永無島」を読む(4)・テキスト184-185ページ
【事前学習】上記部分を読んでおくこと
【事後学習】上記部分の訳を復習しておくこと
6「再見永無島」を読む(5)・テキスト186-187ページ
【事前学習】上記部分を読んでおくこと
【事後学習】上記部分の訳を復習しておくこと
7「再見永無島」を読む(6)・テキスト188-189ページ
【事前学習】上記部分を読んでおくこと
【事後学習】上記部分の訳を復習しておくこと
8「再見永無島」を読む(7)・テキスト190-191ページ
【事前学習】上記部分を読んでおくこと
【事後学習】上記部分の訳を復習しておくこと
9「再見永無島」を読む(8)・テキスト192-193ページ
【事前学習】上記部分を読んでおくこと
【事後学習】上記部分の訳を復習しておくこと
10「再見永無島」を読む(9)・テキスト194-195ページ
【事前学習】上記部分を読んでおくこと
【事後学習】上記部分の訳を復習しておくこと
11「再見永無島」を読む(10)・テキスト196-197ページ
【事前学習】上記部分を読んでおくこと
【事後学習】上記部分の訳を復習しておくこと
12「再見永無島」を読む(11)・テキスト198ページ
【事前学習】上記部分を読んでおくこと
【事後学習】上記部分の訳を復習しておくこと
13復習(1)・内容の整理と検討
【事前学習】テキスト全体を読んでおくこと
【事後学習】学習の復習をしておくこと
14復習(2)・訳の完成
【事前学習】担当個所の訳を見直しておくこと
【事後学習】担当個所の訳を完成させる
15授業のまとめ・作品を読み解く
【事前学習】作品についての評論をまとめておく
【事後学習】授業を振り返り、訳全体を再考する
その他
教科書 張皓宸 『『後来時間都与你有関』』 天津人民出版 2017年 第3版
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(50%)、授業参画度(50%)
授業内テストは、中間試験、期末試験、小テスト等を合わせて評価する。
授業参画度には、日本語訳の成績が含まれる。
オフィスアワー 月と火の昼休み(研究室)

このページのトップ