文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国古典文学演習2
日本大学ロゴ

中国古典文学演習2

このページを印刷する

科目名 中国古典文学演習2
教員名 青木隆
単位数    1 学年    3 開講区分 文理学部
(他学部生相互履修可)
科目群 中国語中国文化学科
学期 後期 履修区分 選択必修
授業概要 漢文訓読は、日本に漢籍が伝来して以来、現在に至るまで行なわれている中国古典文日本語翻訳の技術である。本授業では、まず、この漢文訓読の技術を解説し、次に、やさしい中国古典文を用いて実際に漢文訓読にかかわる実習を行なう。その際、漢和辞典の使い方についてとくに詳しく解説する。現代中国語を学んだわれわれが漢和辞典のもっともよき使い手になるうることを認識してしてもらいたい。
授業のねらい・到達目標 ①漢和辞典を使いこなすことができること。
②漢文訓読の技術に習熟すること。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP2,DP4,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 ①教室でプリント教材『漢文訓読マニュアル』を配布する。②プリント教材に沿って学生に教室で練習問題を解かせたり、質疑応答をしながら解説講義を行なう。③漢和辞典とプリント教材を参照しながら、実習の形式で、漢文訓読文を書き下し文にしたり、書き下し文をみながら漢文に返り点・送り仮名・振り仮名を施したりする。④作業中、机間巡視するので、疑問点があれば、教員に質問する。⑤課題プリントの提出を求めることもある。
本授業の事前・事後学習は,合わせて1時間の学習を目安とします。
履修条件 高校程度の古文・漢文の知識があること。「中国語1~14」が修得済みであること。
授業計画
1助動詞の送り仮名(1)
【事前学習】テキストの助動詞(未然形~終止形接続)の練習問題を解いておくこと。
【事後学習】助動詞の活用がすらすらと言えるようにすること。
2助動詞の送り仮名(2)
【事前学習】テキストの助動詞(連体形~已然形接続)の練習問題を解いておくこと。
【事後学習】助動詞の活用がすらすらと言えるようにすること。
3補読の送り仮名(1)
【事前学習】テキストの補読(副詞化~動詞化)の練習問題を解いておくこと。
【事後学習】練習問題を反復し、理解を深めること。
4補読の送り仮名(2)
【事前学習】テキストの補読(副詞化~動詞化)の練習問題を解いておくこと。
【事後学習】練習問題を反復し、理解を深めること。
5新かな書き下し文→訓読文(実習)
【事前学習】これまでのテキストの内容を復習しておくこと。
【事後学習】自分の答案の間違ったところとできなかったところを確認しておくこと。
6新かな書き下し文→訓読文(解説前半)
【事前学習】実習プリント前半でわからない点を質問できるようにしておくこと。
【事後学習】訓読文の前半について、訓読文だけを見て朗読し、朗読できないところを確かめること。
7新かな書き下し文→訓読文(解説後半)
【事前学習】実習プリント後半でわからない点を質問できるようにしておくこと。
【事後学習】訓読文の全体について、訓読文だけを見て朗読し、朗読できないところを確かめること。
8送り仮名字数つき白文→訓読文(実習)
【事前学習】これまでのテキストの内容を復習しておくこと。
【事後学習】自分の答案の間違ったところとできなかったところを確認しておくこと。
9送り仮名字数つき白文→訓読文(解説前半)
【事前学習】実習プリント前半でわからない点を質問できるようにしておくこと。
【事後学習】訓読文の前半について、訓読文だけを見て朗読し、朗読できないところを確かめること。
10送り仮名字数つき白文→訓読文(解説後半)
【事前学習】実習プリント後半でわからない点を質問できるようにしておくこと。
【事後学習】訓読文の全体について、訓読文だけを見て朗読し、朗読できないところを確かめること。
11白文→訓読文(実習)
【事前学習】これまでのテキストの内容を復習しておくこと。
【事後学習】自分の答案の間違ったところとできなかったところを確認しておくこと。
12白文→訓読文(解説前半)
【事前学習】実習プリント前半でわからない点を質問できるようにしておくこと。
【事後学習】訓読文の前半について、訓読文だけを見て朗読し、朗読できないところを確かめること。
13白文→訓読文(解説後半)
【事前学習】実習プリント後半でわからない点を質問できるようにしておくこと。
【事後学習】訓読文の全体について、訓読文だけを見て朗読し、朗読できないところを確かめること。
14総合演習(1)
【事前学習】これまでのテキストの内容を復習しておくこと。
【事後学習】自分の答案の間違ったところとできなかったところを確認しておくこと。
15総合演習(2)解説
【事前学習】実習プリントでわからない点を質問できるようにしておくこと。
【事後学習】課題レポートに取り組むこと。
その他
教科書 佐藤進・濱口富士雄 『全訳漢辞海』 三省堂 2017年 第4版
三省堂『漢辞海』第4版を教科書に指定する。当該辞典は、漢文訓読法の初学者に向けた配慮がもっともゆきとどいた漢和辞典であるからである。本授業は『漢辞海』第4版に準拠して行なう。毎回、教室に『漢辞海』第4版を携帯することを求める。やむを得ない場合、第3版以前の『漢辞海』、角川書店『新字源』、大修館『漢語林』の携帯を認める。これらの漢和辞典の携帯なき場合、実習プリントの提出を認めない。
参考書 井波律子 『三国志演義(一) (講談社学術文庫)』 講談社 2014年 第1版
立間祥介 『三国志演義(上) (奇書シリーズ)』 平凡社 1972年 第1版
小川環樹・金田純一郎 『完訳三国志(一) (岩波文庫)』 岩波書店 1988年 第1版
前野直彬 『漢文入門 (ちくま学芸文庫)』 筑摩書房 2015年 第1版
『三国志演義』の現代日本語訳を参照する場合は、上に挙げた3種類のいずれかを用いてください。前野直彬著『漢文入門』は、訓読の仕組みをやさしく詳述したものとしてもっともすぐれた参考書です。
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業内テスト(40%)、授業参画度(30%)
授業内テストは、中間試験、期末試験、小テスト等を合わせて評価する。
授業参画度には、練習問題、実習プリントの成績等が含まれる。
オフィスアワー 金曜5時限、中国語中国文化学科学生閲覧室

このページのトップ