文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国語ライティング2
日本大学ロゴ

中国語ライティング2

このページを印刷する

科目名 中国語ライティング2
教員名 島田亜実
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 中国語文法・作文。文法はライティングに限らず、スピーキング・リスニング等言語運用全般に必要なものである。入学初年度に学習した初級文法事項の復習から始め、豊富な例文の音読・訳読と作文の反復練習を通して、中国語文法を体系的に整理し理解する。
授業のねらい・到達目標 単文を中心とした作文練習を通して、語彙を増やし、中国語文法を確実に身に着けることを目的とする。
平易な単語を用いて正しい文を書くことができる。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP5,DP6及びカリキュラムポリシーCP5,CP8,CP9に対応しています。
授業の方法 作文用テキストを使用し,問題を解くことで文法事項の整理及び復習を行う。
各課は、①語句の確認、②文法解説及び例文音読と確認、③本文音読と確認、④練習問題、の順に進める。
テキストのほかに補助プリントを用い、文法解説と並行して用いることで理解の助けとする。
練習問題は口答のほか,問題によっては指名して板書したものを添削する。
毎回辞書の携帯を求める。
各課ごとに小テストを行うことで語句と文法の定着を促し、また、学期末にはまとめのテストを行う。
本授業の事前・事後学習は,合わせて1時間の学習を目安とします。
授業計画
1ガイダンス(授業方法・評価についての説明)
前期の内容復習
※ライティング1の続きから始める。また以下の進度はおおよその目安。クラス状況により異なる。
※以下の進度はおおよその目安。クラス状況により異なる。
【事前学習】シラバスを読んでおくこと。中日辞典を用意しておくこと。

【事後学習】授業で学習した例文や練習問題を復習し、小テストに備える。テキスト付属の音声データも利用し、音声と文字を結びつけて覚えること。
2第10課〔助動詞(可能);介詞各種 ほか〕文法事項説明・例文確認

【事前学習】語句の確認(新出語句を調べておく。単語一覧を眺めるだけでなく、どの例文で使われているのか、また、ほかにわからない単語がないかもチェックすること)

【事後学習】授業で学習した例文や練習問題を復習し、小テストに備える。音声データも利用し、音声と文字を結びつけて覚えること。
3第10課〔助動詞(可能);介詞各種 ほか〕練習問題解答

【事前学習】語句の確認(新出語句を調べておく。単語一覧を眺めるだけでなく、どの例文で使われているのか、また、ほかにわからない単語がないかもチェックすること)

【事後学習】授業で学習した例文や練習問題を復習し、小テストに備える。音声データも利用し、音声と文字を結びつけて覚えること。
4第11課〔‟了、着、过” ほか〕文法事項説明・例文確認 その1:“了”について

【事前学習】語句の確認(新出語句を調べておく。単語一覧を眺めるだけでなく、どの例文で使われているのか、また、ほかにわからない単語がないかもチェックすること)

【事後学習】授業で学習した例文や練習問題を復習し、小テストに備える。音声データも利用し、音声と文字を結びつけて覚えること。
5第11課〔‟了、着、过” ほか〕文法事項説明・例文確認 その2:‟着、过” ほか

【事前学習】語句の確認(新出語句を調べておく。単語一覧を眺めるだけでなく、どの例文で使われているのか、また、ほかにわからない単語がないかもチェックすること)

【事後学習】授業で学習した例文や練習問題を復習し、小テストに備える。音声データも利用し、音声と文字を結びつけて覚えること。
6第11課〔‟了、着、过” ほか〕練習問題解答

【事前学習】語句の確認(新出語句を調べておく。単語一覧を眺めるだけでなく、どの例文で使われているのか、また、ほかにわからない単語がないかもチェックすること)

【事後学習】授業で学習した例文や練習問題を復習し、小テストに備える。音声データも利用し、音声と文字を結びつけて覚えること。
7第12課〔結果補語;方向補語;可能補語 ほか〕文法事項説明・例文確認 その1:結果補語と方向補語

【事前学習】語句の確認(新出語句を調べておく。単語一覧を眺めるだけでなく、どの例文で使われているのか、また、ほかにわからない単語がないかもチェックすること)

【事後学習】授業で学習した例文や練習問題を復習し、小テストに備える。音声データも利用し、音声と文字を結びつけて覚えること。
8第12課〔結果補語;方向補語;可能補語 ほか〕文法事項説明・例文確認 その2:可能補語ほか

【事前学習】語句の確認(新出語句を調べておく。単語一覧を眺めるだけでなく、どの例文で使われているのか、また、ほかにわからない単語がないかもチェックすること)

【事後学習】授業で学習した例文や練習問題を復習し、小テストに備える。音声データも利用し、音声と文字を結びつけて覚えること。
9第12課〔結果補語;方向補語;可能補語 ほか〕練習問題解答

【事前学習】語句の確認(新出語句を調べておく。単語一覧を眺めるだけでなく、どの例文で使われているのか、また、ほかにわからない単語がないかもチェックすること)

【事後学習】授業で学習した例文や練習問題を復習し、小テストに備える。音声データも利用し、音声と文字を結びつけて覚えること。
10第13課〔‟把”構文;受け身文;‟是~的” ほか〕文法事項説明・例文確認 その1:‟把”構文と受け身文

【事前学習】語句の確認(新出語句を調べておく。単語一覧を眺めるだけでなく、どの例文で使われているのか、また、ほかにわからない単語がないかもチェックすること)

【事後学習】授業で学習した例文や練習問題を復習し、小テストに備える。音声データも利用し、音声と文字を結びつけて覚えること。
11第13課〔‟把”構文;受け身文;‟是~的” ほか〕文法事項説明・例文確認 その2:‟是~的” ほか

【事前学習】語句の確認(新出語句を調べておく。単語一覧を眺めるだけでなく、どの例文で使われているのか、また、ほかにわからない単語がないかもチェックすること)

【事後学習】授業で学習した例文や練習問題を復習し、小テストに備える。音声データも利用し、音声と文字を結びつけて覚えること。
12第13課〔‟把”構文;受け身文;‟是~的” ほか〕練習問題解答

【事前学習】語句の確認(新出語句を調べておく。単語一覧を眺めるだけでなく、どの例文で使われているのか、また、ほかにわからない単語がないかもチェックすること)

【事後学習】授業で学習した例文や練習問題を復習し、小テストに備える。音声データも利用し、音声と文字を結びつけて覚えること。
13理解度の確認と解説

【事前学習】補充プリントに目を通し、指定された範囲を解答しておく。

【事後学習】プリント内容復習。
14第13回目までの学習内容について質疑応答を行う。

【事前学習】テキスト・プリントに目を通し、あらかじめ疑問点を確認しておくこと。

【事後学習】先にあげた疑問点が解消されたか確認し、復習する。
15フィードバックと試験・解説

【事前学習】試験に備えて語句・用例の復習をしておく。

【事後学習】試験を通し、よくできた部分・理解が不十分な部分を確認する。
その他
教科書 依藤醇・井田みずほ・小薗瑞恵 『初級中国語教室 詳解文法と作文のクラス』 白帝社 2013年
ライティング1及び2で同一のテキストを使用する。
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(90%)、授業参画度(10%)
・辞書(中日辞典)を持ってくること。
・授業参画度には授業準備や課題への取り組みなどを含める。辞書の不携帯や、指定された予習・課題をやっていない場合は減点の対象とする。
・各課の小テストのほかに,学期末にまとめのテストを行う。各課の小テストとまとめテストの割合はおおよそ3:6だが,進度により割合に多少差が出る。
・小テスト及び学期末の試験日については授業時に指示する。
オフィスアワー 質問等は授業終了後,教室にて受け付ける。

このページのトップ