文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国語リーディング2
日本大学ロゴ

中国語リーディング2

このページを印刷する

科目名 中国語リーディング2
教員名 平澤歩
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 欧陽修「正統論」を講読する。
古代の中国では「天に二日無く、土に二王無し(天無二日、土無二王)」と言い、地上に正統の王者が一人のみ君臨すると考えた。しかし、時には分裂が生じ、王を自称する者が複数人並立することがあった。このことについてどのように考えるべきか。北宋の政治家・学者・文人である欧陽修は「正統論」を著し、分裂時代の正統の所在について、自説を展開した。
授業のねらい・到達目標 この文章を読むことで、古代中国語の読解力を高めるとともに、中国の王朝交代史について基本的な知見を得て、説明できるようになる。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP5,DP6及びカリキュラムポリシーCP5,CP8,CP9に対応しています。
授業の方法 初回から数回は平澤が訳注を配布する。
その後は割り当てるので、各人はそれぞれ担当箇所について、語彙・書誌・事件について注釈を付した現代語訳を作成し、順番が廻って来た日に資料を配布し、報告を行うこと。
本授業の事前・事後学習は,合わせて1時間の学習を目安とします。
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標および授業方法について説明する)

【事前学習】シラバスを読むこと。

【事後学習】履修するか否か考えること。
2饒宗頤『中国史学上之正統論』(龍門書院、1979年)p.74 平澤による報告

【事前学習】単語・固有名詞等を調べて来ること。

【事後学習】授業中に解説された語彙・文法等を復習すること。
3同上 p.75 平澤報告
担当箇所割り当て

【事前学習】単語・固有名詞等を調べて来ること。

【事後学習】授業中に解説された語彙・文法等を復習すること。
4同上 p.76 平澤報告

【事前学習】単語・固有名詞等を調べて来ること。

【事後学習】授業中に解説された語彙・文法等を復習すること。
5同上 P.76 担当者報告

【事前学習】単語・固有名詞等を調べて来ること。

【事後学習】授業中に解説された語彙・文法等を復習すること。
6同上 P.77前半 担当者報告

【事前学習】単語・固有名詞等を調べて来ること。

【事後学習】授業中に解説された語彙・文法等を復習すること。
7同上 p.77後半 担当者報告

【事前学習】単語・固有名詞等を調べて来ること。

【事後学習】授業中に解説された語彙・文法等を復習すること。
8同上 p.78前半 担当者報告

【事前学習】単語・固有名詞等を調べて来ること。

【事後学習】授業中に解説された語彙・文法等を復習すること。
9同上 p.78後半 担当者報告

【事前学習】単語・固有名詞等を調べて来ること。

【事後学習】授業中に解説された語彙・文法等を復習すること。
10同上 p.79前半 担当者報告

【事前学習】単語・固有名詞等を調べて来ること。

【事後学習】授業中に解説された語彙・文法等を復習すること。
11同上 p.79後半 担当者報告

【事前学習】単語・固有名詞等を調べて来ること。

【事後学習】授業中に解説された語彙・文法等を復習すること。
12同上 p.80前半 担当者報告

【事前学習】単語・固有名詞等を調べて来ること。

【事後学習】授業中に解説された語彙・文法等を復習すること。
13同上 p.80後半 担当者報告

【事前学習】単語・固有名詞等を調べて来ること。

【事後学習】授業中に解説された語彙・文法等を復習すること。
14同上 p.81 担当者報告

【事前学習】単語・固有名詞等を調べて来ること。

【事後学習】授業中に解説された語彙・文法等を復習すること。
15まとめ

【事前学習】担当した箇所について手直しをして来ること。

【事後学習】続きを自分で読むこと。
その他
成績評価の方法及び基準 授業参画度(100%)
授業参画度には、授業内報告の成績とリアクションペーパー等の評価が含まれる。
オフィスアワー 木曜日16時半以降。
事前に連絡すること。

このページのトップ