文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国語スピーキング1
日本大学ロゴ

中国語スピーキング1

このページを印刷する

科目名 中国語スピーキング1
教員名 王京蒂
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科
学期 前期 履修区分 選択
授業概要 中国語の表現力の向上を図る。
語学教養番組の講師経験を有する教員がそのキャリアを活かし、達意の中国語を教える。
授業のねらい・到達目標 日常会話を可能にし、簡単な文章を書けるようにする。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP5,DP6及びカリキュラムポリシーCP5, CP8,CP9に対応しています。
授業の方法 テキストを聞き、読み、暗唱することにより、発音(特に声調)を身につける。語彙を増やし、会話の基礎を築く。基本文法を復習しつつ、更に一歩上の用法を学ぶ。それを通じて、色々なテーマを設定した会話練習に活用し、自由に表現できるようにする。
本授業の事前・事後学習は,合わせて1時間の学習を目安とします。
履修条件 中日・日中辞書は必須とする。
授業計画
1授業の概要説明。
【事前学習】シラバスを読んでおく
【事後学習】今後の学習計画を立てる
2発音及び基本文法の確認。
【事前学習】発音と基本文法を復習する
【事後学習】授業内容をふまえ、発音と基本文法を再度、復習する
3第1課(動作の完了を表す「了」、前置詞「給」、動詞の連体修飾)
【事前学習】テキスト第1課を予習する
【事後学習】テキスト第1課を復習する
4練習と会話練習
【事前学習】練習問題の例文を発音できるようにしておく
【事後学習】会話練習の復習をする
5第2課(状況の変化を表す文末の「了」)
【事前学習】テキスト第2課を予習する
【事後学習】テキスト第2課を復習する
6練習と会話練習
【事前学習】練習問題の例文を発音できるようにしておく
【事後学習】会話練習の復習をする
7第3課(結果補語)
【事前学習】テキスト第2課を予習する
【事後学習】テキスト第2課を復習する
8練習と会話練習
【事前学習】練習問題の例文を発音できるようにしておく
【事後学習】会話練習の復習をする
9第4課(副詞「就」の用法)
【事前学習】テキスト第3課を予習する
【事後学習】テキスト第3課を復習する
10練習と会話練習
【事前学習】練習問題の例文を発音できるようにしておく
【事後学習】会話練習の復習をする
11第5課(様態補語、「把」構文①)
【事前学習】テキスト第4課を予習する
【事後学習】テキスト第4課を復習する
12練習と会話練習
【事前学習】練習問題の例文を発音できるようにしておく
【事後学習】会話練習の復習をする
13会話演習
【事前学習】会話演習の課題を訳し、発音できるようにしておく
【事後学習】会話演習の課題を復習する
14復習
【事前学習】これまでの学習内容を通覧し、疑問点をまとめる
【事後学習】復習の成果をノートにまとめる
15まとめ
【事前学習】これまでの学習内容を復習する
【事後学習】今後の学習計画を立てる
その他
教科書 王京蒂・山田知佳恵 『会話時間』 白帝社 2012年
成績評価の方法及び基準 試験(70%)、授業参画度(30%)
授業参画度には、授業内の発音の成績等も含まれる。
オフィスアワー 月曜日3限、4限、5限
備考 実際の進行状況はシラバスの記載と異なる場合がある。

このページのトップ