文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語 > 中国語14
日本大学ロゴ

中国語14

このページを印刷する

科目名 中国語14
教員名 池間里代子
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科、外国語科目
学期 後期 履修区分 選択必修
授業概要 中国語13の続きを行なう。進行方法は中国語13と同じである。使用テキストは2018年度に話題になった文章であるので、新語・流行語もあり、文法もやや難しいものがあるが「解読の手がかり」や辞書類を参考にして和訳して欲しい。
授業のねらい・到達目標 中級レベルの文章を音読し、きちんと和訳することが本課目の目標である。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP2,DP4,DP5及びカリキュラムポリシーCP5,CP8に対応しています。
授業の方法 全体をグループに分け、担当者が音読と和訳を行なう。必要に応じて説明を加える。特に、発音について不正確な場合は矯正を行なう。受講者は必ず事前に和訳を行ない、担当者と教員のやり取りを注視し、疑問点があればそのばで質疑を行うこと。
本授業の事前・事後学習は,合わせて1時間の学習を目安とします。
履修条件 中国語1~8のうち、6単位以上修得していること。
履修希望者が20名を越えた場合は抽選等で受講者を決定するので、初回の授業には必ず出席すること。抽選等にもれた者は25名に達していない他のクラスを受講すること。
授業計画
1ガイダンス:授業進行方法の説明とグループ分け、テキストの紹介
【事前学習】テキストを必ず購入して持参し、目を通すこと
【事後学習】ガイダンス内容の確認
2第7課(前半)
【事前学習】担当者のみならず、全員が和訳をつける
【事後学習】講義内容の確認
3第7課(後半)
【事前学習】担当者のみならず、全員が和訳をつける
【事後学習】講義内容の確認
4第8課(前半)
【事前学習】担当者のみならず、全員が和訳をつける
【事後学習】講義内容の確認
5第8課(後半)
【事前学習】担当者のみならず、全員が和訳をつける
【事後学習】講義内容の確認
6第9課(前半)
【事前学習】担当者のみならず、全員が和訳をつける
【事後学習】講義内容の確認
7第9課(後半)
【事前学習】担当者のみならず、全員が和訳をつける
【事後学習】講義内容の確認
8第10課(前半)
【事前学習】担当者のみならず、全員が和訳をつける
【事後学習】講義内容の確認
9第10課(後半)
【事前学習】担当者のみならず、全員が和訳をつける
【事後学習】講義内容の確認
10第11課(前半)
【事前学習】担当者のみならず、全員が和訳をつける
【事後学習】講義内容の確認
11第11課(後半)
【事前学習】担当者のみならず、全員が和訳をつける
【事後学習】講義内容の確認
12第12課(前半)
【事前学習】担当者のみならず、全員が和訳をつける
【事後学習】講義内容の確認
13第12課(後半)
【事前学習】担当者のみならず、全員が和訳をつける
【事後学習】講義内容の確認
14授業内試験を行ない、解説を行なう
【事前学習】7~12課の内容確認
【事後学習】分からなかった箇所のチェック
15これまでの復習・解説を行ない授業の理解を深める
【事前学習】7~12課の和訳確認
【事後学習】理解できなかった箇所のチェック
その他
教科書 三瀦正道・陳祖蓓・古谷順子 『『時事中国語の教科書 2019年度版』』 朝日出版社 2019年 第1版
テキストは毎年内容を更新しているので、必ず2019年度版を購入すること
成績評価の方法及び基準 試験(70%)、授業参画度(30%)
授業参画度にはリアクションペーパーの評価点も含まれる
オフィスアワー 金曜日昼休み、講師室

このページのトップ