文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語 > 中国語13
日本大学ロゴ

中国語13

このページを印刷する

科目名 中国語13
教員名 神谷まり子
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科、外国語科目
学期 前期 履修区分 選択必修
授業概要 中国語中級レベル修得に必要な文法項目を学び、発音練習や作文などの学習を行う。また、中国文化に関する基礎的な知識を養う。
授業のねらい・到達目標 中国語中級レベルの「話す」「読む」「聞く」「書く」の総合的な力を養うことをねらいとする。辞書を使用すれば、あまりピンインに頼らずとも中国文化に関する短文を正しく発音し、意味を理解できるようになることが目標である。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP2,DP4,DP5及びカリキュラムポリシーCP5,CP8に対応しています。
授業の方法 テキスト『中国を知るための中国語中級テキスト』を使用し、文法の解説や発音練習などを交えながら中級レベルの中国語を総合的に学習する。また授業では小テストを行い、本文の暗唱を課す。
本授業の事前・事後学習は,合わせて1時間の学習を目安とします。
履修条件 中国語1~8のうち、6単位以上修得していること。
履修希望者が20名を越えた場合は抽選等で受講者を決定するので、初回の授業には必ず出席すること。抽選等にもれた者は25名に達していない他のクラスを受講すること。
授業計画
1ガイダンス:学修の確認
【事前学習】1年次にて学習した内容を復習しておくこと
【事後学習】発音の基礎を確認する
2第一課 中国概況(会話)
【事前学習】第一課の本文および文法のポイントを読み、予習をしたうえで音声教材を聞いておくこと
【事後学習】第一課の音声教材を聴き、学修内容を復習する
3第二課 中国概況(閲読)
【事前学習】第二課の本文および文法のポイントを読み、予習をしたうえで音声教材を聞いておくこと
【事後学習】第二課の音声教材を聴き、学修内容を復習する
4第一、二課の復習
【事前学習】練習問題を解き、第一、二課の学修内容を復習する
【事後学修】小テストで間違えた箇所を確認する
5第三課 北京(会話)
【事前学習】第三課の本文および文法のポイントを読み、予習をしたうえで音声教材を聞いておくこと
【事後学習】第三課の音声教材を聴き、学修内容を復習する
6第四課 北京(閲読)
【事前学習】第四課の本文および文法のポイントを読み、予習をしたうえで音声教材を聞いておくこと
【事後学習】第四課の音声教材を聴き、学修内容を復習する
7第三、四課の復習
【事前学習】第四課の本文および文法のポイントを読み、予習をしたうえで音声教材を聞いておくこと
【事後学習】第四課の音声教材を聴き、学修内容を復習する
8第五課 西安(会話)
【事前学習】第五課の本文および文法のポイントを読み、予習をしたうえで音声教材を聞いておくこと
【事後学習】第五課の音声教材を聴き、学修内容を復習する
9第六課 西安(閲読)
【事前学習】第六課の本文および文法のポイントを読み、予習をしたうえで音声教材を聞いておくこと
【事後学習】第六課の音声教材を聴き、学修内容を復習する
10第五、六課の復習
【事前学習】練習問題を解き、第五、六課の学修内容を復習する
【事後学修】小テストで間違えた箇所を確認する
11第七課 少数民族(会話)
【事前学習】第七課の本文および文法のポイントを読み、予習をしたうえで音声教材を聞いておくこと
【事後学習】第七課の音声教材を聴き、学修内容を復習する
12第八課 少数民族(閲読)
【事前学習】第七課の本文および文法のポイントを読み、予習をしたうえで音声教材を聞いておくこと
【事後学習】第七課の音声教材を聴き、学修内容を復習する
13第七、八課の復習
【事前学習】練習問題を解き、第七、八課の学修内容を復習する
【事後学修】小テストで間違えた箇所を確認する
14到達度の確認
【事前学習】ここまでの学習内容を復習しておくこと
【事後学習】わからない点を整理し、各課の発音を再度確認しておく
15これまでの復習・解説:授業の理解を深める
【事前学習】ここまでの学習内容を復習し、音声教材を使って各課の発音を確認しておく
【事後学習】教科書の内容を振り返り、復習する
その他
教科書 小川郁夫、張科蕾 『新版 中国を知るための中国語中級テキスト』 白帝社 2017年 第3版
成績評価の方法及び基準 試験(60%)、授業参画度(40%)
授業参画度には、授業内の発音、翻訳の成績等が含まれる。
オフィスアワー 月、火曜の昼休み(研究室)
備考 中日辞書を必ず持参すること。スマートフォンの辞書アプリはいっさい認めない。

このページのトップ