文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語 > 中国語11
日本大学ロゴ

中国語11

このページを印刷する

科目名 中国語11
教員名 林立梅
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科、外国語科目
学期 前期 履修区分 選択必修
授業概要 基礎文法の知識を固め、中国語の表現力を高める。
通訳の経験を持つ教員が、そのキャリアを活かした実践的な中国語の授業を行う。
授業のねらい・到達目標 初級で学んだ基礎文法や語彙を活用しながら、中級レベルの文法項目や表現方法を学んでいく。日常生活に役立つさまざまな言い回しを身につけ、使える中国語を運用できるようになる。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP2,DP4,DP5及びカリキュラムポリシーCP5,CP8に対応しています。
授業の方法 授業はテキストに沿って進める。本文の勉強で、文構造に対する正確な分析とともに文章の意味への正しい理解によって、読解力を身につける。会話文の勉強で、習った文法や語彙知識を会話における応用力を培う。さらに練習問題を解くことで習得状況を確認する。
本授業の事前・事後学習は,合わせて1時間の学習を目安とします。
履修条件 「中国語1~8」から6単位以上修得していること。
履修希望者が20名を越えた場合は抽選等で受講者を決定するので、初回の授業には必ず出席すること。抽選等にもれた者は25名に達していない他のクラスを受講すること。
授業計画
1ウォーミングアップ(初級で習った文法項目の復習)
【事前学習】テキストの5頁〜9頁を読んでおくこと。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
2第一課 自己紹介(1)文法ポイント、新出語句、本文の読解
【事前学習】テキストの10頁〜11頁を読んでおくこと。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
3第一課 自己紹介(2)会話の練習と練習問題
【事前学習】テキストの12頁〜15頁を読んでおくこと。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
4第二課 キャンパス生活(1)文法ポイント、新出語句、本文の読解
【事前学習】テキストの16頁〜17頁を読んでおくこと。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
5第二課 キャンパス生活(2)会話の練習と練習問題
【事前学習】テキストの18頁〜21頁を読んでおくこと。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
6第三課 梅雨と紫陽花(1)文法ポイント、新出語句、本文の読解
【事前学習】テキストの22頁〜23頁を読んでおくこと。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
7第三課 梅雨と紫陽花(2)会話の練習と練習問題
【事前学習】テキストの24頁〜27頁を読んでおくこと。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
8第四課 総合練習1(中国語検定試験の問題形式で練習)
【事前学習】テキストの28頁〜29頁を読んでおくこと。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
9第五課 課外活動(1)文法ポイント、新出語句、本文の読解
【事前学習】テキストの30頁〜31頁を読んでおくこと。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
10第五課 課外活動(2)会話の練習と練習問題
【事前学習】テキストの32頁〜35頁を読んでおくこと。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
11もう一度話してみよう1(今まで習った日常表現の場面ごとのまとめ)
【事前学習】テキストの36頁〜37頁を読んでおくこと。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
12第六課 夏休みの思い出(1)文法ポイント、新出語句、本文の読解
【事前学習】テキストの38頁〜39頁を読んでおくこと。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
13第六課 夏休みんの思い出(2)会話の練習と練習問題
【事前学習】テキストの40頁〜43頁を読んでおくこと。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
14第一課から第六課までの復習
【事前学習】テキストの10頁〜43頁に目を通して確認したい箇所をメモしておくこと。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
15授業内試験と解説
【事前学習】これまでの学習内容を復習しておく。
【事後学習】今後の中国語の学習計画を立てる。
その他
教科書 渋谷裕子 陳愛玲 孟若燕 王嵐  『さくら大学で中国語』 好文出版 2014年
参考書 『中日辞典』
『日中辞典』
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(70%)、授業参画度(30%)
授業内テストは、中間試験、期末試験、小テスト等を合わせて評価する。
授業参画度は、授業内での発言等で評価する。
オフィスアワー 授業終了時

このページのトップ