文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国語6(11組)
日本大学ロゴ

中国語6(11組)

このページを印刷する

科目名 中国語6(11組)
教員名 張麗群
単位数    1 学年    1 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 中国語入門(発音・会話)
授業のねらい・到達目標 中国語を初めて学ぶ入門段階の授業。ネーティブ・スピーカーの教師により、きれいな発音と基本的な会話表現をできるようになる。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP2,DP4,DP5及びカリキュラムポリシーCP5,CP8に対応しています。
授業の方法 さまざまな練習を通して、正しい発音、基本語彙及び表現などを習得する。
本授業の事前・事後学習は,合わせて1時間の学習を目安とします。
授業計画
1【事前学習】第十一課のCDを聞いて、予習すること。
第十一課電車にしますかそれとも地下鉄にしますか。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第十一課の復習、本文と語句を覚えること。
2【事前学習】第十二課のCDを聞いて、予習すること。
第十二課私は福建省から来たんです。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第十二課の復習、本文と語句を覚えること。
3【事前学習】第十三課のCDを聞いて、予習すること。
第十三課ちょうどおなかが空いていたところ。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第十三課の復習、本文と語句を覚えること。
4【事前学習】第十四課のCDを聞いて、予習すること。
第十四課一足いくらですか。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第十四課の復習、本文と語句を覚えること。
5【事前学習】第十五課のCDを聞いて、予習すること。
第十五課体調が悪いのですか。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第十五課の復習、本文と語句を覚えること。
6【事前学習】第十六課のCDを聞いて、予習すること。
第十六課何をしていますか。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第十六課の復習、本文と語句を覚えること。
7【事前学習】第十七課のCDを聞いて、予習すること。
第十七課中国語を少し教えていただけますか。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第十七課の復習、本文と語句を覚えること。
8【事前学習】第十八課のCDを聞いて、予習すること。
第十八課私にも一冊ください。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第十八課の復習、本文と語句を覚えること。
9【事前学習】第十九課のCDを聞いて、予習すること。
第十九課鶴を折るのがうまいですね。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第十九課の復習、本文と語句を覚えること。
10【事前学習】第二十課のCDを聞いて、予習すること。
第二十課箱根はすごくきれいだそうですね。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第二十課の復習、本文と語句を覚えること。
11【事前学習】第二十一課のCDを聞いて、予習すること。
第二十一課もう食べられません。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第二十一課の復習、本文と語句を覚えること。
12【事前学習】第二十二課のCDを聞いて、予習すること。
第二十二課雨が降るのでしょうか。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第二十二課の復習、本文と語句を覚えること。
13【事前学習】第二十三課のCDを聞いて、予習すること。
第二十三課お医者さんが家で数日休むように言った。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第二十三課の復習、本文と語句を覚えること。
14【事前学習】第二十四課のCDを聞いて、予習すること。
第二十四課明日もう皆さんとお別れです。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第二十四課の復習、本文と語句を覚えること。
15【事前学習】第二十四課のCDを聞いて、予習すること。
第二十四課明日もう皆さんとお別れです。語句の確認、会話練習、文法事項の勉強、練習問題
【事後学習】第二十四課の復習、本文と語句を覚えること。
その他
教科書 楊凱栄・張麗群 『中国語で伝えよう コミュニケーション・チャイニーズ』 朝日出版社 2019年
参考書 『中日辞典』 商務印書館・小学館 2016年
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(80%)、授業参画度(20%)
授業内テストは、中間試験、期末試験、小テスト等を合わせて評価する。
授業参画度は、授業内での積極的な発言等で評価する。
オフィスアワー 水曜日12:20~12:50(研究室)
備考 数課ごとに小テストを行うので、予習と復習をしっかりすること。
授業計画は受講生の状況によって変更する場合がある。

このページのトップ