文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国語2(全学科)
日本大学ロゴ

中国語2(全学科)

このページを印刷する

科目名 中国語2(全学科)
教員名 坂江徹
単位数    1 学年    1 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 日本人教員による初級授業。
中国語の入門段階を修得した者が、簡体字や文法の初級段階を修得し、准中級へと橋渡しをする。
授業のねらい・到達目標 中国語の入門段階を修得した者が、簡体字や文法や常用語彙などを学び、自分の言いたいことを平易な中国語で書いたり、平易な中国語を読んだりすることができるようになる。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP2,DP4,DP5及びカリキュラムポリシーCP5,CP8に対応しています。
授業の方法 日本人教員が簡体字や文法を詳説し、小テストで定着度を確認する。
本授業の事前・事後学習は,合わせて1時間の学習を目安とします。
履修条件 中国語1の単位を修得済みであること。
受講は中国語中国文化学科以外の学生に限る。
同一の教員と時限の中国語1・2を、前学期・後学期セットにして履修すること。
受講希望者が35名を越えた場合は抽選等で受講者を決定するので、初回の授業には必ず出席すること。抽選等にもれた者は35名に満ちていない他のクラスを受講すること。受講者数の状況については、7号館1階中国語中国文化学科掲示板に随時掲示する。
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標および授業方法について説明する) 第6課 単語練習・文法解説
事前学習:シラバスの内容を確認し、今後の学習計画を立てる
事後学習:ガイダンスでの教員の説明を踏まえ、学習計画を練り直す
2第6課 会話練習・練習問題
事前学習:付属CD第6課の音声を聴く
事後学習:授業内容を復習し、学習内容をノートに整理する
3第7課 単語練習、文法解説
事前学習:付属CD第7課の音声を聴く
事後学習:学習内容をノートに整理する
4第7課 会話練習、練習問題
事前学習:付属CD第7課の音声を聴く
事後学習:練習問題を復習し、学習内容をノートに整理する
5第8課 単語練習、文法解説
事前学習:付属CDを聴き、第8課本文の発音練習をする
事後学習:授業内で学んだ文法事項を復習し、学習内容をノートに整理し、本文を訳す
6第8課 会話練習、練習問題
事前学習:付属CDを聴き、第8課本文の発音練習をする
事後学習:練習問題を復習し、学習内容をノートに整理する
7第9課 単語練習、文法解説
事前学習:付属CDを聴き、第9課本文の発音練習をする
事後学習:授業内で学んだ文法事項を復習し、学習内容をノートに整理し、本文を訳す
8第9課 会話練習、練習問題
事前学習:付属CDを聴き、第9課本文の発音練習をする
事後学習:練習問題を復習し、学習内容をノートに整理する
9第10課 単語練習、文法解説
事前学習:付属CDを聴き、第10課本文の発音練習をする
事後学習:授業内で学んだ文法事項を復習し、学習内容をノートに整理し、本文を訳す
10第10課 会話練習、練習問題
事前学習:付属CDを聴き、第10課本文の発音練習をする
事後学習:練習問題を復習し、学習内容をノートに整理する
11第11課 単語練習、文法解説
事前学習:付属CDを聴き、第11課本文の発音練習をする
事後学習:学習内容をノートに整理する
12第11課 会話練習・練習問題
事前学習:付属CDを聴き、第11課本文の発音練習をする
事後学習:練習問題を復習し、学習内容をノートに整理する
13第12課 単語練習、文法解説
事前学習:付属CDを聴き、第12課本文の発音練習をする
事後学習:学習内容をノートに整理する
14第12課 会話練習・練習問題
事前学習:付属CDを聴き、第12課本文の発音練習をする
事後学習:練習問題を復習し、学習内容をノートに整理する
15試験および解説
事前学習:これまでの学習内容を復習する
事後学習:教員の解説を踏まえ、今後の学習計画を練る
その他
教科書 喜多山幸子・鄭幸枝 『はじめまして!中国語』 白水社 2009年
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(60%)、授業参画度(40%)
授業内テストは,中間試験,期末試験,小テスト等を合わせて評価する。
授業参画度は,授業内での積極的な発言等で評価する。
成績評価方法の割合はあくまでも目安である。担当教員の指導・指示を守ることが肝心である。
オフィスアワー 授業の前後、教室にて。
備考 中国語2の単位を修得した後でないと、中国語5を履修できない。
中国語4を並行で受講することを強く推奨する。

このページのトップ