文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国学特別研究2
日本大学ロゴ

中国学特別研究2

このページを印刷する

科目名 中国学特別研究2
教員名 山本まり子
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科
学期 後期 履修区分 選択必修
授業概要 中国で誕生した書の歴史的変遷を辿りながら、講義、及び受講生による実技・鑑賞を通して、いくつかの文化的事項について学び、中国文化への理解を深める。
1)書の特質、書体の概要を理解した上で、名筆(篆書・隷書・行書・楷書)の表現手法を習得する。
2)能筆と対極をなすいわゆる悪筆を取り上げ、悪筆を批判する目を養い、基礎固めを行った上で名筆を感受し、そこへの理解に努める。
3)授業で取り上げる名筆に関する基礎知識を習得する。また、その書風上の違いに注目し、鑑賞・臨書を行う。
授業のねらい・到達目標 1)書体の変遷の概要について説明ができる。また、習得し得たそれぞれの書体・書風について毛筆・硬筆による表現ができる。
2)いわゆる悪筆とされる具体的な事例を批判的な視点で検討し、それについて正しい理解、説明ができる。
3)授業中取り上げる書家・書作品、及びその時代背景の概要に関する説明ができる。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 1)実習科目ではあるが、講義も行う。ICTを使用。教科書は使用せず、資料(印刷物)を配付する。数回に亘り、授業中、提出を求める課題がある。理解不十分な場合はフィードバックを行う。
2)本授業は下記「授業計画」の通り、第1回~5回により構成されている。半期中、授業内試験を2回実施(「小テスト」では参照不可)。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 ・配付するプリント・書道道具は原則、毎回使用する。こちらに予備の用意はない。忘れないように。
・毎回出席のこと(実習科目である。受講生の出席状況に応じて下記「授業計画」を変更せざるを得ないという事情もある)。
・「中国学特別研究1」・「中国学特別研究2」の両科目を受講希望の場合、履修順序は「中国学特別研究1」→「中国学特別研究2」とされたい。それが不可能な場合は事前相談のこと。
授業計画
1ガイダンス(授業概要・到達目標・授業の方法、及び本授業に関する評価基準等について補足説明を行う)
【事前学習】シラバスの事前確認を行う。
【事後学習】当日、配付する資料に目を通し、内容確認を行う。
2《第1回 篆書》
『泰山刻石』
【事前学習】配付資料(第1回)を読む。
【事後学習】配付資料(第1回)再読。
3《第2回 隷書》
『曹全碑』
【事前学習】配付資料(第2回)を読む。
【事後学習】配付資料(第2回)再読。
4『泰山刻石』と『曹全碑』を毛筆で書す際、両作品間に見られる類似点、相違点について言葉で説明する。
【事前学習】配付資料(第1・2回)を読む。
【事後学習】配付資料(第1・2回)再読。
5篆書から隷書へ。書体の誕生とその歴史的変遷
【事前学習】配付資料(第1回)のワークシートを行う。
【事後学習】配付資料(第1回)のワークシートの復習。
6《第3回 行書》
『蘭亭序』①
【事前学習】配付資料(第3回 第1講)に目を通す。
【事後学習】配付資料(第3回 第1講)再読。
7『蘭亭序』②
【事前学習】配付資料(第3回 第2講)を読む。
【事後学習】配付資料(第3回 第2講)再読。
8書簡①(縦書きの書簡文について、書式を中心に学習する)
【事前学習】配付資料(第3回 第3講)に目を通す。
【事後学習】配付資料(第3回 第3講)の実践。
9書簡②(正しく美しい行書の書き方を中心に学習する)
【事前学習】配付資料(第3回 第4講)に目を通す。
【事後学習】配付資料(第3回 第4講)の実践。
10《第4回 楷書》
唐の四大家の書①
【事前学習】配付資料(第4回 第1講)の通読。
【事後学習】配付資料(第4回 第1講)の復習。
11小テスト(「書簡」に関すること〈予定〉。参照不可。20分間)
【事前学習】配付資料(第3回 第3・4講)の確認。
【事後学習】配付資料(第3回 第3・4講)の事後確認。
熨斗袋の表書き、受講生自身の氏名を書く。
【事前学習】配付資料(第3回 第5講)に目を通す。
【事後学習】配付資料(第3回 第5講)の実践。
12唐の四大家の書②
【事前学習】配付資料(第4回 第2講)の通読。
【事後学習】配付資料(第4回 第2講)の復習。
13《第5回 漢字仮名交じりの書》
俳句①(毛筆による自作俳句の表現を試みる)
【事前学習】配付資料(第5回 第1講)の通読。
【事後学習】配付資料(第5回 第1講)の復習。
14俳句②(毛筆による自作俳句の表現を試みる)
落款
【事前学習】配付資料(第5回 第2講)の通読。
【事後学習】配付資料(第5回 第2講)の復習。
15総括
【事前学習】授業内試験に備え、既配付資料の内容確認と、これまでの学習内容における疑問点について纏めておく。
【事後学習】上記の疑問点への回答、及び配付資料(第1~5回)について復習を行う。
その他
教科書 使用しない。
参考書 授業中、適宜、紹介する。
成績評価の方法及び基準 レポート(10%)、授業内テスト(30%)、授業参画度(30%)、提出作品(30%)
授業参画度は、課題等で評価する。
オフィスアワー 本授業終了後、教室にて受け付ける。
備考 ・受講希望者は第1回目に必ず出席のこと。
・授業内試験を2回実施する。追試は原則、実施しない。

このページのトップ