文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > アジアの表象文化3
日本大学ロゴ

アジアの表象文化3

このページを印刷する

科目名 アジアの表象文化3
教員名 舘けさみ
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 現代中国映画の概観を理解する。
ポスト「第五世代」監督として90年代初めに登場し、その活躍を登場前から期待された「新世代」監督の作品を中心にすえながら、その周辺をも含めて、90年代の現代中国映画について検証する。
授業のねらい・到達目標 中国映画の概略を学ぶことにより、理解内容を演繹して、他の時期の中国映画の理解を深めることができることを目標とする。
2000年代初めまでの中国映画の知識を獲得でき、代表作品についての特徴を説明できるようになる。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP3,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 配布印刷物 視聴覚メディア 講義形式
作品を断片的に鑑賞しながら講義を行う。毎回授業後、概要・意見を書いてもらう。最終講義日には総合レポートについての口頭発表を行う。
授業時に配布する資料を読み、授業内容を踏まえて、次回授業に提出するレポート(指定用紙)を作成し提出すること。総合レポートを作成する際は配布資料以外に書籍を使用すること。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 ガイダンス出席者に限る。人数調整を行う場合がある。
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標および授業方法について説明する)
[事前学習]シラバスを事前に確認すること
[事後学習]第2回以降の授業に備え、中国映画に関する用語に慣れておくこと
2中国映画簡史(1) 黄金期から建国時期まで
[事前学習]映画全般に関する知識を整理しておくこと
[事後学習]授業で配布したプリントを読み、中国映画史を整理しておくこと
3中国映画簡史(2) 北京電影学院
[事前学習]中国映画に関する用語を復習しておくこと
[事後学習]北京電影学院についての概要を整理しておくこと
480年代に登場した「第五世代」監督
[事前学習]これまでの授業で解説した中国映画史を復習しておくこと
[事後学習]代表的な監督と作品の特徴を整理しておくこと
5「第五世代」監督の90年代の動向
[事前学習]紹介した参考図書を探して読んでおくこと
[事後学習]代表的な監督と作品の特徴を整理しておくこと
6中国のドキュメンタリー
[事前学習]90年代初めまでの動向を復習しておくこと
[事後学習]ドキュメンタリー映画の定義と中国における位置づけを整理しておくこと
7「第六世代」監督の登場
[事前学習]80年代から90年代初めまでの中国映画史を復習しておくこと
[事後学習]代表的な監督と作品の特徴を整理しておくこと
8張元の初監督作品
[事前学習]新世代監督の特徴を復習しておくこと
[事後学習]監督と作品の特徴を整理しておくこと
9張元監督作品
[事前学習]監督と作品の特徴を復習しておくこと
[事後学習]初期作品の特徴をそれぞれ整理しておくこと
10賈樟柯の長編初監督作品
[事前学習]北京電影学院の概要を復習しておくこと
[事後学習]監督と作品の特徴を整理しておくこと
11賈樟柯監督作品
[事前学習]監督と作品の特徴を復習しておくこと
[事後学習]初期作品の特徴をそれぞれ整理しておくこと
1290年代以降の動向
[事前学習]紹介した参考図書を探して読んでおくこと
[事後学習]90年代の動向を整理しておくこと
13授業内試験と解説
[事前学習]試験準備をしておくこと
[事後学習]試験内容を整理しておくこと
14試験内容の解説と補足
[事前学習]試験内容を復習しておくこと
[事後学習]レポート作成の準備をしておくこと
15レポートの発表と総括
[事前学習]レポート発表の準備をしておくこと
[事後学習]他の発表者の内容を吟味して整理しておくこと
その他
教科書 なし
参考書 授業中に指示する
成績評価の方法及び基準 レポート(40%)、授業内テスト(30%)、授業参画度(30%)
授業内試験は、中間試験、期末試験、小テスト等を合わせて評価する。
授業内試験で一定の点数に達しない者は評価対象としない。
授業参画度は、毎回のリアクションペーパー等で評価する。
オフィスアワー 授業終了時もしくは毎回授業内で配布し次回提出する指定用紙に記入してください。回答は次回授業時とします。

このページのトップ