文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > アジアの表象文化2
日本大学ロゴ

アジアの表象文化2

このページを印刷する

科目名 アジアの表象文化2
教員名 三澤真美恵
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 映像で読み解く中国
授業のねらい・到達目標 中国映画を中心に「中国人」イメージ・「日本人」イメージが、どのような政治的社会的の背景のなかで構成されてきたのか理解することを目標とする。なお、以下の授業計画はあくまで予定であり、学生の理解度や問題意識に応じて、適宜変更されることがある。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP3,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 講義を中心に、文字資料・映像資料を適宜用いる。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
授業計画
1ガイダンス:「アジア」「表象」など使用概念の確認を行いながら、どのような問題意識で映画を分析するかを理解する。中国映画史の大きな流れのなかで、各回の学習内容がどのように位置づけられるのか把握する。
【事前学習】日本大学文理学部編『知のスクランブル ──文理的思考の挑戦 』(ちくま新書) 、第3章「映画に見る現代「中国」」を読んでおく。
【事後学習】授業内容をノートに整理する。授業で言及された関連映像資料を閲覧する。
2戦前の外国映画における「東洋人」表象:『散りゆく花』『危険大歓迎』
【事前学習】G.W.グリフィス、ハロルド・ロイドについて『岩波世界人名大辞典』などを用いて調べておく。
【事後学習】授業内容をノートに整理する。授業で言及された関連映像資料を閲覧する。
3戦前の中国映画における「中国人」「日本人」表象:『大路』『野玫瑰』『日本間諜』
【事前学習】孫瑜について『岩波世界人名大辞典』『中国電影大辞典』等を用いて調べておく。
【事後学習】授業内容をノートに整理する。授業で言及された関連映像資料を閲覧する。
4戦前の日本映画における「中国人」「日本人」表象:李香蘭主演の大陸三部作、『新しき土』
【事前学習】李香蘭、満州映画協会、川喜田長政について『岩波世界人名大辞典』『中国電影大辞典』等を用いて調べておく。
【事後学習】授業内容をノートに整理する。授業で言及された関連映像資料を閲覧する。
5占領下上海の中国映画における「中国人」「日本人」表象:『萬世流芳』『狼煙は上海に揚る』
【事前学習】張善昆、中華電影連合股份有限公司について『岩波世界人名大辞典』『中国電影大辞典』等を用いて調べておく。
【事後学習】授業内容をノートに整理する。授業で言及された関連映像資料を閲覧する。
6戦後初期の中国映画における「中国人」表象:『小城之春』『烏鴉與麻雀』
【事前学習】費穆、鄭君里について『岩波世界人名大辞典』『中国電影大辞典』等を用いて調べておく。
【事後学習】授業内容をノートに整理する。授業で言及された関連映像資料を閲覧する。
7戦後初期の中国映画における「日本人」表象:『一江春水向東流』『松花江上』
【事前学習】蔡楚生、長春電影制片廠について『岩波世界人名大辞典』『中国電影大辞典』等を用いて調べておく。
【事後学習】授業内容をノートに整理する。授業で言及された関連映像資料を閲覧する。
8戦後中国映画界の再編:『武訓伝』批判
【事前学習】『武訓伝』批判について『中国電影大辞典』等を用いて調べておく。
【事後学習】授業内容をノートに整理する。授業で言及された関連映像資料を閲覧する。
9文革期の中国映画における「中国人」「日本人」表象:『白毛女』の変容、『紅灯記』などの革命模範劇、『地道戦』などの抗日映画
【事前学習】『白毛女』について『中国電影大辞典』等を用いて調べておく。
【事後学習】授業内容をノートに整理する。授業で言及された関連映像資料を閲覧する。
10改革開放後の中国映画における「中国人」「日本人」表象:『天雲山物語』『香魂女』
【事前学習】謝晋、謝飛について『岩波世界人名大辞典』『中国電影大辞典』等を用いて調べておく。
【事後学習】授業内容をノートに整理する。授業で言及された関連映像資料を閲覧する。
11日中合作映画における「中国人」「日本人」表象:『未完の対局』
【事前学習】夏衍、趙丹、佐藤純彌について『岩波世界人名大辞典』『中国電影大辞典』等を用いて調べておく。
【事後学習】授業内容をノートに整理する。授業で言及された関連映像資料を閲覧する。
12ニューウェーブ時期の中国映画における「中国人」「日本人」表象:『黄色い大地』『紅いコーリャン』
【事前学習】陳凱歌、張芸謀について『岩波世界人名大辞典』『中国電影大辞典』等を用いて調べておく。
【事後学習】授業内容をノートに整理する。授業で言及された関連映像資料を閲覧する。
1321世紀の中国映画における「中国人」「日本人」表象:『世界』『鬼が来た!』『南京!南京!』
【事前学習】賈樟柯、姜文について『岩波世界人名大辞典』『中国電影大辞典』等を用いて調べておく。
【事後学習】授業内容をノートに整理する。授業で言及された関連映像資料を閲覧する。
14授業内試験:映画における「中国人」イメージ・「日本人」イメージについて、どの程度理解できているか確認する。
15試験結果をふまえたフィードバックを行う。試験の解答例を示しながら、解答傾向から理解が不足していると思われる部分について補足説明を行うなどして、前期に学んだ内容の理解を深める。
その他
教科書 使用せず。
参考書 岩波書店辞典編集部 編 『岩波世界人名大辞典』 2013年
『中国電影大辞典 (張駿祥、程季華)』 上海辞書出版社 1995年
参考文献は文理学部図書館、中文学科図書室、ブラックボードなどで閲覧可能。
成績評価の方法及び基準 試験(90%)、授業参画度(10%)
授業参画度に関してノートの提出を求めることがある。
オフィスアワー 水曜1時限目、1週間前までに中文学科事務室を通じてアポイントをとること。

このページのトップ