文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国社会研究2
日本大学ロゴ

中国社会研究2

このページを印刷する

科目名 中国社会研究2
教員名 関智英
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
(他学部生相互履修可)
科目群 中国語中国文化学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 本授業では近代の日本人が中国社会を如何に見たのかを、当時の旅行記などを題材に理解する。その際現代の事情との比較を意識する。これにより現代中国との相違、彼等の眼差しの背景、限界を検討する。
授業のねらい・到達目標 日本人の対中国認識の源流を確認すると共に、文献を批判的に読むことを通して、中国の現状分析のヒントを探ることを目指す。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP3,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 授業では毎回指定の文献を事前に読んできてもらうことを前提とする。講義では文章の背景を説明し、その上で毎回1000字程度の小レポートを課す。履修者の理解を深めるため必要に応じ映像も用いる。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 特に設けない。
日頃から中国に関するニュースなどに関心を持つことが望ましい。
授業計画
1【事前学習】シラバスをよく読んでおくこと。
授業の進め方:近現代日本と中国
【事後学習】授業内容を整理し、疑問点があれば整理しておく。
2【事前学習】参考書の関係する部分をよく読んでおくこと。
内藤湖南
【事後学習】授業内容を整理し、疑問点があれば整理しておく。
3【事前学習】参考書の関係する部分をよく読んでおくこと。
芥川龍之介
【事後学習】授業内容を整理し、疑問点があれば整理しておく。
4【事前学習】参考書の関係する部分をよく読んでおくこと。
後藤朝太郎
【事後学習】授業内容を整理し、疑問点があれば整理しておく。
5【事前学習】参考書の関係する部分をよく読んでおくこと。
橘樸
【事後学習】授業内容を整理し、疑問点があれば整理しておく。
6【事前学習】参考書の関係する部分をよく読んでおくこと。
坂西利八郎
【事後学習】授業内容を整理し、疑問点があれば整理しておく。
7【事前学習】参考書の関係する部分をよく読んでおくこと。
谷崎潤一郎
【事後学習】授業内容を整理し、疑問点があれば整理しておく。
8【事前学習】参考書の関係する部分をよく読んでおくこと。
中野江漢
【事後学習】授業内容を整理し、疑問点があれば整理しておく。
9【事前学習】参考書の関係する部分をよく読んでおくこと。
村松梢風
【事後学習】授業内容を整理し、疑問点があれば整理しておく。
10【事前学習】参考書の関係する部分をよく読んでおくこと。
井上紅梅
【事後学習】授業内容を整理し、疑問点があれば整理しておく。
11【事前学習】参考書の関係する部分をよく読んでおくこと。
尾﨑秀実
【事後学習】授業内容を整理し、疑問点があれば整理しておく。
12【事前学習】参考書の関係する部分をよく読んでおくこと。
大宅壮一
【事後学習】授業内容を整理し、疑問点があれば整理しておく。
13【事前学習】参考書の関係する部分をよく読んでおくこと。
高橋和巳
【事後学習】授業内容を整理し、疑問点があれば整理しておく。
14【事前学習】参考書の関係する部分をよく読んでおくこと。
過去の遺産を如何に生かすか
【事後学習】授業内容を整理し、疑問点があれば整理しておく。
15【事前学習】これまでの授業の内容をよく整理しておくこと。
まとめと確認試験
【事後学習】これまでの授業の内容をよく整理しておくこと。
その他
教科書 教科書は用いない。適宜プリントを配布する。
参考書 ・並木頼寿 『日本人のアジア認識 (世界史リブレット)』 山川出版社 2008年
・松本三之介 『近代日本の中国認識 徳川期儒学から東亜共同体論まで』 以文社 2011年
・並木頼寿他編 『新編原典中国近代思想史 (全7巻)』 岩波書店 2010年
・張競・村田雄二郎編 『日中の120年文芸・評論作品選 (全5巻)』 岩波書店 2016年
・太田代志朗・田中寛他編 『高橋和巳の文学と思想―その〈志〉と〈憂愁〉の彼方に』 コールサック社 2018年
提示した書籍以外にも、岩波新書・中公新書などで関心を持った書籍に積極的にチャレンジしてほしい。
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業内テスト(30%)、授業参画度(40%)
授業内テストは、中間試験、期末試験、小テスト等を合わせて評価する。
授業参画度は、毎回のリアクションペーパー等で評価する。
積極的な授業参加を期待する。失敗を恐れず一歩前へ!
オフィスアワー 授業終了時に対応する。

このページのトップ