文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国現代思想研究1
日本大学ロゴ

中国現代思想研究1

このページを印刷する

科目名 中国現代思想研究1
教員名 姚毅
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科
学期 前期 履修区分 選択
授業概要 ジェンダーの中国史
本科目は中国のテレビ局勤務の経験を持つ教員が、そのキャリアを活かし、わかりやすく行う。
授業のねらい・到達目標 本講義はジェンダー視点から、中国近現代思想を読み解いていく。20世紀以降、中国は日本に遅れをとりながら、日本に範を求め、近代化を歩み始めた。しかし、同じく近代家族を目指しながらも、家族構造やセクシュアリティ、性別役割分担などにおいては、日本と異なる点も多々あった。また、社会主義時代と改革開放時代において、女性をめぐる環境は、それぞれの理念のもとで、未曾有の変化を遂げた。本講義は、日本と中国との比較を意識しながら、時代変化の思想的脈絡を確認し、ジェンダー視点から波乱に富んだ20世紀の中国の歴史を考察する。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP2,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 講義が中心です。毎回資料を配布します。内容をよく理解するために映像やディスカッションも取り入れる予定です。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標および授業方法について説明する)
【事前学習】シラバスを事前に確認すること。
【事後学習】今後の学習計画を立てること。
2近代的なジェンダー秩序の形成①伝統的なジェンダー秩序の批判
【事前学習】配布資料および参考書の当該箇所を読む。
【事後学習】授業内容をノートにまとめる。
3近代的なジェンダー秩序の形成②良妻賢母論の受容と批判
【事前学習】配布資料および参考書の当該箇所を読む。
【事後学習】授業内容をノートにまとめる。
4近代的なジェンダー秩序の形成③留日女学生と日本人教習
【事前学習】配布資料および参考書の当該箇所を読む。
【事後学習】授業内容をノートにまとめる。
5近代的なジェンダー秩序の形成④五四知識人の伝統批判
【事前学習】配布資料および参考書の当該箇所を読む。
【事後学習】授業内容をノートにまとめる。
6社会主義時代のジェンダー秩序①『婚姻法』と土地改革
【事前学習】配布資料および参考書の当該箇所を読む。
【事後学習】授業内容をノートにまとめる。
7社会主義時代のジェンダー秩序②天の半分――女性性の否定
【事前学習】配布資料および参考書の当該箇所を読む。
【事後学習】授業内容をノートにまとめる。
8社会主義時代のジェンダー秩序③はだしの医者
【事前学習】配布資料および参考書の当該箇所を読む。
【事後学習】授業内容をノートにまとめる。
9社会主義時代のジェンダー秩序④売買春の根絶
【事前学習】配布資料および参考書の当該箇所を読む。
【事後学習】授業内容をノートにまとめる。
10改革開放時代のジェンダー秩序①「女性性」を取り戻す
【事前学習】配布資料および参考書の当該箇所を読む。
【事後学習】授業内容をノートにまとめる。
11改革開放時代のジェンダー秩序②『婚姻法』に見る家族観念の変容
【事前学習】配布資料および参考書の当該箇所を読む。
【事後学習】授業内容をノートにまとめる。
12改革開放時代のジェンダー秩序③性産業から見る性倫理の変貌
【事前学習】配布資料および参考書の当該箇所を読む。
【事後学習】授業内容をノートにまとめる。
13改革開放時代のジェンダー秩序④女性労働力から見る女性地位の変化
【事前学習】配布資料および参考書の当該箇所を読む。
【事後学習】授業内容をノートにまとめる。
14これまでの復習・解説を行い授業の理解を深める
【事前学習】第2回から第13回の内容を復習すること。
【事後学習】学習した内容の整理をする。
15フィードバック及び解説
その他
教科書 無し
参考書 中国女性史研究会編 『『中国女性の100年――史料にみる歩み』』 青木書店 2004年
関西中国女性史研究会編 『中国女性史入門――女たちの今と昔』 人文書院 2005年
中国女性史研究会編 『中国のメディア・表象とジェンダー』 研文出版 2016年
参考書は授業中に指示する。
成績評価の方法及び基準 試験(40%)、レポート(30%)、授業参画度(30%)
授業で取り上げた内容についてどれだけ理解し、具体例を踏まえて考察しているか、授業内の発言やコメントペーパー・レポートから評価する。
オフィスアワー 毎回授業後
備考 授業の内容を吸収・消化するするため、配付資料や参考資料を必ず目を通し、入念に準備すること。

このページのトップ