文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国現代文学研究3
日本大学ロゴ

中国現代文学研究3

このページを印刷する

科目名 中国現代文学研究3
教員名 山口守
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択
授業概要 台湾文学の歴史と作品を学ぶ。特に日本植民地統治期の文学を中心とする。
授業のねらい・到達目標 1895年日本による植民地統治開始から1945年日本敗戦による植民地統治終了まで,台湾社会は激動の歴史を歩んできた。文学もまたその社会と連動するように様々な変化を見せつつ,台湾の人々の苦難と夢を描いてきた。この講義ではその歴史を辿りながら,生み出された珠玉の作品を分析・批評する力を習得することを目指す。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP2,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 教材として『講座台湾文学』や各種文字資料を使用しながら,台湾文学について考えるための視点や理論をまず学ぶ。前半は基本的にパワーポイント等を使った座学が中心だが,作品の読解訓練も行う。なお毎回の授業内容に基づくレポートが課される。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 「中国学入門4」の単位を取得していること。
授業計画
1ガイダンス「越境する文学と言語」
[事前学習]Bbから教材「越境する文学と言語」をダウンロードし読んでおく。
[事後学習]台湾文学史のトピックをノートにまとめる。
2台湾文学研究紹介
[事前学習]Bbから教材「ここ二十年の台湾文学研究」をダウンロードして読んでおく。
[事後学習]日本における台湾文学研究の経緯をノートにまとめる。
3植民地・占領地の日本語文学1(近代初期)
[事前学習]Bbから教材「植民地占領地の日本語文学」をダウンロードして読む。また『講座台湾文学』第1章を読む。
[事後学習]日本語文学と帝国日本のアジア侵略の関連をノートにまとめる。
4植民地・占領地の日本語文学2(近代後期)
[事前学習]教材「植民地占領地の日本語文学」の台湾に関する部分を読んでおく。
[事後学習]台湾における日本語文学の経緯をノートに整理しておく。
5日本人の植民地表象:佐藤春夫「女誡扇奇譚」
[事前学習]佐藤春夫「女誡扇奇譚」を読み、事前レポートを提出する。また『講座台湾文学』第2章を読む。
[事後学習]フィードバックされたレポート内容をノートに書いて整理する。
6想像/創造される植民地:楊逵「新聞配達夫」
[事前学習]楊逵「新聞配達夫」を読み、事前レポートを提出する。また『講座台湾文学』第3章を読む。
[事後学習]フィードバックされたレポート内容をノートに書いて整理する。
7Japanesenessの表象:周金波「志願兵」
[事前学習]周金波「志願兵」を読み、事前レポートを提出する。また『講座台湾文学』第4章を読む。
[事後学習]フィードバックされたレポート内容をノートに書いて整理する。
8Japanesenessの表象:張赫宙「岩本志願兵」
[事前学習]張赫宙「岩本志願兵」を読み、事前レポートを提出する。また『講座台湾文学』第5章を読む。
[事後学習]フィードバックされたレポート内容をノートに書いて整理する。
9国語とは何か:呉濁流
[事前学習]『講座台湾文学』第6章を読み、事前レポートを提出する。
[事後学習]フィードバックされたレポート内容をノートに書いて整理する。
10郷土文学の系譜(魯迅・台湾作家)
[事前学習]Bbから「契機としての郷土文学」をダウンロードして読んでおく。
[事後学習]郷土文学概念をノートに書いて整理する。
11張我軍と日本文学
[事前学習]Bbから「張我軍と映画『東洋平和の道』」をダウンロードして読んでおく。
[事後学習]張我軍の経歴をノートにまとめる。
12張我軍と『東洋平和の道』
[事前学習]「張我軍と映画『東洋平和の道』」の映画に関連する部分を読んでおく。
[事後学習]映画『東洋平和の道』製作経緯をノートにまとめる。
13張我軍と大東亜文学者大会
[事前学習]「張我軍と映画『東洋平和の道』」の大東亜文学者大会に関連する部分を読んでおく。
[事後学習]大東亜文学者大会についてノートにまとめる。
14文化と政治に挟撃される張我軍
[事前学習]張我軍に関する事前レポートを作成して提出する。
[事後学習]フィードバックされたレポート内容をノートに書いて整理する。
15日本統治期台湾文学の全体像
[事前学習]第1回から第14回に書いたノートを復習しておく。
[事後学習]台湾における日本語文学とは何だったのか、自分の考えをノートにまとめる。
その他
教科書 山口守 『講座台湾文学』 国書刊行会 2003年
他の授業で『講座台湾文学』を使用している受講生は改めて購入しなくてもよい。その他の教材やレポート用紙はブラックボード(BlackBoard)からダウンロードし、プリントアウトして持参すること。レポート締め切りはとの都度教室内で指示するので、期日を守って提出すること。
成績評価の方法及び基準 授業参画度(100%)
授業参画度にはレポート提出を含む。
オフィスアワー 山口研究室
月・水・木6限以降、ただし必ず事前に学科事務室で予約すること。
備考 BlackBoardのアクセスコードはガイダンスの時に伝える。レポートは特別の指示がない限り紙媒体で提出する。

このページのトップ