文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国現代文学研究2
日本大学ロゴ

中国現代文学研究2

このページを印刷する

科目名 中国現代文学研究2
教員名 神谷まり子
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
(他学部生相互履修可)
科目群 中国語中国文化学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 上海を描いた中華人民共和国建国以降の中国文学について、時代概況とともに文学史の流れを解説する。作品や作家についてもあわせて紹介し、この半世紀における文芸について講義を行う。
授業のねらい・到達目標 中華人民共和国建国から今日までの上海を描いた作品、作家を取り上げ、その文学世界に触れることで、都市が各時代においてどのように表象されたのか、理解する。中国語小説に親しむことができると同時に、一定のテーマについて考える力を養うことを目標とする。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP2,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 基本的に講義形式だが、授業のなかで履修者による小説の翻訳やレポートの執筆、グループ発表も課す。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
授業計画
1ガイダンス・授業の進め方および参考文献の紹介
【事前学習】シラバスを読んでおくこと
【事後学習】参考文献を探し、読んでおく
2上海史概説
【事前学習】ガイダンス資料の「年表」を埋めておくこと
【事後学習】ガイダンスの内容を復習する
3王安憶の描く上海(1)・概説
【事前学習】レジュメ(四)を読んでおくこと
【事後学習】資料(一)に目を通しておく
4王安憶の描く上海(2)・「長恨歌」を読む(前半)
【事前学習】「長恨歌」資料(前半)を読んでおくこと
【事後学習】「長恨歌」資料(前半)の内容を復習する
5王安憶の描く上海(3)・「長恨歌」を読む(後半)
【事前学習】「長恨歌」資料(後半)を読んでおくこと
【事後学習】「長恨歌」資料(後半)の内容を復習する
6王安憶の描く上海(4)・「富萍」その他
【事前学習】「富萍」資料を読んでおくこと
【事後学習】「富萍」資料の内容を復習し、参考文献に目を通しておく
7新しい上海文学(1)・概説
【事前学習】レジュメ(五)を読んでおくこと
【事後学習】レジュメ(五)の内容を復習し、参考文献を読んでおく
8新しい上海文学(2)・衛慧、綿綿
【事前学習】衛慧、綿綿の資料を読んでおくこと
【事後学習】衛慧、綿綿の資料の内容を復習する
9ここまでのまとめ
【事前学習】ここまでの内容を頭に入れたうえで、参考文献を一つ選んで内容をまとめる
【事後学習】八〇後作家の文学概況を復習する
10新しい上海文学(3)・韓寒、郭敬明
【事前学習】韓寒、郭敬明の資料を読んでおくこと
【事後学習】韓寒、郭敬明の資料の内容を復習する
11上海を描いた文学・日本人の上海像
【事前学習】レジュメ(六)を読んでおくこと
【事後学習】参考文献をひとつ選び、レポートを書く
12学生によるグループ発表とディスカッション(1)・発表
【事前学習】授業のなかで興味を持った作家・作品について、参考文献を読んでおくこと
【事後学習】グループで発表内容を確認しておく
13学生によるグループ発表とディスカッション(2)・発表のまとめ
【事前学習】授業のなかで興味を持った作家・作品について、発表できるようにまとめておく
【事後学習】発表の内容を整理し、反省点を挙げておく
14課題の提示
【事前学習】授業で訳した資料のなかでわからない点があれば、確認しておく
「事後学習】新時期文学における上海の文芸状況について、作品をひとつあげた上で内容をまとめておく
15授業のまとめと内容の確認
【事前学習】中華人民共和国建国以降の上海を描いた作品の内容を確認し、文学や社会状況と関連させて論じられるよう準備しておく
【事後学習】レポートの内容を確認し、調整する
その他
教科書 レジュメを配布する。
成績評価の方法及び基準 レポート(20%)、授業内テスト(50%)、授業参画度(30%)
授業内テストは、中間試験、期末試験、小テスト等を合わせて評価する。
授業参画度には、日本語訳の成績が含まれる。
オフィスアワー 月・火の昼休み(研究室)

このページのトップ