文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国古典文学研究1
日本大学ロゴ

中国古典文学研究1

このページを印刷する

科目名 中国古典文学研究1
教員名 松村茂樹
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科
学期 前期 履修区分 選択
授業概要 中国古典文学の本質を探求する。
授業のねらい・到達目標 中国における「文学」の範囲は広い。そもそも、「文」の原義は「いれずみ」で、「いれずみ」は呪的記号あるいは身分標識として用いられたことから「マーク」 という派生義ができ、「マーク」はエンブレムとして「装飾」となり, 「装飾」が加えられると「すばらしい」 状態になるとしてこの義が派生し、そして「すばらしい」状態に化していくことを「文化」といい、人間の「文化」を学ぶ学問を「文学」という。つまり「文学」は、人間が素晴らしくなるための学問(言語・文字、哲学・思想、literatureの文学、歴史、芸術など)全てを指すのである。
授業では、この中国の広い「文学」の世界から、古典となった作品や資料を取り上げ、どうしてそれが「古典」となったのかを共に考察することにより、中国古典文学の本質を探求できるようになる。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP2,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 講義と演習を合わせた形で行う。講義は、一方的に話すのではなく、履修生にマイクを回しつつ、問答を取り入れて行う。演習は、講義内容に関連したテーマで、ファシリテーターを中心にグループディスカッションをし、その結果を代表者が発表する形式で行う。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
授業計画
1ガイダンス 中国の「文学」とは?
【事前学習】シラバスを読んでおく。
【事後学習】今後の学習計画を立てる。
2「古典」とは何か? なぜ「古典」を学ぶのか?
【事前学習】自分なりの「古典」の概念を考えておく。
【事後学習】授業をふまえ、「古典」を再定義する。
3漢字(1) 漢字の源流
【事前学習】漢字の源流に関する資料を読んでおく。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
4漢字(2) 漢字の変遷
【事前学習】漢字の変遷に関する資料を読んでおく。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
5漢字(3) 書体と書法
【事前学習】中国書道史に関する書籍を読んでおく。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
6漢字(4) 書聖・王羲之
【事前学習】王義之に関する資料を読んでおく。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
7詩(1) 詩の解釈 杜秋娘「金縷衣」等
【事前学習】詩に関する資料を読んでおく。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
8詩(2) 詩の変遷 『詩経』「桃夭」等
【事前学習】詩に関する資料を読んでおく。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
9詩(3) 詩の終焉 杜甫「春望」
【事前学習】詩に関する資料を読んでおく。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
10詞(1) 詞の始まり 伝李白「菩薩蛮」等 
【事前学習】詞に関する資料を読んでおく。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
11詞(2) 詞の深化 李清照「如夢令」等
【事前学習】詞に関する資料を読んでおく。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
12文 文と現実 陶淵明「桃花源記」
【事前学習】六朝文学に関する資料を読んでおく。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
13賦 賦と現実 庾信「枯樹賦」
【事前学習】六朝文学に関する資料を読んでおく。
【事後学習】学習内容をノートにまとめる。
14第2回目から第13回目までの講義内容について質疑応答を行う
【事前学習】これまでの学習内容を整理しておく。
【事後学習】授業内容をふまえ、ノートを整理する。
15フィードバックおよび総括
【事前学習】これまで配布された資料を通覧しておく。
【事後学習】「古典」の概念を再検討する。
その他
教科書 使用しない。
参考書 必要に応じて、授業内で紹介する。
成績評価の方法及び基準 レポート(40%)、授業参画度(60%)
授業参画度は、学習内容の区切りで提出を求めるリアクションペーパー等で評価する。
オフィスアワー 授業終了後
備考 取り上げる作品や資料は、事前に配布するので、あらかじめ読んで来てほしい。

このページのトップ