文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国現代文学概説1
日本大学ロゴ

中国現代文学概説1

このページを印刷する

科目名 中国現代文学概説1
教員名 山口守
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科
学期 前期 履修区分 選択
授業概要 中国現代文学の全体像を把握し、個別作家論の学習を深める。
授業のねらい・到達目標 中国現代文学の全体像を把握しながら,個別作家の作品を読み解く道筋を探索する。単に文学史的に作家や作品を羅列して文学潮流をトレースするのでなく,まず近代という時代に生き,同時に近代そのものの実質を構築した個々の作家の優れた作品をどのように読むかを考えながら,近代や文学の概念そのものへ思考を深めて行くことを目的とする。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP2,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 講義形式である。教材はブラックボード(BlackBoard)からダウンロードし、プリントアウトして毎回持参すること。また指示された時に自筆ノートを提出すること。これは授業参画度の一部となる。さらに学期末に最終レポートを作成して提出する。また講義中に言及される具体的作品を課外に読み,学習理解を深めることが必要である。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 なし。
授業計画
1清末の中国文学1(厳復,梁啓超,林紓と世界観の変容)
[事前学習]Bbから教材1頁から5頁をダウンロードして目を通しておく。
[事後学習]中国・現代・文学の三つの概念を整理しておく。
2清末の中国文学2(翻訳小説のインパクトと近代文学観)
[事前学習]Bbから教材6頁から8頁をダウンロードして目を通しておく。訳せる者は訳しておく。
[事後学習]厳復と林紓が訳した西洋書の日本語訳名確認する。
3五四新文学1(胡適,陳独秀と文学革命)
[事前学習]Bbから教材9頁から10頁をダウンロードして目を通しておく。訳せる者は訳しておく。
[事後学習]胡適と陳独秀の文章を訳す。
4五四新文学2(周作人ほか)
[事前学習]Bbから教材10頁から13頁をダウンロードして目を通しておく。訳せる者は訳しておく。
[事後学習]「人的文学」の関連個所を訳す。
5魯迅1(紹興・南京時代)
[事前学習]Bbから教材L-1頁からL-25頁をダウンロードして、特にL-1頁からL-4頁に目を通しておく。
[事後学習]魯迅年表の重要個所を確認する。
6魯迅2(日本留学時代から『吶喊』へ)
[事前学習]教材L-5頁からL-7頁に目を通しておく。
[事後学習]『吶喊』「自序」の関連個所を訳す。
7魯迅3(『吶喊』から『彷徨』へ)
[事前学習]教材L-8頁からL-11頁に目を通しておく。
[事後学習]「阿Q正伝」と「狂人日記」を読み、学んだことを確認する。
8魯迅4(『野草』と雑文)
[事前学習]教材L-12頁からL25頁に目を通しておく。
[事後学習]『野草』の中から詩を選んで読む。
9文学研究会系作家(許地山,葉聖陶ほか)
[事前学習]Bbから教材14頁から38頁をダウンロードして、特に14頁から16頁を読んでおく。
[事後学習]葉聖陶、許地山の作品を選んで読む。
10創造社系作家(郁達夫,郭沫若ほか)
[事前学習]教材18頁から23頁を読んでおく。
[事後学習]郁達夫「沈倫」を読む。
11女性作家の登場(冰心,丁玲ほか)
[事前学習]教材25頁を読んでおく。
[事後学習]丁玲の生涯や作品についてノートにまとめる。
12東北作家(蕭紅とディアスポラの文学)
[事前学習]教材26頁から28頁を読んでおく。
[事後学習]蕭紅「手」を読む。
131930年代詩人(何其芳,卞之琳ほか)
[事前学習]Bbから現代詩の教材ダウンロードして目を通しておく。
[事後学習]卞之琳「断章」を訳す。
14近代演劇とその脚本(曹禺)
[事前学習]教材29頁から30頁を読んでおく。
[事後学習]中国近代演劇についてノートにまとめる。
15郷土の想像(沈従文,および郷土文学)
[事前学習]教材33頁から38頁を読んでおく。
[事後学習]郷土文学について自分の考えをノートにまとめる。
その他
教科書 教材はブラックボード(BlackBoard)からダウンロードし、プリントアウトして毎回持参すること。
参考書 授業中に指示する。
成績評価の方法及び基準 レポート(50%)、授業参画度(50%)
授業参画度にはノート提出を含む。指示された時にノートを提出していない者は単位認定を行わない。学期末に課題レポートを提出する。
オフィスアワー 山口研究室
月・水・木6限以降(学科事務室を通じて事前に予約すること)。
備考 ガイダンスでBlackBoardのアクセスコードを伝えるので、必ずアクセスして名簿登録すること。

このページのトップ