文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 中国学入門3
日本大学ロゴ

中国学入門3

このページを印刷する

科目名 中国学入門3
教員名 渡邉登紀
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
(他学部生相互履修可)
科目群 中国語中国文化学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 中国古典詩歌の代表的作品と中国各地の都市との関わりについて講義する。また、中学・高校「国語」での勤務経験がある教員が、その経験をもとに、中国古典文学(「漢文」)に関する基礎的知識および概要についての授業を行う。
授業のねらい・到達目標 中国古典詩歌およびそれを育んだ中国各地の風土について、基礎的な知識を獲得し、深く理解できるようになることを目的とする。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 講義形式で、時にスライド・ビデオ教材を用いながら、中国各地の代表的な作者と作品およびその時代背景を説明する。授業内で実施されるミニレポートを毎回提出する必要がある。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
授業計画
1ガイダンス:この授業の概要・到達度・授業方法について
[事前学習]シラバスを事前に確認すること
[事後学習]第2回の授業に備え、唐代文学の主要な人物名などを覚えておく
2中国古典詩歌とその詩歌に詠まれた土地について
[事前学習]中国周遊旅行プランを企画する
[事後学習]中国の歴代王朝および中国の都市の地名とその位置を覚える
3洛陽にまつわる古典詩歌を読むー「古詩十九首」(教科書P.38、39)
[事前学習]当該地の地図上の位置・風土・文化について、図書館等で調べ、ミニレポートを作成する
[事後学習]授業内で扱った詩歌を再読し、その土地との関わりについて要点を整理する
4南京(金陵)にまつわる古典作品を読むー「風景」の発見(教科書P.62、63) 
[事前学習]当該地の地図上の位置・風土・文化について、図書館等で調べ、ミニレポートを作成する
[事後学習]授業内で扱った作品を再読し、その土地との関わりについて要点を整理する
5南京(金陵)にまつわる古典詩歌を読むー四声の発見(教科書P.56、57)
[事前学習]当該地の地図上の位置・風土・文化について、図書館等で調べ、ミニレポートを作成する
[事後学習]授業内で扱った詩歌を再読し、その土地との関わりについて要点を整理する
6西安(長安)にまつわる古典詩歌を読むー白居易「長恨歌」(教科書P.98〜101)
[事前学習]当該地の地図上の位置・風土・文化について、図書館等で調べ、ミニレポートを作成する
[事後学習]授業内で扱った詩歌を再読し、その土地との関わりについて要点を整理する
7第2回から第6回までの復習・まとめ
[事前学習]第2回~第6回のノート・プリント類を再読し、分からない点を書き出しておく
[事後学習]事前学習の際に分からなかった点が解決できているかを点検・復習する
8西安(長安)にまつわる古典詩歌を読むー杜甫「春望」(教科書P.9〜14)
[事前学習]杜甫「春望」の詩のピンインと平仄を調べて、ミニレポートを作成する
[事後学習]近体詩の規則および漢字音について、要点を整理する
9成都にまつわる古典詩歌を読むー杜甫(教科書P.82〜85)
[事前学習]当該地の地図上の位置・風土・文化について、図書館等で調べ、ミニレポートを作成する
[事後学習]授業内で扱った詩歌を再読し、その土地との関わりについて要点を整理する
10洞庭湖にまつわる古典詩歌を読むー孟浩然・杜甫(教科書P.82〜85)
[事前学習]当該地の地図上の位置・風土・文化について、図書館等で調べ、ミニレポートを作成する
[事後学習]授業内で扱った詩歌を再読し、その土地との関わりについて要点を整理する
11西湖にまつわる古典詩歌を読むー白居易・蘇軾(教科書P.98、99、102、103、126、127)
[事前学習]当該地の地図上の位置・風土・文化について、図書館等で調べ、ミニレポートを作成する
[事後学習]授業内で扱った詩歌を再読し、その土地との関わりについて要点を整理する
12廬山にまつわる古典詩歌・作品を読む:李白・白居易・清少納言(教科書P.78〜81、98、99)
[事前学習]当該地の地図上の位置・風土・文化について、図書館等で調べ、ミニレポートを作成する
[事後学習]授業内で扱った詩歌を再読し、その土地との関わりについて要点を整理する
13第8回〜第12回までの復習・まとめ
[事前学習]第2回~第6回のノート・プリント類を再読し、分からない点を書き出しておく
[事後学習]事前学習の際に分からなかった点が解決できているかを点検・復習する
14到達度の確認(試験と解説)
[事前学習]第1回~13回の内容を復習し、各時代の文学の概要を文章で説明できるようにしておく
[事後学習]学修した内容の整理し、理解が及ばなかった箇所を書き出しておく
15まとめ(これまでの復習・解説を行い、授業の理解を深める)
[事前学習]第1回~14回のノート・プリント類を整理し、再度、分からない点を書き出しておく
[事後学習]事前学習の際に分からなかった点が解決できているかどうか点検する
その他
教科書 松原朗,児島弘一郎,佐藤浩一  『教養のための中国古典文学史』 研文出版 2009年
参考書 齋藤希史 『詩のトポス 人と場所をむすぶ漢詩の力』 平凡社 2016年
植木久行 『中国詩跡事典―漢詩の歌枕』 研文出版 2015年
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(50%)、授業参画度(50%)
授業内テストは、中間試験、期末試験、小テスト等を合わせて評価する。
授業参画度に毎回の授業内で実施されるミニレポートを含む。
オフィスアワー 月曜3限(中文学科事務室にて一週間前までにアポイントメントを取ること)

このページのトップ