文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 研究ゼミ1
日本大学ロゴ

研究ゼミ1

このページを印刷する

科目名 研究ゼミ1
教員名 神谷まり子
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科
学期 前期 履修区分 選択必修
授業概要 中国近現代文学に関する研究を行う。中国語で書かれた文学作品と、その作家に関わる文学状況について親しむと同時に、作品や作家をとりまく諸状況についての授業を行う。
授業のねらい・到達目標 ここ百年における中国語の小説・散文を読み、作品や作家を取り巻く環境や、その背後の歴史、文化、社会などについて理解しながら、文学作品についての発表・議論・論文執筆の準備ができることを目標とする。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 ゼミ生による演習方式で行う。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 自主創造の基礎1・2、中国学入門1~4及び中国語1~14の単位が全て修得済みであること。
授業計画
1ガイダンス(1)(授業のテーマや到達目標および授業方法について説明する)
【事前学習】自分が研究テーマとしたいことについて、簡単に考えておく
【事後学習】授業の内容を受け、研究テーマの方向性について再度検討する
2ガイダンス(2)・テーマの方向性を決定する
【事前学習】より具体的に興味のある作家・作品について考えておく
【事後学習】テーマとする作家・作品について調べてくる
3テキストを読む(1)概説
【事前学習】テーマとする作家・作品について、テキストの記述を読んでおく
【事後学習】テーマとする作家・作品について、参考文献を確認する
4テキストを読む(2)・「文学1」清末までの文学
【事前学習】テキスト31-33ページを読んでおくこと。
【事後学習】授業内容を復習する
5テキストを読む(3)・「文学1」清末から民初の文学
【事前学習】テキスト34-37ページを読んでおくこと。
【事後学習】授業内容を復習する
6テキストを読む(4)・「文学1」通俗小説
【事前学習】テキスト38-40ページを読んでおくこと。
【事後学習】授業内容を復習する
7テキストを読む(5)・「文学2」郁達夫・沈従文
【事前学習】テキスト43-50ページを読んでおくこと。
【事後学習】授業内容を復習する
8テキストを読む(6)・「文学2」女性作家その他
【事前学習】テキスト50-55ページを読んでおくこと。
【事後学習】授業内容を復習する
9テキストを読む(7)・「文学2」魯迅
【事前学習】テキスト55-57ページを読んでおくこと。
【事後学習】授業内容を復習する
10テキストを読む(8)・「文学3」建国後の文学
【事前学習】テキスト59-64ページを読んでおくこと。
【事後学習】授業内容を復習する
11テキストを読む(9)・「文学3」新時期文学
【事前学習】テキスト64-66ページを読んでおくこと。
【事後学習】授業内容を復習する
12テキストを読む(10)・「文学3」ルーツ文学
【事前学習】テキスト66-67ページを読んでおくこと。
【事後学習】授業内容を復習する
13テキストを読む(11)・「文学4」同時代文学
【事前学習】テキスト69-73ページを読んでおくこと。
【事後学習】授業内容を復習する
14テキストを読む(12)・「文学4」閻連科・余華
【事前学習】テキスト73-77ページを読んでおくこと。
【事後学習】授業内容を復習する
15テキストを読む(13)・「文学4」八〇後
【事前学習】テキスト77-78ページを読んでおくこと。
【事後学習】授業内容を復習する
その他
教科書 中国モダニズム研究会 『中国現代文化14講 (ドラゴン解剖学)』 関西学院出版会 2014年
成績評価の方法及び基準 レポート(50%)、授業参画度(50%)
授業参画度には、レジュメや発表の成績等が含まれる。
オフィスアワー 月・火の昼休み(研究室)

このページのトップ