文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 研究ゼミ2
日本大学ロゴ

研究ゼミ2

このページを印刷する

科目名 研究ゼミ2
教員名 青木隆
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科
学期 後期 履修区分 選択必修
授業概要 ①長編白話小説『三国志演義』を清朝知識人の批評コメントとともに読む。
②中国前近代の文学や思想にかんするテーマで卒業論文を書くことをめざす。
岩波文庫本(小川・金田訳)、平凡社刊本(立間訳)、講談社学術文庫本(井波訳)のいずれかを入手して三国志演義全編を通読しておくこと。ゼミで読む第107回についてはとくに熟読しておくこと。辞書、三国志人物事典(講談社文庫)その他の工具書の助けも借りるが、本文を熟読することがもっとも肝要である。担当者を決めて輪読するので、担当者はもちろん、担当者でない人も予習をしてきてもらいたい。
授業のねらい・到達目標 ①前近代中国知識人の歴史小説の読み方を学び、前近代中国知識人の歴史認識や伝統的な思想を理解し説明できるようになる。
②卒業ゼミ論文作成の準備をする。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 ①教室でテキストを配布する。担当者を定めてテキストを輪読し、討論を行なう。
②卒業ゼミ論文作成については個別に指導するが、別途に中間発表・口頭試問を行う。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 自主創造の基礎1・2および中国学入門1-4の単位が修得済みであること。
必修第一外国語中国語が14単位修得済みであること。
授業計画
1『三国志演義』第107回を読む(16)―輪読と討論(総批第1節の1)

【事前学習】総批第1節の1のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】総批第1節の1のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
2『三国志演義』第107回を読む(17)―輪読と討論(総批第1節の2)

【事前学習】総批第1節の2のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】総批第1節の2のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
3『三国志演義』第107回を読む(18)―輪読と討論(総批第1節の3)

【事前学習】総批第1節の3のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】総批第1節の3のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
4『三国志演義』第107回を読む(19)―輪読と討論(総批第2節の1)

【事前学習】総批第2節の1のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】総批第2節の1のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
5『三国志演義』第107回を読む(20)―輪読と討論(総批第2節の2)

【事前学習】総批第2節の2のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】総批第2節の2のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
6『三国志演義』第107回を読む(21)―輪読と討論(総批第2節の3)

【事前学習】総批第2節の3のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】総批第2節の3のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
7『三国志演義』第107回を読む(22)―輪読と討論(総批第3節の1)

【事前学習】総批第3節の1のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】総批第3節の1のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
8『三国志演義』第107回を読む(23)―輪読と討論(総批第3節の2)

【事前学習】総批第3節の2のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】総批第3節の2のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
9『三国志演義』第107回を読む(24)―輪読と討論(総批第3節の3)

【事前学習】総批第3節の3のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】総批第3節の3のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
10『三国志演義』第107回を読む(25)―輪読と討論(総批第4節の1)

【事前学習】総批第4節の1のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】総批第4節の1のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
11『三国志演義』第107回を読む(26)―輪読と討論(総批第4節の2)

【事前学習】総批第4節の2のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】総批第4節の2のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
12『三国志演義』第107回を読む(27)―輪読と討論(総批第4節の2)

【事前学習】総批第4節の2のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】総批第4節の2のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
13『三国志演義』第107回を読む(28)―輪読と討論(総批第4節の3)

【事前学習】総批第4節の3のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】総批第4節の3のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
14『三国志演義』第107回を読む(29)―輪読と討論(李卓吾評総批の1)

【事前学習】李卓吾評総批の1のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】李卓吾評総批の1のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
15『三国志演義』第107回を読む(30)―輪読と討論(李卓吾評総批の2)

【事前学習】李卓吾評総批の2のテキストを予習する。担当者は、討論のための発表用レジュメを作成する。

【事後学習】第63節~第64節のテキストと資料を読み直しながらゼミの議論を整理しておく。
その他
教科書 なし
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 レポート(50%)、授業参画度(50%)
授業参画度には、レジュメ、発表等の成績が含まれる。
オフィスアワー 金曜日第五時限、中国語中国文化学科学生閲覧室

このページのトップ