文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語中国文化学科 > 研究ゼミ2
日本大学ロゴ

研究ゼミ2

このページを印刷する

科目名 研究ゼミ2
教員名 神谷まり子
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 中国語中国文化学科
学期 後期 履修区分 選択必修
授業概要 中国近現代文学に関する研究を行う。中国語で書かれた文学作品と、その作家に関わる文学状況について親しむと同時に、作品や作家をとりまく諸状況についての授業を行う。
授業のねらい・到達目標 ここ百年における中国語の小説・散文を読み、作品や作家を取り巻く環境や、その背後の歴史、文化、社会などについて理解しながら、文学作品についての発表・議論・論文執筆の準備ができることを目標とする。
この科目は文理学部(学士(文学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 ゼミ生による演習方式で行う。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とします。
履修条件 自主創造の基礎1・2、中国学入門1~4、中国語1~14、研究ゼミ1の単位が全て修得済みであること。
授業計画
1ガイダンス(1)(授業のテーマや到達目標および授業方法について説明する)
【事前学習】夏期レポートの内容を確認しておく
【事後学習】夏期レポートの内容について、再度見直す
2ガイダンス(2)・テーマの方向性を決定する
【事前学習】自分が研究テーマとしたいことについて、発表できるように準備しておく
【事後学習】授業の内容を受け、研究テーマの方向性について調整する
3テーマ発表(1)テーマの決定
【事前学習】主となる研究テーマについて、参考文献リストを作成する
【事後学習】授業の内容を受け、研究テーマの方向性について再度調整する
4テーマ発表(2)作品の解読
【事前学習】主となる作品を精読する
【事後学習】主となる作品の要点をまとめておく
5テーマ発表(3)作品についての発表
【事前学習】主となる作品についてレジュメを作成する
【事後学習】レジュメの内容や文章を調整する
6テーマ発表(4)参考文献について
【事前学習】テーマに関する参考文献を読む
【事後学習】参考文献を継続して読み、メモをとっておく
7テーマ発表(5)参考文献を読む
【事前学習】テーマに関する参考文献表を読み、要点をレジュメに加える
【事後学習】参考文献の確認をする
8テーマ発表(6)論旨を組み立てる
【事前学習】論旨を組み立てる
【事後学習】論旨を調整する
9テーマ発表(6)論旨をチェックする
【事前学習】レジュメを点検し、全体を調整する
【事後学習】レジュメを完成させる
10テーマ発表(7)発表をする
【事前学習】レジュメに基づいて発表できるよう、用意しておく
【事後学習】発表の内容を復習する
11テーマ発表(8)レポートを書く
【事前学習】レジュメに基づき、レポートの構成を考える
【事後学習】レポートの構成を再考する
12テーマ発表(9)レポートを点検する
【事前学習】レポートの論旨を考える
【事後学習】レポートの論旨に従って、書き始める
13テーマ発表(10)レポートを調整する
【事前学習】レポートを執筆する
【事後学習】追加、修正すべき部分を調整する
14テーマ発表(11)レポートを完成させる
【事前学習】レポートを完成させる
【事後学習】レポートの内容を最終確認する
15これまでの復習・課題を確認する
【事前学習】授業内容を復習する
【事後学習】課題を確認する
その他
教科書 中国モダニズム研究会 『中国現代文化14講 (ドラゴン解剖学)』 関西学院出版会 2014年
教科書は初回授業にて正式に決定する。
成績評価の方法及び基準 レポート(50%)、授業参画度(50%)
授業参画度には、レジュメや発表の成績等が含まれる。
オフィスアワー 月・火の昼休み(研究室)

このページのトップ