文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 教育学演習4
日本大学ロゴ

教育学演習4

このページを印刷する

科目名 教育学演習4
教員名 小笠原喜康
単位数    1 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 教育学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 ワークショップや教材をつくる
授業のねらい・到達目標 前期の調査研究を踏まえて、実際の教材やワークショップを作る

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP1,DP3,DP4,及びカリキュラムポリシーCP1,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 調査と教材作成
授業計画
1ガイダンス:前期の整理と後期の課題を説明する。
 【事前学習】近くの博物館で教材を調べておく
 【事後学習】グループを再構築する
2前期の調査の見直し
 【事前学習】グループで話し合っておく
 【事後学習】再度話し合いをして何をつくるのかを考える
3グループごとの作成プログラムの構想を発表する
 【事前学習】A4で1枚の発表要旨を作成する
 【事後学習】他のグループの案を受けて、再度グループで話し合う
4作成方針の検討1:教材・ワークショップの目的を考える
 【事前学習】何を狙いとするかをグループで話し合う
 【事後学習】再度その狙いに曖昧さがないか検討する
5作成方針の検討2:教材・ワークショップの順序を考える
 【事前学習】順序をどうするかをグループで話し合う
 【事後学習】その順序に曖昧さがないか検討する
6作成方針の検討3:教材・ワークショップの道具を考える
 【事前学習】必要な道具についてグループで話し合う
 【事後学習】道具をさらに吟味する:なるべくわかりやすいものにする
7中間発表1:ワークショップの計画発表
 【事前学習】発表のパワポを作成する
 【事後学習】みなさんの意見をまとめて、改善に反映させる
8中間発表2:教材の開発計画発表
 【事前学習】発表のパワポを作成する
 【事後学習】みなさんの意見をまとめて、改善に反映させる
9模擬実施1:歴史系ワークショップの実施
 【事前学習】ワークショップの道具などをそろえる
 【事後学習】実施結果の反省をおこなう
10模擬実施2:科学系ワークショップの実施
 【事前学習】ワークショップの道具などをそろえる
 【事後学習】実施結果の反省をおこなう
11模擬実施3:美術系ワークショップの実施
 【事前学習】ワークショップの道具などをそろえる
 【事後学習】実施結果の反省をおこなう
12模擬実施4:動・水族系ワークショップの実施
 【事前学習】ワークショップの道具などをそろえる
 【事後学習】実施結果の反省をおこなう
13模擬実施5:子ども博物館系ワークショップの実施
 【事前学習】ワークショップの道具などをそろえる
 【事後学習】実施結果の反省をおこなう
14模擬教材の発表展覧会
 【事前学習】教材の作成ととのえる
 【事後学習】実施結果の反省をおこなう
151年間の授業を振り返って
 【事前学習】自分の活動を振り返る
 【事後学習】最終レポートを作成する
その他
教科書 なし
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 レポート(60%)、授業参画度(40%)
授業参画度は,毎回のリアクションペーパー等で評価します。
オフィスアワー 水・木のお昼休み個人研究室(本館5階)で質問を受け付ける。
時間等は、メールで予約してください(hxo*mel2015.com *を@に換えて送信してください。melのlは数字ではなく、アルファベットのエルです)

このページのトップ