文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 教育学演習2
日本大学ロゴ

教育学演習2

このページを印刷する

科目名 教育学演習2
教員名 北野秋男
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 教育学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 「基本文献」を読み、レジュメを作成して報告してみよう。
授業のねらい・到達目標 この授業では、1年次の科目で学んだことを使いこなしながら、具体的な課題を調べ、考察し、考えるためのさまざまなスキルを身につけ、教育学についての理解を深めていく。次の項目について十分習得することが期待される。ディスカッションの仕方/統計データを批判的に読む読み方/メディア報道を批判的に読む/インターネット情報の引用ルール/インターネットでの本の買い方/文科省や教委のHPの活用法/CiNii Books, CiNii Articlesの利用/国会図書館の雑誌索引の利用/インターライブラリーでの文献入手/パラグラフ・ライティングの仕方など。

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP1,DP2,DP3,DP4及びカリキュラムポリシーCP1,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 前期で学んだ基本情報や資料収集の方法を基に、後期は「ディスカッションの仕方」「トピックとアウトライン」「レジュメの作成方法」を学んで、学力格差に関する基本文献を読んで、各自、5分程度報告する。報告の後には、質疑応答を行った後、レジュメを再修正し、完成したものを最後に提出する。評価ポイントは、レジュメの内容と形式、プレゼンテーションの内容、質疑応答などである。全体に共通するトピックは、「学力格差問題」である。
履修条件 教育学科2年生。
授業計画
1ガイダンス・授業の内容・評価の説明、報告の仮順番の決定
【事前学習】戦後の学力論争の時期区分を予習して、内容を確認する。自分の報告したいテーマを検討する。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
2基本文献の講読(1)中井浩一「論争・学力崩壊2003」中公新書 報告の順番決定
【事前学習】中井浩一「論争・学力崩壊2003」中公新書の前半部分をあらかじめ読んでおくこと。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
3基本文献の講読(1)中井浩一「論争・学力崩壊2003」中公新書
【事前学習】中井浩一「論争・学力崩壊2003」中公新書の後半部分をあらかじめ読んでおくこと。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
4基本文献の講読 松下佳代編著『新しい能力は教育を変えるか』(ミネルヴぁ書房)(1)戦後の第1期学力論争
【事前学習】テキストの(1)戦後の第1期学力論争に該当する部分を予め読んでおくこと。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
5基本文献の講読『新しい能力は教育を変えるか』(2)戦後の第2期学力論争
【事前学習】テキストの(2)戦後の第2期学力論争に該当する部分を予め読んでおくこと。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
6基本文献の講読『新しい能力は教育を変えるか』(3)戦後の第3期学力論争
【事前学習】テキストの(3)戦後の第3期学力論争に該当する部分を予め読んでおくこと。

【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
7基本文献の講読『新しい能力は教育を変えるか』(4)戦後の第4期学力論争
【事前学習】テキストの(4)戦後の第4期学力論争に該当する部分を予め読んでおくこと。

【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
8基本文献の講読『新しい能力は教育を変えるか』(5)戦後の第5期学力論争
【事前学習】テキストの(5)戦後の第5期学力論争に該当する部分を予め読んでおくこと。

【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
9「用語」課題の提出 レポート作成の形式と内容の注意(学力問題へのコメントの仕方)
【事前学習】テキストの中の指定した専門用語の意味や内容を調べ、提出する。
【事後学習】次回の報告課題の内容をまとめ、発表に備える。
10レポート(草稿原稿)の提出、グループに分かれ、相互に点検。各グループの報告
【事前学習】提出するレポートの草稿を作成。特に、基本文献を読んで、重要な点をまとめる。
【事後学習】指摘を受けた修正箇所の内容を、再度、文献を使って調べる。授業の要点と課題をノートにまとめること。
11草稿レポートの個別報告と討論。
【事前学習】事前に配布された草稿レポートを読み、問題提起、内容、結論などの明確さを吟味する。
【事後学習】草稿レポートを読み、比較検証し、優れたレポートとは何かを考える。授業の要点と課題をノートにまとめること。
12草稿レポートの個別報告と討論
【事前学習】事前に配布された草稿レポートを読み、問題提起、内容、結論などの明確さを吟味する。
【事後学習】草稿レポートを読み、比較検証し、優れたレポートとは何かを考える。授業の要点と課題をノートにまとめること。
13草稿レポートの個別報告と討論
【事前学習】事前に配布された草稿レポートを読み、問題提起、内容、結論などの明確さを吟味する。
【事後学習】草稿レポートを読み、比較検証し、優れたレポートとは何かを考える。授業の要点と課題をノートにまとめること。
14課題への質問と面接
【事前学習】完成レポートの作成に向けて、さらに文献を調べ、読む。完成レポート作成に向けた質問などを準備する。
【事後学習】完成レポートの作成上の注意を、再度確認する。授業の要点と課題をノートにまとめること。
15授業全体の総括と反省、完成レポート提出
【事前学習】レポートを作成する上での形式面と内容面の重要なポイント、文献調査の方法を再確認する。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめ、次年度の演習に備える。
その他
教科書 特になし
参考書 松下佳代 『新しい能力は教育を変えるか』 ミネルヴァ書房 2010年 第1版
成績評価の方法及び基準 レポート(60%)、授業参画度(40%)
レポート、課題報告、授業内での発言や活動などを総合的に判断する。
オフィスアワー 授業の開始前と終了後に行う。メールでの問い合わせも可能。kitano@chs.nihon-u.ac.jp

このページのトップ