文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 教育学演習2
日本大学ロゴ

教育学演習2

このページを印刷する

科目名 教育学演習2
教員名 望月由起
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 教育学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 現代の日本社会・学校における実践的な教育課題について、複眼的な視点からとらえる。
今期は、いくつかの都道府県(受講生の出身地域など)をピックアップし、そこでの学校教育の特徴と課題を具体的に検討していく。
小・中・高等学校の教員対象の研修等を担当する教員が、そこで得た学校教育現場の声を伝えることにより、実態に即した議論を展開していく。
授業のねらい・到達目標 具体的な課題を調べ、考察できる。考えるためのさまざまなスキルを身につける。教育学についての理解を深め、議論できる。
※次の項目について十分習得することが期待される。
ディスカッションの仕方/統計データを批判的に読む読み方/メディア報道を批判的に読む/インターネット情報の引用ルール/インターネットでの本の買い方/文科省や教委のHPの活用法/英文HPの検索と閲覧/「国立国会図書館サーチ」(NDL Search)の活用法/CiNii及びJ-STAGEの利用/図書館間相互貸借(ILL)での文献入手/パラグラフ・ライティングの仕方など。

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP1,DP2,DP3,DP4及びカリキュラムポリシーCP1,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 前期の「教育学演習1」同様、「資料収集・活用」「プレゼンテーション」「ディスカッション」「自分の意見を自分の言葉でまとめて論ずる」ことなどを課す。ただし「プレゼンテーション」には、「概要」だけでなく、「賛成(推奨)」「反対(懸念)」の両者からの意見を必ず含めること。
「プレゼンテーション」は各回2~3名のグループで行う予定である。各回の発表グループは、発表後の回に「発表回で出た質問や課題への回答」も行うこと。
※各回のテーマは教員が案を提示するが(授業計画を参照のこと)、原則として、受講生に各回の運営を委ねるので、その進め方についても検討すること。
※事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とする。
履修条件 原則として、同一教員の教育学演習1・2をセットで履修すること。
授業計画
1オリエンテーション(授業の概要、ねらい・到達目標、方法の説明。ゼミ長・副ゼミ長の決定、発表の分担決めなど)
[事前学習]シラバスを確認する。
[事後学習]発表メンバーと意見交換をする。
210年前の子ども
[事前学習]自身の「子ども時代」を振り返る。
[事後学習]現代の「子ども」との相違をまとめる。
3東京都の学校教育
[事前学習]発表者は発表準備を行う。それ以外の学生は、議論に向けて、該当地域の情報を収集する。
[事後学習]発表者は課題への対応を行う。それ以外の学生は、自分の考えをまとめる。
4北海道の学校教育
[事前学習]発表者は発表準備を行う。それ以外の学生は、議論に向けて、該当地域の情報を収集する。
[事後学習]発表者は課題への対応を行う。それ以外の学生は、自分の考えをまとめる。
5東北エリアの学校教育
[事前学習]発表者は発表準備を行う。それ以外の学生は、議論に向けて、該当地域の情報を収集する。
[事後学習]発表者は課題への対応を行う。それ以外の学生は、自分の考えをまとめる。
6北陸エリアの学校教育
[事前学習]発表者は発表準備を行う。それ以外の学生は、議論に向けて、該当地域の情報を収集する。
[事後学習]発表者は課題への対応を行う。それ以外の学生は、自分の考えをまとめる。
7北関東エリアの学校教育
[事前学習]発表者は発表準備を行う。それ以外の学生は、議論に向けて、該当地域の情報を収集する。
[事後学習]発表者は課題への対応を行う。それ以外の学生は、自分の考えをまとめる。
8南関東エリアの学校教育
[事前学習]発表者は発表準備を行う。それ以外の学生は、議論に向けて、該当地域の情報を収集する。
[事後学習]発表者は課題への対応を行う。それ以外の学生は、自分の考えをまとめる。
9東海エリアの学校教育
[事前学習]発表者は発表準備を行う。それ以外の学生は、議論に向けて、該当地域の情報を収集する。
[事後学習]発表者は課題への対応を行う。それ以外の学生は、自分の考えをまとめる。
10大阪府の学校教育
[事前学習]発表者は発表準備を行う。それ以外の学生は、議論に向けて、該当地域の情報を収集する。
[事後学習]発表者は課題への対応を行う。それ以外の学生は、自分の考えをまとめる。
11京都府・兵庫県の学校教育
[事前学習]発表者は発表準備を行う。それ以外の学生は、議論に向けて、該当地域の情報を収集する。
[事後学習]発表者は課題への対応を行う。それ以外の学生は、自分の考えをまとめる。
12中国・四国エリアの学校教育
[事前学習]発表者は発表準備を行う。それ以外の学生は、議論に向けて、該当地域の情報を収集する。
[事後学習]発表者は課題への対応を行う。それ以外の学生は、自分の考えをまとめる。
13九州エリアの学校教育
[事前学習]発表者は発表準備を行う。それ以外の学生は、議論に向けて、該当地域の情報を収集する。
[事後学習]発表者は課題への対応を行う。それ以外の学生は、自分の考えをまとめる。
14沖縄県の学校教育
[事前学習]発表者は発表準備を行う。それ以外の学生は、議論に向けて、該当地域の情報を収集する。
[事後学習]発表者は課題への対応を行う。それ以外の学生は、自分の考えをまとめる。
15まとめ(これまでの内容をふまえての議論)
[事前学習]自分の意見を整理し、レポートにまとめる。
[事後学習]議論をふまえ、レポートに内容を加筆して提出する。
その他
教科書 なし
参考書 その都度、教員あるいは発表担当者が資料等を配布。
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業参画度(40%)、発表(グループ発表)(30%)
レポートは、14週目までに「最終レポート」として提出すること。
授業参画度は、議論の程度、リアクションペーパー等で評価する。
詳細は初回授業時に説明する。
オフィスアワー 授業終了時(授業教室または研究室にて)
原則、アポイントメント不要。

このページのトップ