文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 教育学演習1
日本大学ロゴ

教育学演習1

このページを印刷する

科目名 教育学演習1
教員名 下司晶
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 教育学の基礎演習
授業のねらい・到達目標 この授業では、「教育学基礎論1・2」で学んだことを使いこなしながら、具体的な課題を調べ、考察し、考えるためのさまざまなスキルを身につけ、教育学についての理解を深めていく。次の項目について十分習得することが期待される。

 ディスカッションの仕方/統計データを批判的に読む読み方/メディア報道を批判的に読む/インターネット情報の引用ルール/インターネットでの本の買い方/文科省や教委のHPの活用法/英文HPの検索と閲覧/「国立国会図書館サーチ」(NDL Search)の活用法/CiNii及びJ-STAGEの利用/図書館間相互貸借(ILL)での文献入手/パラグラフ・ライティングの仕方など。

 この授業では以上に加え、専門的文献の講読の仕方も学ぶ。また、4年生との合同ゼミやゼミ合宿などを通して、卒業特殊課題に向けて自らの研究課題を見いだし調査していくことが求められる。

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP1,DP2,DP3,DP4及びカリキュラムポリシーCP1,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 毎回、担当学生がレジュメを作成して発表を行い、引き続きディスカッションを行うことで、理解を深めていく。
適宜、教員もアドヴァイスをするが、疑問点は、基本的に学生相互の議論や調査で解決するのが望ましい。
また、4年生の合同ゼミや日本大学教育学会大会への参加を通して、大学での教育学の学び方を学ぶ。
履修条件 同一教員の「教育学演習1」(前期)、「教育学演習2」(後期)をあわせて履修すること。
授業計画
1イントロダクション ―― 大学での学び方
【事前学習】 『大学生のためのレポート・論文術』を読み、レポートの書き方を学ぶ。
【事後学習】 『大学生のためのレポート・論文術』を読み直し、レポートの書き方を確認する。
2論文の読み方/レジュメの切り方/議論の仕方
【事前学習】 『論文の教室』を読み、論文の読み方/議論の仕方を学ぶ。
【事後学習】 『論文の教室』を読み直し、論文の読み方/議論の仕方を確認する
3『ヒューマニティーズ 教育学』(1)第1章 教育論から教育学へ
【事前学習】 該当箇所を読んでコメントを記入する。
【事後学習】 授業を踏まえて該当箇所を読み直す。
4『ヒューマニティーズ 教育学』(2)第2章 実践的教育学と教育科学
【事前学習】 該当箇所を読んでコメントを記入する。
【事後学習】 授業を踏まえて該当箇所を読み直す。
5『ヒューマニティーズ 教育学』(3)第3章 教育の成功と失敗
【事前学習】 該当箇所を読んでコメントを記入する。
【事後学習】 授業を踏まえて該当箇所を読み直す。
6『ヒューマニティーズ 教育学』(4)第4章 この世界に対して教育がなし得ること
【事前学習】 該当箇所を読んでコメントを記入する。
【事後学習】 授業を踏まえて該当箇所を読み直す。
7『ヒューマニティーズ 教育学』(5)まとめ
【事前学習】 該当箇所を読んでコメントを記入する。
【事前学習】 授業を踏まえて該当箇所を読み直す。
8統計資料の読み方
【事前学習】 該当箇所を読んでコメントを記入する。
【事後学習】 授業を踏まえて該当箇所を読み直す。
9『どのような教育が「よい」教育か』(1)序章
【事前学習】 該当箇所を読んでコメントを記入する。
【事後学習】 授業を踏まえて該当箇所を読み直す。
10『どのような教育が「よい」教育か』(2)1章
【事前学習】 該当箇所を読んでコメントを記入する。
11『どのような教育が「よい」教育か』(3)2章
【事前学習】 該当箇所を読んでコメントを記入する。
【事後学習】 授業を踏まえて該当箇所を読み直す。
12『どのような教育が「よい」教育か』(4)3章1,2
【事前学習】 該当箇所を読んでコメントを記入する。
【事後学習】 授業を踏まえて該当箇所を読み直す。
13『どのような教育が「よい」教育か』(5)3章3
【事前学習】 該当箇所を読んでコメントを記入する。
【事後学習】 授業を踏まえて該当箇所を読み直す。
14『どのような教育が「よい」教育か』(6)4章
【事前学習】 該当箇所を読んでコメントを記入する。
15研究成果の発表
【事前学習】 授業の内容を振り返りレポートをまとめる。
【事後学習】 授業を踏まえてレポートを読み直す。
その他
教科書  ①広田照幸 『ヒューマニティーズ 教育学』 岩波書店 2009年
 ②苫野一徳 『どのような教育が「よい」教育か (講談社選書メチエ)』 講談社 2011年
 ③小笠原喜康 『最新版 大学生のためのレポート・論文術 (講談社現代新書)』 講談社 2018年
 ④戸田山和久 『新版 論文の教室――レポートから卒論まで』 NHKブックス 2012年
 ①4月から使用するので、授業開始までに購入すること。
 ②1年次に購入済みのはず。
 ③教育学科教員による入門書。
 ④1年次の購入済みのはず。
成績評価の方法及び基準 レポート(50%)、授業参画度(50%)
 ただし、3回以上の欠席、いずれかの評価が最低基準に満たない場合、単位修得が認められない場合があります。
平常点は、発表レジュメや、ディスカッションが評価対象です。
また、正当な理由なく発表を欠席した場合などは、厳しく対処します。
オフィスアワー 木曜3限に研究室を訪問して下さい。
メールや教育学研究室への伝言等で事前に連絡しておくと確実です。
授業内容への質問は、授業終了後に直接聞く、電子メールなどの方法でお尋ね下さい。
備考  ①初回授業(イントロダクション)には必ず出席すること。
 ②演習科目なので、基本的に全回出席し、積極的に参加することが義務づけられます。

このページのトップ