文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 教育学演習1
日本大学ロゴ

教育学演習1

このページを印刷する

科目名 教育学演習1
教員名 北野秋男
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 教育学科
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 教育学についての理解を深めていくことを目的とするが、具体的なテーマは文献を調べて、基本的な教育学のレポートを作成することである。まずは、専門的な教育学辞典から「学力」の問題を選び、学力問題を多面的に見ることを習得する。次に、各自が個別のテーマにも続いて、文献を調べてレポートを作成する。
授業のねらい・到達目標 この授業では、「教育学基礎論/自主創造の基礎1・2」で学んだことを使いこなしながら、具体的な課題を調べ、考察し、考えるためのさまざまなスキルを身につけ、教育学についての理解を深めていく。次の項目について十分習得することが期待される。
 ディスカッションの仕方/統計データを批判的に読む読み方/メディア報道を批判的に読む/インターネット情報の引用ルール/インターネットでの本の買い方/文科省や教委のHPの活用法/英文HPの検索と閲覧/「国立国会図書館サーチ」(NDL Search)の活用法/CiNii及びJ-STAGEの利用/図書館間相互貸借(ILL)での文献入手/パラグラフ・ライティングの仕方など。

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP1,DP2,DP3,DP4及びカリキュラムポリシーCP1,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 上記の項目を習得するために、各自が本や資料を読んで、課題を見つける方法を理解する。見つけた課題を、さらに図書館やHPなどを使って自分で調べる。課題となる問題は、現在の教育学上の学力の問題について、各自が自分で調べることを目指す。一人、一つのトピックを選んで資料を基に報告する。
履修条件 必修なので、必ず出席すること。
授業計画
1ガイダンス、授業の内容・方法と評価の解説。「学力」を考える意味と視点。
【事前学習】学力に関する基本文献をリストアップする。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
2自己紹介、ゼミのリスト作り、幹事選出
【事前学習】学力論の視点や考え方を辞典をもとに、整理する。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
3プレゼンテーションの仕方(内容と態度)課題グループ(4グループ)の仮決定
【事前学習】プレゼンテーションの仕方、方法、意味、注意点など事前に調べる。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
4プレゼンテーションの仕方(レジュメ作成方法)、課題グループ(4グループ)の決定
【事前学習】レジュメの作成方法、内容、要点のまとめ方、文献表記など事前に予習すること。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
5トピック選びとアウトラインの作成
【事前学習】文章作成の基礎である「トピック選びとアウトラインの作成」に関する基本知識を予め予習すること。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
6学力問題の着眼点を考えて見よう
【事前学習】指定した文献をあらかじめ読んでおくこと。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
7学力問題の「統計データを批判的に読む読み方」を考えよう
【事前学習】指定した文献をあらかじめ読んでおくこと。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
8学力問題に関する「インターネット情報」の活用と引用ルールの理解(2名)
【事前学習】学力問題に関する「インターネット情報」を予め、3点、入手しておくこと。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
9学力問題に関する「文科省や教委のHPの活用法」/英文HPの検索と閲覧(学生報告2名))
【事前学習】学力問題に関する「文科省や教委のHP」から具体的な内容資料を得ておくこと。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
10学力問題に関する資料「国立国会図書館サーチ」(NDL Search)の活用法/CiNii及びJ-STAGEの利用
国立国会図書館の活用(学力に関する論文を移転入手し、コピーする)
【事前学習】国立国会図書館の情報検索サイトを活用して、予め文献を入手しておくこと。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
11日本大学文理学部図書館での実地研修(文献をいくつか調べ、入手する)
【事前学習】文理学部図書館の使い方、とりわけ、文献検索をマスターしておくこと。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること
12入手した資料をA41枚にまとめ報告する。グループごとに報告。(草稿)
【事前学習】入手した資料を報告できるようにまとめておくこと。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
13草稿レポートの提出(全員で確認し、添削し、修正作業を実施)
【事前学習】草稿レポートを作成すること。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること。
14課題への質問と面接
【事前学習】諮問内容を整理し、確認しておくこと。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること
15前期授業内容の総括と反省・完成レポートの提出
【事前学習】配布資料など確認し、授業の重要ポイントを競りしておくこと。
【事後学習】授業の要点と課題をノートにまとめること
その他
成績評価の方法及び基準 レポート(40%)、授業参画度(60%)
レポート、課題報告、授業内での発言や活動などを総合的に判断する。
オフィスアワー 授業開始前と終了後に行う.メールでの問い合わせも可能。kitano@chs.nihon-u.ac.jp
備考 kitano@chs.nihon-u.ac.jp

このページのトップ