文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 野外教育論(含実習)2
日本大学ロゴ

野外教育論(含実習)2

このページを印刷する

科目名 野外教育論(含実習)2
教員名 山口芳一
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 教育学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 自然を楽しみ、人と自然の共生について学ぶ(2)。パッケージプログラムの体験をし指導プログラムの企画指導を実践する。グループでプログラム案を作成し実習において指導体験を行います。NEALリーダーの認定試験を行い成績を判定します。
授業のねらい・到達目標 自然を利用した体験学習プログラム(自然体験活動)を通して、人間と自然のあり方を理解します。そして自然体験、キャンプ活動を通して野外教育指導者としての基本を学びます。
全国体験活動認定委員会認定自然体験活動リーダーの資格取得が目標です。希望者は公認資格が取得できます。

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP5及びカリキュラムポリシーCP4,CP5,CP7に対応しています。。
授業の方法 講義、グループ討議、企画会議・実習(冬季1泊2日)により授業を展開します。実習では全員が指導体験を行い、企画から振り返りまでの流れを体験します。
履修条件 野外教育論(含実習)1とセットで履修してください。2だけを履修しても実習時間が不足するためNEALリーダー資格の取得はできません
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明する)
2自然体験活動の特質2(自然と人とのつながりについて)学内にて実習を行いリアクションペーパーを提出する(事後)
3自然体験活動の特質3(日本の自然の特徴について) 学内にて実習を行いリアクションペーパーを提出する(事後)
4自然体験活動の特質4(生態系およびSDGsについて)環境教育について事前学習を発表する
5自然体験活動の安全管理 学内の活動で潜在的な危険をまとめて発表する
6自然体験の将来像を、自己の活動にどう生かすかを考え発表する
7自然体験活動の企画・運営 企画の基本を学び指導実習に生かす為グループディスカッションを行いまとめて発表する
8自然体験活動の技術2(ネイチャーゲーム) 学内にて実習を行いリアクションペーパーを提出する(事後)
9自然体験活動の技術3(プロジェクトワイルド) 学内にて実習を行いリアクションペーパーを提出する(事後)
10自然体験活動の技術4(プロジェクトウェット) 学内にて実習を行いリアクションペーパーを提出する(事後)
11自然体験活動の企画 少人数グループを形成し指導案を作成する。内容のチェックをする
12自然体験活動の指導2(プログラム企画)  少人数グループを形成し指導案を作成する。内容をグループごとに提出し評価をする
13自然体験活動の指導3(プログラム企画・指導)
14自然体験活動の指導4(プログラム指導)
15これまでの復讐開設を行い授業の理解を深める。・NEALリーダー資格取得のため試験
得点をベースに後期授業の理解度を図り、スピーチ、レポート提出を加算し評価する
その他
教科書 桜井義維英 『小さな組織の「番頭」論』 みくに出版 2018年 第初版
組織に於けるリーダーのあり方を実体験をもとに綴った著書
参考書 その都度提示します。
成績評価の方法及び基準 レポート(10%)、授業参画度(60%)、指導体験実習(30%)
授業参画度はリアクションペーパー、スピーチ等で評価します 
スピーチの回数や内容を評価に加算します
1回のスピーチで1から5点を与える
レポートは4回(実習を含める)各1点~5点を与える
実習は出席することが必修
オフィスアワー 授業内でE-mailアドレスを伝えるので、そちらに連絡のこと。授業日に学内にて面談する。時間、場所等は事前に相談に応じる。
備考 授業には、ガイダンスにて説明される社会人としてのマナーに基き臨んでいただきます。
なお、前期科目「野外教育論1」を受講(単位取得)していない者は履修できません。

このページのトップ