文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 発達と認知
日本大学ロゴ

発達と認知

このページを印刷する

科目名 発達と認知
教員名 富田純喜
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 教育学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 発達と認知に関する心理学・認知科学の理論を解説し、それらと教育との関連について講義する。
授業のねらい・到達目標 ①発達と認知の理論や実践的研究の成果を理解するとともに、教育に与える影響や課題について説明できる。
②発達や学習を他者や環境、文化などとの関係において説明できる。
③発達や学習が生起する社会的枠組みについて説明できる。

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP6及びカリキュラムポリシーCP6,CP7,CP8に対応しています。
授業の方法 講義とディスカッション、課題(コメントシートの作成など)で構成する。講義が中心となるが、受動的な態度を歓迎するものではない。自ら考える姿勢をもって受講することが望まれる。
授業計画
1現代社会と発達・学習
【事前学習】
シラバスを事前に確認する。
【事後学習】
第2回以降の授業に備え、関連する文献に目を通す。
2個人的発達と関係的発達
【事前学習】
配布資料を読み、わからない言葉を調べるなどして概要を理解する。
【事後学習】
授業内容を整理するとともに、関連文献を読んで理解を深める。
3発達と知能
【事前学習】
配布資料を読み、わからない言葉を調べるなどして概要を理解する。
【事後学習】
授業内容を整理するとともに、関連文献を読んで理解を深める。
4発達と知的環境・学習意欲
【事前学習】
配布資料を読み、わからない言葉を調べるなどして概要を理解する。
【事後学習】
授業内容を整理するとともに、関連文献を読んで理解を深める。
5認知発達論と発達研究
【事前学習】
配布資料を読み、わからない言葉を調べるなどして概要を理解する。
【事後学習】
授業内容を整理するとともに、関連文献を読んで理解を深める。
6文化的営みとしての発達
【事前学習】
配布資料を読み、わからない言葉を調べるなどして概要を理解する。
【事後学習】
授業内容を整理するとともに、関連文献を読んで理解を深める。
7生涯発達と教育
【事前学習】
配布資料を読み、わからない言葉を調べるなどして概要を理解する。
【事後学習】
授業内容を整理するとともに、関連文献を読んで理解を深める。
8学習と認知システム
【事前学習】
配布資料を読み、わからない言葉を調べるなどして概要を理解する。
【事後学習】
授業内容を整理するとともに、関連文献を読んで理解を深める。
9学習におけるプラント状況的行為
【事前学習】
配布資料を読み、わからない言葉を調べるなどして概要を理解する。
【事後学習】
授業内容を整理するとともに、関連文献を読んで理解を深める。
10学習における道具とコンテキスト
【事前学習】
配布資料を読み、わからない言葉を調べるなどして概要を理解する。
【事後学習】
授業内容を整理するとともに、関連文献を読んで理解を深める。
11コミュニティの相互的構成と学習
【事前学習】
配布資料を読み、わからない言葉を調べるなどして概要を理解する。
【事後学習】
授業内容を整理するとともに、関連文献を読んで理解を深める。
12社会構造と組織化された学習の可視化
【事前学習】
配布資料を読み、わからない言葉を調べるなどして概要を理解する。
【事後学習】
授業内容を整理するとともに、関連文献を読んで理解を深める。
13実践に埋め込まれた学習
【事前学習】
配布資料を読み、わからない言葉を調べるなどして概要を理解する。
【事後学習】
授業内容を整理するとともに、関連文献を読んで理解を深める。
14共生社会と発達・学習
【事前学習】
配布資料を読み、わからない言葉を調べるなどして概要を理解する。
【事後学習】
授業内容を整理するとともに、関連文献を読んで理解を深める。
15まとめ(これまでの復習・解説を行い授業の理解を深める)
【事前学習】
第2~14回の内容を復習する。
【事後学習】
授業内容を整理するとともに、関連文献を読んで理解を深める。
その他
教科書 なし
参考書 永野重史 『発達とはなにか』 東京大学出版会 2001年
上野直樹 『仕事の中での学習――状況論的アプローチ』 東京大学出版会 1999年
浜田寿美男 『子ども学序説――変わる子ども、変わらぬ子ども』 岩波書店 2009年
成績評価の方法及び基準 レポート(70%)、授業参画度(30%)
レポートの評価の詳細は授業内で示す。
授業参画度は、課題(コメントシートなど)で評価する。
オフィスアワー 授業終了後(本館2F講師室)
日時の希望がある場合は、事前にアポイントメントをとること。

このページのトップ