文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > メディアリテラシー論
日本大学ロゴ

メディアリテラシー論

このページを印刷する

科目名 メディアリテラシー論
教員名 中橋雄
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 教育学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 現代社会において、メディアについて学ぶメディア・リテラシー教育の重要性が増している。メディア・リテラシーは、メディアを介した社会的なコミュニケーションの能力で、メディアを主体的に読み解く力や、メディアを用いて表現し、対話やコミュニケーションを生み出していく力などが含まれる複合的な能力である。本講義では、望ましいメディア社会を形成する上で欠かすことのできないメディア・リテラシーについて、理論的な理解を深めるとともに、こうした力を育む取り組みについて事例をもとに検討する。
授業のねらい・到達目標 ・メディア・リテラシーの概念を説明できる。
・自らのメディア・リテラシーを高めることができる。
・メディア・リテラシー教育の方法を提案することができる。

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP1,DP2,DP3,DP4,DP5及びカリキュラムポリシーCP3,CP5,CP7,CP8に対応しています。
授業の方法 本授業の事前・事後学習は、各2時間の学習を目安とする。

基本的には講義形式で授業を進めるが、グループワークを行うことがある。また、学内共通LMS(学習管理システム)の Blackboardを利用する。毎回、授業中に課題を提出してもらい、それに基づき成績評価を行う。授業の理解が深まるので、指定した教科書に目を通しておくこと。授業時の課題について授業時間外にも情報収集・整理、考察、制作を通じて理解を深めること。授業に積極的に参加しない受講生は、単位を取得することができない。また、よい環境で授業を受けたいと思っている受講生のために、授業中は、以下のようなルールで教室の秩序を保つこととする。
・20分以上の遅刻は、理由がない限り入室を認めない。
・私語をしている人は退出してもらう。
・授業と関係のないことをしている人は退出してもらう。
・寝ている人は起こしにいく。
履修条件 なし
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明する)
【事前学習】シラバスを事前に確認すること。
【事後学習】この授業で自分をどのように成長させたいかノートに書くこと。
2現代社会におけるメディアと人間との関わり
【事前学習】教科書の第1章を読み、疑問点をまとめてくること。
【事後学習】教科書の第1章と講義を振り返り、参考図書を読むこと。
3メディア・リテラシーとは何か
【事前学習】教科書の第2章を読み、疑問点をまとめてくること。
【事後学習】教科書の第2章と講義を振り返り、参考図書を読むこと。
4メディアの何を学ぶのか
【事前学習】教科書の第3章を読み、疑問点をまとめてくること。
【事後学習】教科書の第3章と講義を振り返り、参考図書を読むこと。
5メディアを使いこなす能力とは?
【事前学習】教科書の第4章を読み、疑問点をまとめてくること。
【事後学習】教科書の第4章と講義を振り返り、参考図書を読むこと。
6イギリスのメディア教育
【事前学習】教科書の第5章を読み、疑問点をまとめてくること。
【事後学習】教科書の第5章と講義を振り返り、参考図書を読むこと。
7カナダのメディア教育
【事前学習】教科書の第5章を読み、疑問点をまとめてくること。
【事後学習】教科書の第5章と講義を振り返り、参考図書を読むこと。
8日本のメディア教育
【事前学習】教科書の第5章を読み、疑問点をまとめてくること。
【事後学習】教科書の第5章と講義を振り返り、参考図書を読むこと。
9日本におけるメディア・リテラシーの研究
【事前学習】教科書の第6章を読み、疑問点をまとめてくること。
【事後学習】教科書の第6章と講義を振り返り、参考図書を読むこと。
10子どもを取り巻くメディア環境
【事前学習】教科書の第7章を読み、疑問点をまとめてくること。
【事後学習】教科書の第7章と講義を振り返り、参考図書を読むこと。
11メディア・リテラシーと情報活用能力
【事前学習】教科書の第8章を読み、疑問点をまとめてくること。
【事後学習】教科書の第8章と講義を振り返り、参考図書を読むこと。
12学力とメディア・リテラシー
【事前学習】教科書の第9章を読み、疑問点をまとめてくること。
【事後学習】教科書の第9章と講義を振り返り、参考図書を読むこと。
13メディア教育用教材の開発
【事前学習】教科書の第10章を読み、疑問点をまとめてくること。
【事後学習】教科書の第10章と講義を振り返り、参考図書を読むこと。
14メディアを評価する
【事前学習】送り手の意図について考えるために、自ら「電車内広告」をデザイン・制作してくること。
【事後学習】他者の制作物と自分の制作物を比較して考えたことをノートにまとめること。
15メディア・リテラシー論
【事前学習】第1回から第14回までの講義内容を踏まえ自分なりのメディア・リテラシー論をBlackboardに記入すること。
【事後学習】他の学習者から得られた学びをBlackboardに記入すること。
その他
教科書 中橋 雄 『メディア・リテラシー論 ソーシャルメディア時代のメディア教育』 北樹出版 2014年
なし
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(80%)、授業参画度(20%)
・授業内テストは、毎回の授業内で示す課題に対して提出された回答の内容により評価する。
・授業参加度は、授業内での発表の内容により評価する。
オフィスアワー 講師室前の相談ブースにて、授業前後の時間帯に面談可能。事前にメールで予約すること。nakahashi.yu★nifty.ne.jp(★を@に変えて送信すること)

このページのトップ