文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 比較教育論
日本大学ロゴ

比較教育論

このページを印刷する

科目名 比較教育論
教員名 間篠剛留
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
(他学部生相互履修可)
科目群 教育学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 本授業のテーマは、比較教育学の理論、方法及び歴史を概観するとともに、現状と課題について学ぶことである。比較教育学と聞くと、優れた外国の事例を日本に適用することをイメージする人も多いかもしれない。しかしながら、比較教育学は単なる外国の教育紹介から脱却することを課題として発展してきたのであり、単なる輸入にとどまらない。また、外国の教育について学ぶことで、これまで疑いなく受けいれてきた日本の教育について批判的に検討するための視点を獲得することも可能だろう。本授業ではまず、比較教育学の理論、方法及び歴史を概観する。続いて比較教育学のいくつかの代表的な研究成果について学び、理論、方法及び歴史の理解を深める。さらに比較教育学の現代的な課題について学ぶ。
授業のねらい・到達目標 比較教育学研究の基本的な考え方について理解することをねらいとする。本授業の到達目標は、具体的な比較教育学研究の成果をとりあげながら、比較教育学における「比較」の意味について自分なりに論ずることができるようになることである。

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP1,DP2,DP3,DP4及びカリキュラムポリシーCP3,CP7,CP8に対応しています。
授業の方法 講義が中心となるが、一方向的な講義だけで授業が終わるのではなく、学生同士や学生と教員の議論も取り入れる。また、毎回の授業で小レポートを課し、面白い意見等はクラス全体で共有する。
授業計画
1教育における「比較」の意味を考える
【事前学習】シラバスに目を通す
【事後学習】事後レポートの作成
2比較教育学の歴史と理論
【事前学習】第2回予習レポート(様式はBlackboardからダウンロードしてとりくみ、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
3人間形成の日米比較
【事前学習】第3回予習レポート(様式はBlackboardからダウンロードしてとりくみ、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
4教員の待遇の国際比較
【事前学習】第4回予習レポート(様式はBlackboardからダウンロードしてとりくみ、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
5教員養成の国際比較
【事前学習】第5回予習レポート(様式はBlackboardからダウンロードしてとりくみ、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
6国際的な学力調査
【事前学習】第6回予習レポート(様式はBlackboardからダウンロードしてとりくみ、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
7新自由主義教育改革
【事前学習】第7回予習レポート(様式はBlackboardからダウンロードしてとりくみ、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
8教育と格差
【事前学習】第8回予習レポート(様式はBlackboardからダウンロードしてとりくみ、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
9不登校・不就学
【事前学習】第9回予習レポート(様式はBlackboardからダウンロードしてとりくみ、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
10学生によるグループ発表1
【事前学習】発表グループの指定した予習内容
【事後学習】事後レポート
11学生によるグループ発表2
【事前学習】発表グループの指定した予習内容
【事後学習】事後レポート
12学生によるグループ発表3
【事前学習】発表グループの指定した予習内容
【事後学習】事後レポート
13学生によるグループ発表4
【事前学習】発表グループの指定した予習内容
【事後学習】事後レポート
14比較教育学研究の現在、授業内試験
【事前学習】授業内試験に向けた準備
【事後学習】事後レポート
15改めて教育における「比較」の意味を考える
【事前学習】グループ発表と授業内試験の復習
【事後学習】授業内容全体の復習
その他
教科書 なし。
参考書 馬越徹 『比較教育学 ―越境のレッスン―』 東信堂 2007年
その他授業中に適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 試験(30%)、毎回の小レポート(35%)、研究発表(またはレポート)(35%)
4人程度のグループで研究発表を行うが、履修者が多かった場合には、3000字程度のレポートで代替する。
オフィスアワー 水曜日4時限 間篠研究室
備考 初回の授業で学生の関心を確認する。学生の関心に応じて、授業内容を修正する場合がある。その場合、第2回授業で修正した授業内容について全体で検討を行う。
また、学生のグループ発表を組み込んでいるため、履修人数によって授業の計画が変更となる場合がある。

このページのトップ