文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 特別活動論
日本大学ロゴ

特別活動論

このページを印刷する

科目名 特別活動論
教員名 望月由起
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 教育学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 特別活動・総合的な学習の時間の意義、目標及び主な内容を理解し、その充実や学校内外の組織的取組に必要な基礎的知識を身につける。その上で、事例等を通して、現状の課題を発見し対応を検討する。
教員対象の研修等の担当経験をもとに、学校教育現場での実状も取り入れる。
授業のねらい・到達目標 ・学習指導要領における特別活動、総合的な学習の時間の目標及び主な内容を理解している。
・特別活動、総合的な学習の時間と各教科等の関連を理解している。
・特別活動、総合的な学習の時間の計画・評価の重要性を理解している。
・特別活動、総合的な学習の時間における家庭・地域住民や関係機関との連携の在り方を理解している。
・学級活動・ホームルーム活動、生徒会活動、学校行事等の特質を理解している。
・主体的・対話的で深い学び、探究的な学習を実現するような、総合的な学習の時間の具体的な手立てを理解している。

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP1,DP3,DP4及びカリキュラムポリシーCP3,CP7に対応しています。
授業の方法 特別活動、総合的な学習の時間の目標や方法について理解を深め、児童・生徒への基本的な支援を実践的に行うことができるよう、教科書や事例等を使用しながら講義を行うとともに、受講者による発表(グループ発表)や意見交換も積極的に取り入れる。
※受講者の理解を確認するために授業内テストを実施し、状況に応じて授業計画を変更する。
※事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とする。
履修条件 教室定員等と照らし合わせた上で受講調整を行う可能性がある。
その場合には、初回授業に参加している学生を対象に、上の学年の学生を優先する(初回授業を公欠する場合には、事前に申し出ること)。
授業計画
1オリエンテーション(授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明。必要に応じて受講調整を行う)
学習指導要領における特別活動
【事前学習】教科書の該当章を読み、疑問点を記録する。
【事後学習】理解が不十分な点を教員に確認する。
2学級活動・ホームルーム活動の特質
【事前学習】教科書の該当章を読み、疑問点を記録する。
【事後学習】理解が不十分な点を教員に確認する。
3生徒会活動、部活動の特質
【事前学習】教科書の該当章を読み、疑問点を記録する。
【事後学習】理解が不十分な点を教員に確認する。
4学校行事の特質
【事前学習】教科書の該当章を読み、疑問点を記録する。
【事後学習】理解が不十分な点を教員に確認する。
5特別活動の指導計画と評価
【事前学習】教科書の該当章を読み、疑問点を記録する。
【事後学習】理解が不十分な点を教員に確認する。
6学習指導要領における総合的な学習の時間
【事前学習】教科書の該当章を読み、疑問点を記録する。
【事後学習】理解が不十分な点を教員に確認する。
7育成を目指す資質・能力
【事前学習】教科書の該当章を読み、疑問点を記録する。
【事後学習】理解が不十分な点を教員に確認する。
8探究課題の解決
【事前学習】教科書の該当章を読み、疑問点を記録する。
【事後学習】理解が不十分な点を教員に確認する。
9総合的な学習の時間の指導計画と評価
【事前学習】教科書の該当章を読み、疑問点を記録する。
【事後学習】理解が不十分な点を教員に確認する。
10総合的な学習の時間の指導内容
【事前学習】教科書の該当章を読み、疑問点を記録する。
【事後学習】理解が不十分な点を教員に確認する。
11特別活動・総合的な学習の時間の現状
【事前学習】教科書の該当章を読み、疑問点を記録する。
【事後学習】理解が不十分な点を教員に確認する。
12特別活動・総合的な学習の時間の事例(教科横断型)
【事前学習】自身の経験を省察する。
【事後学習】理解が不十分な点を教員に確認する。
13特別活動・総合的な学習の時間の事例(集団活動を通した合意形成型)
【事前学習】自身の経験を省察する。
【事後学習】理解が不十分な点を教員に確認する。
14特別活動・総合的な学習の時間の事例(家庭・地域との連携型)
【事前学習】自身の経験を省察する。
【事後学習】理解が不十分な点を教員に確認する。
15まとめ(これまでの復習を行い、授業の理解を深める)
【事前学習】これまでの授業内容で理解が不十分な点を挙げる。
【事後学習】授業で学んだことなどをレポートにまとめる。
その他
教科書 関川 悦雄、今泉 朝雄 『特別活動・総合的学習の理論と指導法 (Next教科書シリーズ)』 弘文堂 2019年
ほか、適宜資料を配付する。
参考書 藤田晃之 『新学習指導要領の展開-特別活動編-』 明治図書 2017年
田村学 『新学習指導要領の展開-総合的な学習編-』 明治図書 2017年
「中学校学習指導要領解説 特別活動編、総合的な学習の時間編」にも目を通しておくことが望ましい。
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業内テスト(30%)、授業参画度(20%)、発表(グループ発表)(20%)
レポートは、第14回までに「最終レポート」として提出すること。
授業参画度は、リアクションペーパー等で評価する。
授業内テストについては、第10回前後に実施予定。
詳細は初回授業時に説明する。
オフィスアワー 授業終了時(授業教室または研究室にて)
原則、アポイントメント不要。

このページのトップ