文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 高等教育論
日本大学ロゴ

高等教育論

このページを印刷する

科目名 高等教育論
教員名 間篠剛留
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
(他学部生相互履修可)
科目群 教育学科
学期 前期 履修区分 選択
授業概要 本授業のテーマは、現代日本の高等教育に関する課題について、他国との比較や歴史的に遡ることを通して、検討することである。日本では1990年代以降、大学改革が急速に進められてきた。受講生の多くは、その結果としてある現在の大学の姿を当然のものとして受け止めているかもしれないが、その大学像は普遍的なものではない。現代日本の高等教育は様々な課題を抱えており、「大学とは何か、どうあるべきか」という議論は今も盛んにおこなわれている。本授業ではまず、そうした様々な課題の概要について学ぶ。そのうえで、その課題を検討するための歴史的なことがらや海外の事例、代表的な大学論などについて学んでいく。
また、本科目は担当者がある私立大学の高等教育研究所で大学改革の実務を担った経験から、近年の大学改革の実情に関する解説も行う。
授業のねらい・到達目標 現代日本の高等教育に関する課題について、歴史的・制度的な観点から議論を行う基礎を身につけることをねらいとする。本授業の到達目標は、①高等教育や大学に関する現代的な課題のいくつかについてその概要を説明できるようになること、および、②歴史的なことがらや海外の事例、代表的な大学論・高等教育論を参照しながら、現代日本の大学(改革)について自らの考えを述べることができるようになること、の2点である。

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP1,DP3,DP4及びカリキュラムポリシーCP3,CP7に対応しています。
授業の方法 講義が中心となるが、一方向的な講義だけで授業が終わるのではなく、学生同士や学生と教員の議論も取り入れる。また、毎回の授業で小レポートを課し、面白い意見等は次回の授業においてクラス全体で共有する。
授業計画
1オリエンテーション、大学・高等教育の諸問題
【事前学習】シラバスに目を通す
【事後学習】事後レポート
2大学での学びとアクティブラーニング
【事前学習】第2回予習レポート(書式はBlackboardからダウンロードして取り組み、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
3教養教育
【事前学習】第3回予習レポート(書式はBlackboardからダウンロードして取り組み、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
4経験の統合性とラーニング・コミュニティ
【事前学習】第4回予習レポート(書式はBlackboardからダウンロードして取り組み、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
5大学教授職の使命
【事前学習】第5回予習レポート(書式はBlackboardからダウンロードして取り組み、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
6アメリカ高等教育史1 アカデミック・レボリューション
【事前学習】第6回予習レポート(書式はBlackboardからダウンロードして取り組み、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
7アメリカ高等教育史2 学生消費者主義
【事前学習】第7回予習レポート(書式はBlackboardからダウンロードして取り組み、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
8アメリカ高等教育史3 from teaching to learning
【事前学習】第8回予習レポート(書式はBlackboardからダウンロードして取り組み、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
9初年次教育
【事前学習】第9回予習レポート(書式はBlackboardからダウンロードして取り組み、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
10大学の私事化
【事前学習】第10回予習レポート(書式はBlackboardからダウンロードして取り組み、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
11サービスラーニング
【事前学習】第11回予習レポート(書式はBlackboardからダウンロードして取り組み、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
12大学と教員養成
【事前学習】第12回予習レポート(書式はBlackboardからダウンロードして取り組み、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
13大学の大衆化と大学紛争
【事前学習】第13回予習レポート(書式はBlackboardからダウンロードして取り組み、印刷して持参)
【事後学習】事後レポート
14授業内試験と回答の相互討論
【事前学習】授業内試験の準備
【事後学習】授業内試験の復習
15まとめ―大学・高等教育の再検討―
【事前学習】授業内試験の復習
【事後学習】授業内容全体の復習
その他
教科書 なし。
参考書 吉見俊哉  『大学とは何か』 岩波書店  2011年
その他授業中に適宜提示する。
成績評価の方法及び基準 試験(30%)、毎回の小レポート(35%)、研究発表(またはレポート)(35%)
第9回~第14回は学生による研究発表を行う。全員が研究発表を行うことができないほど履修人数が多かった場合、レポートで代替する。
オフィスアワー 水曜日4時限 間篠研究室

このページのトップ