文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 中等教育論
日本大学ロゴ

中等教育論

このページを印刷する

科目名 中等教育論
教員名 望月由起
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 教育学科
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 現代の日本社会における学校、特に中学校・高等学校の教育的課題について、社会や家庭との繋がりも意識しながら、複眼的な視点に基づき検討する。
中学校・高等学校教員対象の研修等の担当経験をもとに、学校教育現場での実状をふまえた内容を中心に取り入れる。
授業のねらい・到達目標 ・現代の日本社会における「学校」がもつ機能について説明できる。
・中学校・高等学校の教師の役割について、他の学校種等との相違を説明できる。
・新学習指導要領をふまえ、中学校・高等学校の各教科等の展望を説明できる。
・中学校・高等学校の機能について、社会や家庭との繋がりを意識しながら説明できる。

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP1,DP2,DP3,DP4及びカリキュラムポリシーCP3,CP7に対応しています。
授業の方法 教科書や映像教材等を使用しながら講義を行うとともに、受講生によるグループ発表や意見交換も積極的に取り入れる。
次回授業時への導線(疑問点の共有・解消含め)とするので、リアクションペーパーの提出を頻繁に求める。
※受講者の理解を確認するために授業内テストを実施し、状況に応じて授業計画を変更する。
※事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とする。
履修条件 教室定員等と照らし合わせた上で受講調整を行う可能性がある。
その場合には、初回授業に参加している学生を対象に、上の学年の学生を優先する(初回授業を公欠する場合には、事前に申し出ること)。
授業計画
1オリエンテーション(授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明。必要に応じて受講調整を行う)
[事前学習]シラバスを事前に確認すること。
[事後学習]第2回以降の授業に備え、「学校」の課題に関する情報を収集する。
2学校とは何か
[事前学習]自身の「学校」経験を省察する。授業で論点としたい点があれば、記録をする。
[事後学習]理解が不十分な点、疑問が生じた点などがあれば、自身が納得できるまで教員や他の受講生に確認する。
3学校の歴史
[事前学習]テーマについて、授業で論点としたい点があれば記録をする。
[事後学習]理解が不十分な点、疑問が生じた点などがあれば、自身が納得できるまで教員や他の受講生に確認する。
4社会の中の学校
[事前学習]テーマについて、授業で論点としたい点があれば記録をする。
[事後学習]理解が不十分な点、疑問が生じた点などがあれば、自身が納得できるまで教員や他の受講生に確認する。
5中学校の現代的な課題
[事前学習]テーマについて、自身の経験を省察しながら、授業で論点としたい点があれば記録をする。
[事後学習]理解が不十分な点、疑問が生じた点などがあれば、自身が納得できるまで教員や他の受講生に確認する。
6高等学校の現代的な課題
[事前学習]テーマについて、自身の経験を省察しながら、授業で論点としたい点があれば記録をする。
[事後学習]理解が不十分な点、疑問が生じた点などがあれば、自身が納得できるまで教員や他の受講生に確認する。
7小学校の教師
[事前学習]自身が関わった「教師」について振り返る。
[事後学習]理解が不十分な点、疑問が生じた点などがあれば、自身が納得できるまで教員や他の受講生に確認する。
8学習塾の教師
[事前学習]自身が関わった「教師」について振り返る。
[事後学習]理解が不十分な点、疑問が生じた点などがあれば、自身が納得できるまで教員や他の受講生に確認する。
9中学校・高等学校の教師
[事前学習]自身が関わった「教師」について振り返る。
[事後学習]理解が不十分な点、疑問が生じた点などがあれば、自身が納得できるまで教員や他の受講生に確認する。
10学習指導要領の改訂と各教科等の展望
[事前学習]学習指導要領を通読し、授業で確認したい点があれば記録する。
[事後学習]理解が不十分な点、疑問が生じた点などがあれば、自身が納得できるまで教員や他の受講生に確認する。
11これまでの理解の確認(小テスト)、次回以降の発表準備
[事前学習]これまでの内容を復習する。発表準備が滞っている点をグループ内で確認する。
[事後学習]これまでの資料等を参考にしながら、小テストの解答を作成する。発表準備を進める。
12発表・議論:中学校・高等学校の機能(他校種との連携事例)
[事前学習]担当者は発表準備を進める。担当者以外は、テーマに関連する情報を収集する。
[事後学習]理解が不十分な点、疑問が生じた点などがあれば、自身が納得できるまで発表担当者や教員に確認する。
13発表・議論:中学校・高等学校の機能(地域社会との連携事例)
[事前学習]担当者は発表準備を進める。担当者以外は、テーマに関連する情報を収集する。
[事後学習]理解が不十分な点、疑問が生じた点などがあれば、自身が納得できるまで発表担当者や教員に確認する。
14発表・議論:中学校・高等学校の機能(家庭との連携事例)
[事前学習]担当者は発表準備を進める。担当者以外は、テーマに関連する情報を収集する。
[事後学習]理解が不十分な点、疑問が生じた点などがあれば、自身が納得できるまで発表担当者や教員に確認する。
15これまでの復習・解説を行い授業の理解を深める
[事前学習]これまでの内容で、理解が不十分な点がないか振り返る。
[事後学習]学習した内容を総整理する。
その他
教科書 適宜、教員や発表担当者が資料を配布する。
参考書 適宜、提示する。
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業内テスト(30%)、授業参画度(20%)、発表(グループ発表)(20%)
レポートは、第14回までに「最終レポート」として提出すること。
授業参画度は、リアクションペーパー等で評価する。
授業内テストについては、授業計画を参照のこと。
詳細は初回授業時に説明する。
オフィスアワー 授業終了時(授業教室または研究室にて)。
原則、アポイントメント不要。

このページのトップ