文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 教育人間学
日本大学ロゴ

教育人間学

このページを印刷する

科目名 教育人間学
教員名 下司晶
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 教育学科
学期 前期 履修区分 選択
授業概要 人間の「成長・発達」を「臨床」の観点から理解する
授業のねらい・到達目標 教育学は、「教え・学ぶ」ことを研究の主題としますが、教育人間学は、より広い意味で「人間の成長・発達」を読み解く学問です。
「臨床の知」を学び、人間の成長・発達に関する理解を深めることができるようになります。
授業が終了する頃には、教育や子どもの発達についてより深く理解できるだけでなく、映画やドラマ、マンガやアニメなども、「深読み」が出来るようになっているでしょう。

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP5及びカリキュラムポリシーCP5,CP7,CP8に対応しています。
授業の方法 講義を中心に、学生によるディスカッションやプレゼンテーションなどの形式を取り入れます。
また、視聴覚資料なども活用していく予定です。
授業計画
1イントロダクション ―― 教育人間学・入門
【事前学習】シラバスを読む。
【事後学習】配付資料(『教育人間学のために』)を読む。
2「発達」とは何か?(1) ―― 個人と社会/子どもと大人
【事前学習】配付資料(『教育人間学のために』)を読む。
【事後学習】配付資料(『教育人間学のために』)を読む。
3「発達」とは何か?(2) ―― 個体主義(ピアジェ)と関係主義(ワロン)
【事前学習】配付資料(『発達心理学再考のための序説』)を読む。
【事後学習】配付資料(『発達心理学再考のための序説』)を読む。
4「臨床」とは何か? (1) ――「患者」とは誰か
【事前学習】『臨床の知とは何か』を読む。
【事後学習】『臨床の知とは何か』、配付資料を読む。
5「臨床」とは何か? (2) ――『臨床の知とは何か』
【事前学習】『臨床の知とは何か』、配付資料を読む。
【事後学習】『臨床の知とは何か』、配付資料を読む。
6デカルト的世界観とハイデガー的世界観
【事前学習】『臨床の知とは何か』を読む。
【事後学習】配付資料を読む。
7トラウマとPTSD
【事前学習】『フロイト思想のキーワード』を読む。
【事後学習】配付資料(『DSM-5』)を読む。
8フロイト(1) ―― 心の構造
【事前学習】『フロイト思想のキーワード』を読む。
【事後学習】『フロイト思想のキーワード』の授業で指定する箇所、配付資料を読む。
9フロイト (2) ―― エディプス・コンプレックス
【事前学習】『フロイト思想のキーワード』を読む。
【事後学習】『フロイト思想のキーワード』の授業で指定する箇所、『母は娘の人生を支配する』、配付資料を読む。
10アドラー ―― 劣等コンプレックスと人生のスタイル
【事前学習】 『フロイト思想のキーワード』『ユング心理学入門』のうちアドラーに関する箇所を読む。
【事後学習】 配付資料(『アドラー心理学入門』)を読む。
11ユング ―― 個人的無意識と集合的無意識
【事前学習】『ユング心理学入門』を読む。
【事後学習】『ユング心理学入門』、配付資料を読む。
12ボウルビィ ―― 母子関係
【事前学習】『母は娘の人生を支配する』を読む。
【事後学習】配付資料(『母性愛神話の罠』)を読む。
13エリクソン ―― アイデンティティとモラトリアム
【事前学習】『フロイト思想のキーワード』からアイデンティティに関する箇所を読む。
【事後学習】配付資料(『モラトリアム人間の時代』、『拡散』)を読む。
14複数の視点から読み解く
【事前学習】『フロイト思想のキーワード』『ユング心理学入門』を読む。
【事後学習】レポートの作成。
15教育人間学的思考の試運転
【事前学習】レポートを作成する。
【事後学習】レポートの振り返り。
その他
教科書 ①中村雄二郎 『臨床の知とは何か (岩波新書)』 岩波書店 1992年
②小此木啓吾 『フロイト思想のキーワード (講談社現代新書)』 講談社 2002年
③河合隼雄著/河合俊雄編 『ユング心理学入門―“心理療法”コレクション〈1〉 (岩波現代文庫)』 岩波書店 2009年
④下司 晶(編) 『「甘え」と「自律」の教育学―ケア・道徳・関係性』 世織書房 2015年
③は培風館版でもよい。
参考書 ①中村雄二郎 『術語集 ―気になることば (岩波新書)』 岩波書店 1984年
②鈴木晶 『フロイトからユングへ ――無意識の世界 (NHKライブラリー)』 日本放送出版協会 1999年
③斉藤環 『母は娘の人生を支配する なぜ「母殺し」は難しいのか (NHKブックス)』 NHK出版  2008年
教科書①が難しい場合は、参考書①を読むこと。
教科書②③が難しい場合は、参考書②を読むこと。
その他、適時、提示します。毎回の配布資料にブックガイドをつけますので、ぜひ読んで下さい。
成績評価の方法及び基準 レポート(70%)、授業期間内に実施するミニレポート(30%)
 4回以上欠席した場合、いずれかの評価が最低基準に満たない場合、単位修得が認められない場合がります。
オフィスアワー 木曜3限に研究室を訪問して下さい。
メールや教育学研究室への伝言等で事前に連絡しておくと確実です。
授業内容への質問はリアクションペーパー、授業終了後に直接聞く、電子メールなどの方法でお尋ね下さい。
備考  ①初回授業(イントロダクション)には必ず出席すること。
 ②毎回感想などを記入してもらいます。記述内容は授業中に公表することもあります。
 ③公欠等の条件は授業初回で提示します。

このページのトップ