文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 自主創造の基礎2
日本大学ロゴ

自主創造の基礎2

このページを印刷する

科目名 自主創造の基礎2
教員名 小野雅章
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 教育学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 大学における「学び」を理解する
授業のねらい・到達目標 この授業では、初年次導入教育として、“自主創造型パーソン”としての資質を身につけ、「日本大学の歴史」を学ぶとともに、教育学を体系的に学んでいくための基礎を習得することをめざす。次の項目について十分習得することが期待される。
 大学の授業と高校の授業の違い/大学生の生活と学業の関係/ノートの取り方/論述式の試験問題への答え方/レジュメの書き方(形式や工夫)/小論文・レポートの書き方/文献の引用ルールや註の付け方/剽窃や盗用の問題性/図書館の図書利用の仕方/図書館の図書の分類/図書館での端末利用の仕方/日大文理のOPACの利用法

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP1,DP3,DP4及びカリキュラムポリシーCP1,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 講義に加え、履修者による書く、読む、調べる、話し合う、まとめる、発表するといったさまざまな活動を通じて、大学で主体的に学ぶための基礎的な知識、技術を身につける。なお、学科企画の合同ゼミ発表会等に参加する場合がある。
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明する)
〔事前学習〕シラバスを読み授業の概要を把握しておく
〔事後学習〕配布資料により授業の内容の詳細を理解しておく
2自主創造の基礎Ⅰを振り返る
〔事前学習〕自主創造の基礎1の内容を復習しておく
〔事後学習〕教育学の中から脅威を持つ領域の概要を知っておく
3「問い」をたてる(図書館などを用いて教育に関するテーマを探す)
〔事前学習〕図書館・インターネットなどで現代の教育課題について調べておく
〔事後指導〕授業中に出された課題を作成する
4「問い」を具体化する
〔事前指導〕各自が興味を持った教育問題に関する文献三点を用意しておく
〔事後学習〕授業中に出された課題を作成する
5各自の「問い」を発表する(グループで検討する)
〔事前学習〕各自が収集した文献三点の概要をメモしてくる
〔事後学習〕授業中に出された課題を作成する
6発表要旨の作り方1(レジュメの種類と作り方)
〔事前学習〕予め配布した資料を熟読してくる
〔事後学習〕授業中に出された課題を作成する
7発表要旨の作り方2(レジュメを使って発表をしてみる)
〔事前学習〕予め配布した資料を熟読してくる
〔事後学習〕授業中に出された課題を作成する
8小論文の作り方1(引用の方法を理解する)
〔事前学習〕予め配布した資料を熟読してくる
〔事後学習〕授業中に出された課題を作成する
9小論文の作り方2(註の付け方を理解する)
〔事前学習〕予め配布した資料を熟読してくる
〔事後学習〕授業中に出された課題を作成する
10個人研究発表1(レジュメを使って発表する)
〔事前学習〕各自が発表する内容をレジュメにして配布する準備をしておく
〔事後学習〕発表内容を4000字程度の小論文にする
11個人研究発表2(レジュメを使って発表する)
〔事前学習〕各自が発表する内容をレジュメにして配布する準備をしておく
〔事後学習〕発表内容を4000字程度の小論文にする
12個人研究発表3(レジュメを使って発表する)
〔事前学習〕各自が発表する内容をレジュメにして配布する準備をしておく
〔事後学習〕発表内容を4000字程度の小論文にする
13課題の作成1(レジュメを論文化する)
〔事前学習〕各自が作成した小論文の草案を用意する
〔事後学習〕各自の作成した小論文を推敲して提出する
14キャリア形成について考える1(卒業生の話を聞く1)
[事前学習]将来について考えること。
[事後学習]講演者の話を振り返り,自身の将来を踏まえ,大学で学ぶことを考えること。
15キャリア形成について考える2(卒業生の話を聞く2)
[事前学習]将来について考えること。
[事後学習]講演者の話を振り返り,自身の将来を踏まえ,大学で学ぶことを考えること。
その他
教科書 使用しない。授業ごとに必要な資料を担当者が用意する。
成績評価の方法及び基準 レポート(35%)、授業内テスト(30%)、授業参画度(35%)
オフィスアワー 毎週水曜日4時限目
備考 本講義では,学部間横断ワークショップ(ワールド・カフェ(10月20日(日))を実施します(ただし,荒天等により10月27日(日)に延期することがあります)。学生ごとに受講する会場・日時等が異なりますので,詳細は授業開始時に連絡します。

このページのトップ