文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 自主創造の基礎2
日本大学ロゴ

自主創造の基礎2

このページを印刷する

科目名 自主創造の基礎2
教員名 小笠原喜康
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 教育学科
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 教育学を学ぶための基礎を習得する
授業のねらい・到達目標 この授業では、初年次導入教育として、“自主創造型パーソン”としての資質を身につけ、「日本大学の歴史」を学ぶとともに、教育学を体系的に学んでいくための基礎を習得することをめざす。次の項目について十分習得することが期待される。
 大学の授業と高校の授業の違い/大学生の生活と学業の関係/ノートの取り方/論述式の試験問題への答え方/レジュメの書き方(形式や工夫)/小論文・レポートの書き方/文献の引用ルールや註の付け方/剽窃や盗用の問題性/図書館の図書利用の仕方/図書館の図書の分類/図書館での端末利用の仕方/日大文理のOPACの利用法
 また、独力で教育学関係の本を読んでいくことができるようになることが期待される。

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP1,DP3,DP4及びカリキュラムポリシーCP1,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 受講者をいくつかのグループに分け、単独作業とグループでの作業を組み合わせて進める。講義の回もある。
授業計画
1引用ルールや注の付け方1
 【事前学習】扱う内容について教科書を読んでおく
 【事後学習】扱った内容について教科書を再度読む
2引用ルールや注の付け方2
 【事前学習】扱う内容について教科書を読んでおく
 【事後学習】扱った内容について教科書を再度読む
3引用ルールや注の付け方3
 【事前学習】扱う内容について教科書を読んでおく
 【事後学習】扱った内容について教科書を再度読む
4引用ルールや注の付け方4
 【事前学習】扱う内容について教科書を読んでおく
 【事後学習】扱った内容について教科書を再度読む
5論理的で説得的なレポートを書くスキル
 【事前学習】扱う内容について教科書を読んでおく
 【事後学習】扱った内容について教科書を再度読む
6アカデミックな実践に触れる
 【事前学習】扱う内容について教科書を読んでおく
 【事後学習】扱った内容について教科書を再度読む
7情報の集め方(初級編)
 【事前学習】扱う内容について教科書を読んでおく
 【事後学習】扱った内容について教科書を再度読む
8知的な文章を書く1――パラグラフ・ライティング1
 【事前学習】扱う内容について教科書を読んでおく
 【事後学習】扱った内容について教科書を再度読む
9知的な文章を書く2――パラグラフ・ライティング2
 【事前学習】扱う内容について教科書を読んでおく
 【事後学習】扱った内容について教科書を再度読む
10知的な文章を書く3――論の組み立て方1
 【事前学習】扱う内容について教科書を読んでおく
 【事後学習】扱った内容について教科書を再度読む
11知的な文章を書く4――論の組み立て方2
 【事前学習】扱う内容について教科書を読んでおく
 【事後学習】扱った内容について教科書を再度読む
12小論文・レポートを書く1――材料を集める
 【事前学習】扱う内容について教科書を読んでおく
 【事後学習】扱った内容について教科書を再度読む
13小論文・レポートを書く2――材料を集める
 【事前学習】扱う内容について教科書を読んでおく
 【事後学習】扱った内容について教科書を再度読む
14キャリア形成について考える1(卒業生の話を聞く1)
 【事前学習】将来について考えること。
 【事後学習】講演者の話を振り返り,自身の将来を踏まえ,大学で学ぶことを考えること。
15キャリア形成について考える2(卒業生の話を聞く2)
 【事前学習】将来について考えること。
 【事後学習】講演者の話を振り返り,自身の将来を踏まえ,大学で学ぶことを考えること。
その他
教科書 小笠原喜康 『最新版 大学生のためのレポート・論文術』 講談社(現代新書) 2018年 第1版
成績評価の方法及び基準 レポート(60%)、授業参画度(40%)
授業参画度は,毎回のリアクションペーパー等で評価します。
オフィスアワー 水曜お昼と木曜4限以降に研究室(本館・5階)で対応します。他に、メールでも質問・面談予約を受け付けます。
メールアドレス(hxo@mel2015.com :mel の l は1ではなくエルです)
備考 本講義では,学部間横断ワークショップ(ワールド・カフェ(10月20日(日))を実施します(ただし,荒天等により10月27日(日)に延期することがあります)。学生ごとに受講する会場・日時等が異なりますので,詳細は授業開始時に連絡します。

このページのトップ