文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 自主創造の基礎1
日本大学ロゴ

自主創造の基礎1

このページを印刷する

科目名 自主創造の基礎1
教員名 小野雅章
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 教育学科
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 大学における「学び」を理解する
授業のねらい・到達目標 この授業では、初年次導入教育として、“自主創造型パーソン”としての資質を身につけ、「日本大学の歴史」を学ぶとともに、教育学を体系的に学んでいくための基礎を習得することをめざす。次の項目について十分習得することが期待される。
 大学の授業と高校の授業の違い/大学生の生活と学業の関係/ノートの取り方/論述式の試験問題への答え方/レジュメの書き方(形式や工夫)/小論文・レポートの書き方/文献の引用ルールや註の付け方/剽窃や盗用の問題性/図書館の図書利用の仕方/図書館の図書の分類/図書館での端末利用の仕方/日大文理のOPACの利用法

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP1,DP3,DP4及びカリキュラムポリシーCP1,CP4,CP7に対応しています。
授業の方法 講義に加え、履修者による書く、読む、調べる、話し合う、まとめる、発表するといったさまざまな活動を通じて、大学で主体的に学ぶための基礎的な知識、技術を身につける。なお、学科企画の合同ゼミ発表会等に参加する場合がある。
授業計画
1スタートアップ:自主創造型パーソンとは(初年次教育の概要の理解)
〔事前学習〕ガイダンスの内容を復習しておく
〔事後学習〕授業で指定された参考文献などを図書館で調べておく
2日本大学の歴史(日本大学の歴史の概要の理解)
〔事前学習〕日本大学のHPなどで日本大学の歴史を調べておく
〔事後学習〕文理学部を中心とした日本大学の歴史をまとめておく
3大学で学ぶということ(高等学校と大学の「学び」の違い)
〔事前学習〕大学と高等学校以下の学校の学びの違いをまとめておく
〔事前学習〕夫々が感じた大学と高等学校との学習の違いをまとめておく
〔事後学習〕各自がこれから何を中心に学びを目指すのかのまとめる
4図書館の利用法・文理図書館見学
〔事前学習〕あらかじめ、文理学部図書館に行って、館内を把握しておく
〔事後学習〕授業で指定した参考文献の必要部分を入手する
5講義の受け方1(ノートの取り方)
〔事前学習〕ノートの取り方を導入教育のテキストなどで調べておく
〔事後学習〕授業で出した課題を作成する
6講義の受け方2(要約の方法)
〔事前学習〕文献の要約の方法について、導入教育のテキスト類で調べておく
〔事後学習〕授業で出した提出用の課題を作成する
7講義の受け方3(記述式試験の答え方)
〔事前学習〕記述試験の解答方法などについて、導入教育のテキスト類で調べておく
〔事後学習〕授業で出した提出用の課題を作成する
8文献の読み法1(要約の方法)
〔事前学習〕各自で読みたい教育学関係の論文を探しておく
〔事後学習〕授業で出した提出用の課題を作成する
9文献の読み方2(ブックレビューの方法)
〔事前学習〕ブックレビューの下書きを完成させておく
〔事後学習〕ブックレビューを完成させる
10課題を設定する
〔事前学習〕各自が調査する課題の概要を考えておく
〔事後学習〕各自が調査する課題を決定する
11プレゼンテーションの方法を考える1(プレゼンテーションと議論)
〔事前学習〕レジュメを作っておく
〔事後学習〕プレゼンテーションに対する質疑を整理しておっく
12プレゼンテーションの方法を考える2(プレゼンテーションと議論)
〔事後学習〕レジュメを作っておく
13レポートの作成1(基本的技術を身につける)
〔事前学習〕プレゼンテーションの内容を復習しておく
〔事後学習〕プレゼンテーションの内容を論文化する
14レポートの作成2(レポートを書いてみる)
〔事前学習〕レポートの下書きを完成させておく
〔事後学習〕作成したレポートを推敲する
15まとめ(大学での「学び」とは)
〔事前学習〕これまでの学習内容を復習しておく
〔事後学習〕レポートを完成させて提出する
その他
教科書 使用しない。授業ごとに必要な資料を担当者が用意する。
成績評価の方法及び基準 レポート(35%)、授業内テスト(30%)、授業参画度(35%)
オフィスアワー 毎週水曜日4時限目

このページのトップ