文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 教育学科 > 卒業論文
日本大学ロゴ

卒業論文

このページを印刷する

科目名 卒業論文
教員名 杉森知也
単位数    4 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 教育学科
学期 通年 履修区分 選択必修
授業概要 自らが設定した課題について講究し、論文執筆の手続きを踏まえながら卒業論文を執筆する。
授業のねらい・到達目標 1. 課題を解明するために必要な道筋を、適切に設定することができる。
2. 先行研究とデータを悉皆調査するとともに、それらの史資料批判を加えて適切に扱うことができる。
3. 論文として適切な体裁・手続きを踏んで文章を記述することができる。
4. 論理的な文章を書くことができる。

この科目は文理学部(学士(教育学))のディプロマポリシーDP1,DP3,DP4,DP5及びカリキュラムポリシーCP1,CP4,CP5,CP7に対応しています。
授業の方法 (1)プレゼンテーションの方法
配布印刷物、学生が作成してきた資料に基づく指導
(2)授業形態
集団的指導と個別指導の組み合わせ。e-mailでの指導も実施する。
※GW前までは全体で集まって進捗状況を踏まえて指導をおこなう。その後は、個別相談(Eメールでのアポイントメントが必要)で進める。また、卒業論文作成・相談・添削をおこなう合宿を2泊3日で実施する(11~12月予定)。卒業論文は12月20日までに完成させて指導教員に提出し、最終チェックを受けたあとに修正の上、本提出する。
授業計画
1ガイダンス: テーマの大枠設定と絞り込み
【事前学習】事前に申し込んだ論文の仮テーマについて、調査を進めておく。
【事後学習】課題プリントに基づいて、テーマの絞り込みと先行研究目録を作成する。
2テーマの大枠を発表する
【事前学習】課題プリントに基づいて、テーマの絞り込みと先行研究目録を作成する。発表資料を作成する。
【事後学習】指摘されたことを踏まえて、テーマの絞り込み作業を進める。
3論文テーマ案と大まかな構想を発表する
【事前学習】テーマの絞り込み作業を進める。発表資料を作成する。
【事後学習】指摘されたことを踏まえて、テーマの修正をおこなう。
4先行研究文献目録を更新する
【事前学習】テーマの修正案を確定する。先行文献目録を更新する。
【事後学習】目次案を作成する。
5目次案を提示する
【事前学習】目次案を作成する。論文テーマと目次案、先行文献目録をブラッシュアップする。
【事後学習】引き続き、先行研究の調査と目次案の修正作業を並行しておこなう。
6目次案を修正する
【事前学習】目次案の修正を進める。
【事後学習】指導に基づいて、さらに修正をおこなう。
7目次案に沿って先行研究の調査範囲を再考する
【事前学習】先行研究目録の修正作業を進める。
【事後学習】必要な先行研究のさらなる調査と収集をおこなう。
8先行研究を収集する①: 論文の収集
【事前学習】J-Stageや図書館でのダウンロード・調査を進め、必要な論文を収集する。
【事後学習】論文の収集を進めるとともに、読み込みを進める。
9先行研究を収集する②: 図書の収集
【事前学習】様々な図書館を活用して、図書の収集を進める。
【事後学習】図書の読み込みをおこなう。
10先行研究の読み込みと必要なデータ等の不足をチェックする
【事前学習】論証に必要な研究・データが収集できているかチェックする。
【事後学習】不足しているものについては、あらたに収集する。先行研究とデータの読み込みをおこなう。
11先行研究の到達点を把握する
【事前学習】先行研究・データの読み込みを進める。先行研究をカテゴライズしてそれぞれの到達点をレポートとしてまとめる。
【事後学習】先行研究の読み込みを進めるとともに、先行研究レビューの精度を高める。
12先行研究・データ収集の最終チェック
【事前学習】先行研究・データの読み込みを進める。
【事後学習】各節の概要を仮に作成する。
13論文の全体像を見直す
【事前学習】これまでの作業を集約して、論文構成の全体像を再検討しておく。
【事後学習】指導に基づいて、再修正をおこなう。
14序章と終章の役割
【事前学習】先行研究レビューの精度を高めて、先に提出したレポートを修正する。
【事後学習】序章と終章で記載するべき内容項目を把握し、必要な先行研究の読み込みを進める。
15目次案をブラッシュアップする
【事前学習】目次案の精度を上げる。章・節の名称を再考する。
【事後学習】指導に基づいて、修正作業を進める。先行研究の読み込みを進める。
16目次案を確定する
【事前学習】目次案をブラッシュアップする。
【事後学習】指導に基づいて最終修正をおこなう。先行研究等の読み込みを進める。
17各節のあらすじを確認する
【事前学習】目次案にあらすじをつけたものを作成し、事前にメールで送信しておく。
【事後学習】指導に基づいて、あらすじを修正する。先行研究等の読み込みを進める。
18論文執筆上の質問受付
【事前学習】論文の執筆をはじめる。
【事後学習】質問への回答を踏まえて、執筆を進める。先行研究等の読み込みを進める。
19一節分の文章を完成させる
【事前学習】作成している文章をチェックをして、合宿前の提出に備える(最低でも一節分)。
【事後学習】論文の執筆作業を進める。
20卒業論文合宿①: 論文の添削を受ける
【事前学習】執筆を進める。
【事後学習】添削に沿って、論文を修正する。
21卒業論文合宿②: 論文の執筆を進める
【事前学習】添削に沿って、論文を修正する。
【事後学習】執筆上の質問事項をまとめておく。
22卒業論文合宿③: 質問事項の共有
【事前学習】論文の執筆を進める。執筆上の質問事項をまとめておく。
【事後学習】講義に基づいて、作業を進める。
23卒業論文合宿④: 出典表記の確認
【事前学習】出典表記の方法について、再度、メンバー同士で確認しあう。
【事後学習】出典表記の見直しをおこなう。
24卒業論文合宿⑤: 論文を校正する
【事前学習】添削に沿って、論文を修正する。
【事後学習】校正についての講義をもとに、校正作業を進める。適宜、質問をおこなう。
25卒業論文合宿⑥: 章と節の名称を見直す
【事前学習】執筆したものをもとに、章・節の名称を再考する。
【事後学習】章・節の名称を修正しつつ、論文の執筆を進める。
26卒業論文作成合宿⑦: 修正した論文の添削を受ける
【事前学習】論文の修正をおこなう。
【事後学習】添削に基づいて、再度、論文の修正をおこなう。
27卒業論文合宿⑧: 論文作成上の質問と回答
【事前学習】校正作業と執筆を進める。質問事項をまとめておく。
【事後学習】論文の作成を進める。適宜、添削を依頼する。
28論文の仮提出と質問の受付
【事前学習】校正作業と執筆を進め、仮提出に備える。質問事項をまとめておく。
【事後学習】論文の執筆を進める。
29論文のブラッシュアップと提出
【事前学習】校正作業と執筆を進める。適宜、添削を受ける。
【事後学習】執筆した論文を読み返しておく。
30口述試問とフィードバック
【事前学習】提出した論文を読み返しておく。
【事後学習】フィードバックされたことを振り返る。
その他
教科書 なし
参考書 小笠原喜康『最新版 大学生のためのレポート・論文術』講談社現代新書、2018。
その他、教育学研究室で作成する卒業論文作成法の冊子を配布する。
成績評価の方法及び基準 提出された卒業論文と口述試問(100%)
オフィスアワー 火曜日、水曜日、木曜日の授業以外での時間帯でおこなう。本館4F04350研究室。原則としてe-mailにて卒論指導の日時を事前に予約すること。
このほか、適宜、e-mailで指導をおこなう。

このページのトップ