文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 情報科学科(情報システム解析学科) > 自主創造の基礎2
日本大学ロゴ

自主創造の基礎2

このページを印刷する

科目名 自主創造の基礎2
教員名 戸田誠之助,古市茂,尾崎知伸,森山園子
単位数    2 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 情報科学科(情報システム解析学科)
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 理系論文・レポートの書き方の基礎を学ぶ
授業のねらい・到達目標 情報科学科における理系文書(実験レポートや卒業論文等)に関し,その書き方の基礎を学ぶ.文書の構成や手法・結果・考察・関連文献等の書き方など入門的知識を学修したのち,文書作成ツールとしてLatexを学ぶ.また,計算機実験レポートの作成を通じ,学習内容を実践し知識・技術の定着を図る.

この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP3,DP4,DP5及びカリキュラムポリシーCP1,CP7に対応しています。
授業の方法 講義の前半は,主に入門的知識を学修する.また講義の後半では,計算機を用いてLatexの演習を行い,計算機実験レポートの作成を行う。
複数教員によるオムニバス形式の講義である。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とする。
授業計画
1オリエンテーション(担当:古市/森山)
文書作成(1) レポートや論文の種類や構成
【事前学習】シラバスを事前に確認すること
【事後学習】レポートの構成について理解を深める.
2文書作成(2) 文書術(担当:古市/森山)
【事前学習】前回の授業内容を復習する.
【事後学習】文書の書き方について理解を深める.
3文書作成(3) 文書術(続),文献調査,ワールドカフェ準備(担当:古市/森山)
【事前学習】前回の授業内容を復習する.
【事後学習】文献調査の方法について理解を深める.
4ワールドカフェ1(担当:古市/森山)
【事前学習】ワールドカフェのテーマについて考察する.
 指定された場所で受講するため、場所の確認をおこなっておくこと. 必要な所持品を揃えておくこと
【事後学習】ワールドカフェにて議論した内容を記録する.
5ワールドカフェ2(担当:古市/森山)
【事前学習】ワールドカフェのテーマについて考察する.
 指定された場所で受講するため、場所の確認をおこなっておくこと. 必要な所持品を揃えておくこと
【事後学習】ワールドカフェにて議論した内容をまとめて,レポートとして提出する.
6Latex(1) Latexファイルの構成(担当:戸田/尾崎)
【事前学習】レポートの構成や文書術について復習する.
【事後学習】Latexファイルの作成とコンパイルの方法について理解を深める.
7Latex(2) Latexコマンドの形式,特殊記号(担当:戸田/尾崎)
【事前学習】前回までの授業内容を復習する.
【事後学習】授業中に解説できなかった演習課題を解決して提出する.自習用課題を解決しながら,Latexコマンドの形式について理解を深める.
8Latex(3) Latex文書の構成(節,小節,参考文献,付録),箇条書き(担当:戸田/尾崎)
【事前学習】前回までの授業内容を復習する.
【事後学習】授業中に解説できなかった演習課題を解決して提出する.小さなLatex文書の作成を試みる.
9Latex(4) 数式,表環境,行列(担当:戸田/尾崎)
【事前学習】前回までの授業内容を復習する.
【事後学習】授業中に解説できなかった演習課題を解決して提出する.様々な数式を実現してみる.
10Latex(5) 図,相互参照(担当:戸田/尾崎)
【事前学習】前回までの授業内容を復習する.
【事後学習】授業中に解説できなかった演習課題を解決して提出する.図や表の配置,相互参照の方法について理解を深める.
11計算機実験(担当:戸田/尾崎)
【事前学習】様々なソーティングアルゴリズムについて調査する.
【事後学習】様々なソーティングアルゴリズムの性能評価に関する実験を繰り返す.
12実験レポート作成(担当:戸田/尾崎)
【事前学習】ソーティングアルゴリズムの性能評価実験によって取得した実験データをまとめる.
【事後学習】実験レポートを完成して提出する.
13相互評価とまとめ(これまでの復習・解説を行い授業の理解を深める)(担当:戸田/尾崎)
【事前学習】前回までの授業内容(特に,各種ソーティングアルゴリズムと実験内容)を復習する.
【事後学習】相互評価の結果を見て,自身の実験レポートの改善点等を考察する.
14キャリア形成について考える1(卒業生の話を聞く1)(担当:古市/森山)
【事前学習】将来について考えること。
【事後学習】講演者の話を振り返り,自身の将来を踏まえ,大学で学ぶことを考えること。
15キャリア形成について考える2(卒業生の話を聞く2)(担当:古市/森山)
【事前学習】将来について考えること。
【事後学習】講演者の話を振り返り,自身の将来を踏まえ,大学で学ぶことを考えること。
その他
成績評価の方法及び基準 レポート(75%)、授業参画度(25%)
・レポートの内容を中心に成績を評価する。
・授業参画度は、毎回の実習・演習の成果により評価する。
オフィスアワー 【40組担当】
戸田:毎週水曜日の昼休み
古市:毎週水曜日の昼休み
【41組担当】
尾崎:質問等は随時を受け付ける.原則,事前にメール等でアポイントをとること
森山:授業終了時
備考 ・履修登録の際はクラス別に登録して下さい.
・本講義では,学部間横断ワークショップ(ワールド・カフェ(10月20日(日))を実施します(ただし、荒天候により10月27日(日)に延期することがあります).
学生ごとに受講する会場・日時等が異なりますので,詳細は授業開始時に連絡します.

このページのトップ