文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 情報科学科(情報システム解析学科) > 微分方程式
日本大学ロゴ

微分方程式

このページを印刷する

科目名
平成28年度以前入学者
微分方程式
教員名 鈴木理
単位数    2 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 情報科学科(情報システム解析学科)
学期 後期 履修区分 選択
授業概要 微分・積分の基礎から始め、微分方程式の情報科学での役割を学ぶ
授業のねらい・到達目標 (1)先進国の人口減少問題、発展途上国の人口増加問題
(2)生態系の破壊の人間生活に与える影響
について考察できるようになる

この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 演習中心に行う。主題毎に3回の試験と期末試験を行う。
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とする。
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明する)
微分法・積分法の復習(Ⅰ)基礎
【事前学習】高校で学んだ微分積分法を復習しておくこと
【事後学習】課題を解き、学修内容を復習する(微分積分法の基礎)
2微分法・積分法の復習(Ⅱ)応用
【事前学習】前回の課題を解き、学修内容を復習する
【事後学習】課題を解き、学修内容を復習する(微分積分法の応用)
3第1回試験と解説(微分法・積分法)
【事前学習】第1回~第2回の内容を復習すること
【事後学習】自己採点し、解けなかった試験問題を解き直すこと
4基本となる微分方程式(Ⅰ)ニュートンの運動方程式
【事前学習】前回の試験問題を復習すること
【事後学習】課題を解き、学修内容を復習する(高校レベル)
5基本となる微分方程式(Ⅱ)人口増加の方程式
【事前学習】人口問題についてインターネットで予習する
【事後学習】人口の変化を微分方程式を用いて記述できるようにする
6基本となる微分方程式の解法(Ⅰ)変数分離法
【事前学習】第5回で学んだ方程式を変数分離法で解くことを考える
【事後学習】課題を解き、学修内容を整理する
7基本となる微分方程式の解法(Ⅱ)変数分離法に帰着される方程式
【事前学習】第6回の内容を復習する
【事後学習】課題を解き、学習内容を復習する
8第2回試験と解説(基本的な微分方程式)
【事前学習】第4回~第7回までの内容を復習すること
【事後学習】自己採点し、解けなかった試験問題を解き直すこと
9微分方程式の図形による解法(Ⅰ)基礎
【事前学習】関数の接線と微分係数の関数を復習すること
【事後学習】課題を解き、学習内容を復習する
10微分方程式の図形による解法(Ⅱ)エクセル
【事前学習】エクセルの基本的な入力ができるようにする
【事後学習】エクセルを用いて課題を解き、学修内容を復習する
11連立方程式の特異点の求め方(Ⅰ)特異点の検索
【事前学習】テイラー展開の基礎を復習する
【事後学習】課題を解き、学修内容を復習する
12連立方程式の特異点の求め方(Ⅱ)特異点の解析
【事前学習】第11回の内容を復習する
【事後学習】課題を解き、学修内容を復習する
13連立方程式の特異点の求め方(Ⅲ)エクセルによる解析
【事前学習】エクセルを用いて、前回の課題の課題の解が正しいか判断する
【事後学習】課題を解き、学修内容を復習する
14第3回試験と解説(図形による解法)
【事前学習】第9回~第13回の内容を復習すること
【事後学習】自己採点し、解けなかった試験問題を解き直す。
15期末試験と解説
【事前学習】第1回~第14回までの内容を総復習すること
【事後学習】自己採点し、テスト内容について人口問題、生態系について議論する
その他
教科書 使用せず、適宜プリントを配布する。
成績評価の方法及び基準 試験(30%)、授業内テスト(60%)、授業参画度(10%)
・授業内テスト、学期末試験の結果を合わせて評価する。
・授業参画度は、各回の演習課題、レポートの内容等で評価する。
オフィスアワー メールによる質問を受け付ける。
osuzuki1944butterfly@gmail.com
備考 授業中の私語は厳禁である。繰り返しの注意にも関わらず私語を止めない場合は,他の受講生に対する迷惑行為とみなし,その者の授業参画度の評価を減点すると共に,退室を命じることがある。

このページのトップ