文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 情報科学科(情報システム解析学科) > 情報科学実習2(再履)
日本大学ロゴ

情報科学実習2(再履)

このページを印刷する

科目名 情報科学実習2(再履)
教員名 谷聖一
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 情報科学科(情報システム解析学科)
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 「基礎プログラミング2」及び「情報処理入門2」と連携しながら,情報科学の基礎的な概念を実習することで身につけることを目標とする.
特に,プログラミング,ネットワーク,Web (HTML 及び CSS),及び,データベースに関連する内容を実習する.
授業のねらい・到達目標 ネットワーク、Web、データベースに関する基本的な操作ができるようになる.
また、プログラミングにおける関数の利用ができるようになる.

この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています.
授業の方法 計算機を使った実習を中心に行う.
履修条件 再履修者用に開講された講義である。
「基礎プログラミング2」にすでに合格していない場合、同時に履修することが望ましい.
「情報処理入門2」はすでに履修していることが望ましい.
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明する)
Unix リテラシー復習 (演習用サーバへのログインなど)
2ネットワーク実習 (1) IP アドレスと DNS(インターネット層とルーティング)
3ネットワーク実習 (2) TCP/UDP・ポート番号(トランスポート層)
4ネットワーク実習 (3) MACアドレス・イーサネット(ネットワークインタフェース層)
5Web 実習 (1) HTMLとCSS 導入
6Web 実習 (2) HTMLとCSS 実践
7プログラミング実習 (1) 関数の基礎演習
8プログラミング実習 (2) 関数の応用演習
9プログラミング実習 (3) 関数を用いた基礎的な演習
10プログラミング実習 (4) 関数を用いた応用的な演習
11データベース実習 (1) RDB の基礎概念・SQL 実習 (i) - データの検索
12データベース実習 (2) SQL 実習 (ii) - データの挿入・削除・更新
13データベース実習 (3) SQL 実習 (iii) - テーブルの作成・ビューの作成
14データベース実習 (4) SQL 実習 (iv) - ビューの活用・正規形 (1)
15データベース実習 (5) 正規形 (2)・これまでの復習・解説を行い授業の理解を深める
その他
教科書 榊 正憲 『完全マスターしたい人のためのイーサネット&TCP/IP入門』 インプレスジャパン 2013年
赤間 公太郎 (著), 原 一宣 (著), こもり まさあき (監修) 『HTML5+CSS3の新しい教科書』 エムディエヌコーポレーション 2013年
参考書 『徹底攻略 基本情報技術者教科書 平成29年度 (大滝みや子、月江伸宏)』 インプレスジャパン 2016年
成績評価の方法及び基準 授業参画度(100%)
授業参画度は、毎回の実習・演習の成果により評価する.
オフィスアワー 毎週月曜日18:00〜19:00

このページのトップ