文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 情報科学科(情報システム解析学科) > 情報科学講究2
日本大学ロゴ

情報科学講究2

このページを印刷する

科目名 情報科学講究2
教員名 古市茂
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 情報科学科(情報システム解析学科)
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 情報理論入門
授業のねらい・到達目標 1・2年次で学んだ線形代数および,3年次で学習する情報理論を基礎として,一般の情報理論に関する内容を理解する。
特に通信路符号化と線形符号、巡回符号などについて理解する。
(情報科学講究1の続きである.)

この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 輪講により行う。(担当者は当日決めるので、全参加者は予習をしてくることが必要となる)
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とする。
履修条件 学科内規に定められた条件を満たすこと.
授業計画
1LZ77符号の符号化
[事前学習:該当箇所(LZ77符号の符号化)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(LZ77符号の符号化)について理解しておくこと]
2LZ77符号の復号化
[事前学習:該当箇所(LZ77符号の復号化)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(LZ77符号の復号化)について理解しておくこと]
3通信路モデル
[事前学習:該当箇所(通信路モデル)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(通信路モデル)について理解しておくこと]
4相互情報量
[事前学習:該当箇所(相互情報量)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(相互情報量)について理解しておくこと]
5通信路容量
[事前学習:該当箇所(通信路容量)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(通信路容量)について理解しておくこと]
6BSC通信路の通信路容量の具体的な計算
[事前学習:該当箇所(BSC通信路の通信路容量の具体的な計算)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(BSC通信路の通信路容量の具体的な計算)について理解しておくこと]
7Z型通信路の通信路容量の具体的な計算
[事前学習:該当箇所(Z型通信路の通信路容量の具体的な計算)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(Z型通信路の通信路容量の具体的な計算)について理解しておくこと]
8伝送レート,復号化,誤り確率
[事前学習:該当箇所(伝送レート,復号化,誤り確率)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(伝送レート,復号化,誤り確率)について理解しておくこと]
9復号誤り確率
[事前学習:該当箇所(復号誤り確率)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(復号誤り確率)について理解しておくこと]
10通信路符号化定理
[事前学習:該当箇所(通信路符号化定理)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(通信路符号化定理)について理解しておくこと]
11ランダム符号化
[事前学習:該当箇所(ランダム符号化)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(ランダム符号化)について理解しておくこと]
12最尤復号法
[事前学習:該当箇所(最尤復号法)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(最尤復号法)について理解しておくこと]
13復号誤り確率の計算
[事前学習:該当箇所(復号誤り確率の計算)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(復号誤り確率の計算)について理解しておくこと]
14線形符号の基礎
[事前学習:該当箇所(線形符号の基礎)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(線形符号の基礎)について理解しておくこと]
15巡回符号の基礎
[事前学習:該当箇所(巡回符号の基礎)を事前に精読し理解し,他人に説明できるようにしておくこと]
[事後学習:学習内容(巡回符号の基礎)について理解しておくこと]
その他
参考書 教材については情報科学講究1で指示した通りである.
絶版ですが、
「『情報理論入門』、平澤茂一(著)、培風館」
があるといいでしょう。
成績評価の方法及び基準 レポート(20%)、授業参画度(80%)
レポートは提出内容によって評価します.
授業参画度は,毎回の授業での発表内容・方法・結果によって評価します.
オフィスアワー 授業終了後
備考 輪講の担当個所は当日決まるので,全員が,該当箇所を予習してくること.
授業中に指示された内容をレポートとして提出すること.

このページのトップ