文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 情報科学科(情報システム解析学科) > 情報科学研究2
日本大学ロゴ

情報科学研究2

このページを印刷する

科目名 情報科学研究2
教員名 尾崎知伸
単位数    4 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 情報科学科(情報システム解析学科)
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 データマイニング技術の研究開発とその応用に関する卒業研究
授業のねらい・到達目標 データ分析やデータマイニングの周辺分野における研究テーマを選定し,卒業研究を行う.
学術論文の輪講,ソフトウェア作成,論理的思考ができるようになる.
基礎技術をに関して説明できるようになる.
関連研究調査結果の紹介や自身の研究の進捗状況を報告するための資料が作成できるようになる.


この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 各自が設定した研究テーマを対象に,関連論文の調査,ソフトウェアの作成及び実験・評価を行う.これらの内容をまとめ,卒業論文を執筆する.加えて,学期末に研究発表会を行う.
本授業の事前・事後学習は,各4時間の学習を目安とする.
履修条件 学科内規による
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明する)
開発環境の整備を行う
【事前学習】シラバスを事前に確認する
【事後学習】開発環境の整備を継続する
2進捗報告(1):プロトタイピング
【事前学習】主にプロトタイピングに関する進捗の報告と議論のための資料を準備する
【事後学習】議論を通じて設定された課題に取り組む.進捗の管理を行う
3進捗報告(2):実装
【事前学習】主に実装に関する進捗の報告と議論のための資料を準備する
【事後学習】議論を通じて設定された課題に取り組む.進捗の管理を行う
4進捗報告(3):予備実験
【事前学習】主に予備実験に関する進捗の報告と議論のための資料を準備する
【事後学習】議論を通じて設定された課題に取り組む.進捗の管理を行う
5進捗報告(4):再実装
【事前学習】主に再実装に関する進捗の報告と議論のための資料を準備する
【事後学習】議論を通じて設定された課題に取り組む.進捗の管理を行う
6進捗報告(5):本実験
【事前学習】主に本実験に関する進捗の報告と議論のための資料を準備する
【事後学習】議論を通じて設定された課題に取り組む.進捗の管理を行う
7進捗報告(6):実験のまとめ
【事前学習】主に実験のまとめに関する進捗の報告と議論のための資料を準備する
【事後学習】議論を通じて設定された課題に取り組む.進捗の管理を行う
8中間発表会の準備
【事前学習】発表会資料を準備する
【事後学習】議論を通じて資料を改善する
9中間発表会
【事前学習】発表会資料を準備する
【事後学習】発表・議論を通じて,今後の展開について考察する
10進捗報告(7):追加機能のプロトタイピング
【事前学習】主に追加機能のプロトタイピングに関する進捗の報告と議論のための資料を準備する
【事後学習】議論を通じて設定された課題に取り組む.進捗の管理を行う
11進捗報告(8):追加機能の実装
【事前学習】主に追加機能の実装に関する進捗の報告と議論のための資料を準備する
【事後学習】議論を通じて設定された課題に取り組む.進捗の管理を行う
12進捗報告(9):追加実験
【事前学習】主に追加実験に関する進捗の報告と議論のための資料を準備する
【事後学習】議論を通じて設定された課題に取り組む.進捗の管理を行う
13進捗報告(10):実験結果の整理
【事前学習】主に実験結果の整理に関する進捗の報告と議論のための資料を準備する
【事後学習】議論を通じて設定された課題に取り組む.進捗の管理を行う
14卒業発表会の準備
【事前学習】発表会資料を準備する
【事後学習】議論を通じて資料を改善する
15卒業発表会
【事前学習】発表会資料を準備する
【事後学習】発表・議論を通じて,卒業研究全体を振り返る
その他
参考書 適宜,指示する
成績評価の方法及び基準 授業参画度(100%)
授業参画度は,毎回の準備状況と実装状況,期末発表会の内容により評価する.
オフィスアワー 質問等は随時を受け付ける.原則,アポイントをとること.

このページのトップ