文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 情報科学科(情報システム解析学科) > 情報科学研究2
日本大学ロゴ

情報科学研究2

このページを印刷する

科目名 情報科学研究2
教員名 韓東力
単位数    4 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 情報科学科(情報システム解析学科)
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 ソフトウェア作成の実践
授業のねらい・到達目標 情報科学研究1に引き続き、自然言語処理やその周辺分野における研究テーマを選定し、問題解決に向けるソフトウェアの設計・作成ができるよるになることを目標とする。また、進捗報告やトピック議論などを含め、グループ単位での作業を通して、チームワークにおけるコミュニケーションができるようになることも目標とする。

この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 研究テーマごとに、2~3人からなる研究グループを形成する。グループ単位で学習や調査の結果を発表・議論し、ソフトウェア作成の進捗状況を報告する。学期末に他の研究室と合同で研究発表会を行うので、後半ではそれに向けて研究報告書を執筆しながら、発表練習もあわせて行う。
本授業の事前・事後学習は,各4時間の学習を目安とする。
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明する)
【事前学習】シラバスを事前に確認すること。
【事後学習】第2回以降の授業に備え、配布資料に目を通しておくこと。
2ソフトウェア作成の準備1(コア技術の選定)
【事前学習】配布資料を読んでくること。
【事後学習】学習した内容を整理すること。
3ソフトウェア作成の準備2(環境構築)
【事前学習】配布資料を読んでくること。
【事後学習】学習した内容を整理すること。
4ソフトウェア作成1(システム設計)
【事前学習】配布資料を読んでくること。
【事後学習】学習した内容を整理すること。
5ソフトウェア作成2(メインモジュール開発)
【事前学習】配布資料を読んでくること。
【事後学習】学習した内容を整理すること。
6ソフトウェア作成3(周辺モジュール開発)
【事前学習】配布資料を読んでくること。
【事後学習】学習した内容を整理すること。
7ソフトウェア作成4(インターフェース開発)
【事前学習】配布資料を読んでくること。
【事後学習】学習した内容を整理すること。
8ソフトウェア作成5(システム利用実験)
【事前学習】配布資料を読んでくること。
【事後学習】学習した内容を整理すること。
9ソフトウェア作成6(システム性能評価)
【事前学習】配布資料を読んでくること。
【事後学習】学習した内容を整理すること。
10研究報告執筆1(研究背景・研究目的)
【事前学習】配布資料を読んでくること。
【事後学習】学習した内容を整理すること。
11研究報告執筆2(システムの概要)
【事前学習】配布資料を読んでくること。
【事後学習】学習した内容を整理すること。
12研究報告執筆3(実験と評価)
【事前学習】配布資料を読んでくること。
【事後学習】学習した内容を整理すること。
13研究報告執筆4(まとめ)
【事前学習】配布資料を読んでくること。
【事後学習】学習した内容を整理すること。
14発表練習
【事前学習】発表資料を事前に作成しておくこと。
【事後学習】学習した内容を整理すること。
15研究発表とまとめ(これまでの復習・解説を行い授業の理解を深める)
【事前学習】発表練習をしてくること。
【事後学習】指摘されたことを整理し、今後の課題を自己分析し記録すること。
その他
教科書 なし(資料配布)
参考書 資料を配布
成績評価の方法及び基準 授業参画度(100%)
授業参画度は、毎回の実習・演習の成果やディスカッションにより評価する。
オフィスアワー 随時

このページのトップ