文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 情報科学科(情報システム解析学科) > 情報科学講究2
日本大学ロゴ

情報科学講究2

このページを印刷する

科目名 情報科学講究2
教員名 谷聖一
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 情報科学科(情報システム解析学科)
学期 後期 履修区分 必修
授業概要 コンピュータ科学の基礎 -- 理論と実際
授業のねらい・到達目標 コンピュータ科学の基礎的な素養を、理論と実際の2つの側面から複合的に理解し、応用できるようになる。

この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 この講義では、ネットワーク解析を題材とし、ネットワーク解析の基礎概念を身につけると同時に、ネットワーク解析を行う計算機実験を実施する。前半は、主にテキストを輪講する。後半は、ネットワーク解析を行うウェブシステムを開発する。
輪講時の発表者は、レジュメを LaTeX で、発表素材を Open Office で製作することが要求される。
実習はグループ毎に、Linux をインストールし、ネットワークサーバの基礎を学ぶ。
本授業の事前・後学習は ,各2時間の学習を目安とする。
履修条件 学科内規による
授業計画
1Graphs に関する輪講
【事前学習】Graphs に関する発表の準備を事前に行う
【事後学習】Graphs に関するプログラミング課題に取り組む
2Strong and Weak Ties に関する輪講
【事前学習】Strong and Weak Ties に関する発表の準備を事前に行う
【事後学習】Strong and Weak Ties に関するプログラミング課題に取り組む
3Networks in Their Surrounding Contexts に関する輪講
【事前学習】Networks in Their Surrounding Contexts に関する発表の準備を事前に行う
【事後学習】Networks in Their Surrounding Contexts に関するプログラミング課題に取り組む
4Positive and Negative Relationships に関する輪講
【事前学習】Positive and Negative Relationships に関する発表の準備を事前に行う
【事後学習】Positive and Negative Relationships に関するプログラミング課題に取り組む
5The Structure of the Web に関する輪講
【事前学習】The Structure of the Web に関する発表の準備を事前に行う
【事後学習】The Structure of the Web に関するプログラミング課題に取り組む
6Link Analysis and Web Search に関する輪講
【事前学習】Link Analysis and Web Search に関する発表の準備を事前に行う
【事後学習】Link Analysis and Web Search に関するプログラミング課題に取り組む
7Linux のインストールとネットワーク設定
【事前学習】Linux のインストールとネットワーク設定について事前に確認する
【事後学習】Linux のインストールとネットワーク設定に関する課題に取り組む
8シェルスクリプトの活用
【事前学習】シェルスクリプトの活用について事前に確認する
【事後学習】シェルスクリプトの活用に関する課題に取り組む
9Python スクリプトの活用
【事前学習】Python スクリプトの活用について事前に確認する
【事後学習】Python スクリプトの活用に関する課題に取り組む
10Web サーバ構築の基本
【事前学習】Web サーバ構築の基本について事前に確認する
【事後学習】Web サーバ構築の基本に関する課題に取り組む
11MySQL と PHP のインストール
【事前学習】MySQL と PHP のインストールについて事前に確認する
【事後学習】MySQL と PHP のインストールに関する課題に取り組む
12データベースを利用する Web サービスの仕様検討
【事前学習】データベースを利用する Web サービスの仕様について事前に検討する
【事後学習】討議に基づきデータベースを利用する Web サービスの仕様について再検討する
13データベースを構築
【事前学習】データベース構築について事前に確認する
【事後学習】実際にデータベースを構築する
14データベースを利用する PHP スクリプト制作
【事前学習】制作するスクリプトについて事前に検討する
【事後学習】スクリプト制作に取り組む
15制作したスクリプトの評価・機能改善
【事前学習】スクリプトを事前に制作しておく
【事後学習】討議に基づきスクリプトを改善する
その他
教科書 John V. Guttag  『Python言語によるプログラミングイントロダクション』 近代科学社 2014年
講義時に指示する
参考書 講義時に指示する
成績評価の方法及び基準 授業参画度(100%)
授業参画度は、毎回の開発した内容・実験の内容・発表の内容・議論への参加の状況により評価する。
オフィスアワー 月曜18時~19時

このページのトップ