文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 情報科学科(情報システム解析学科) > 情報科学講究1
日本大学ロゴ

情報科学講究1

このページを印刷する

科目名 情報科学講究1
教員名 尾崎知伸
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 情報科学科(情報システム解析学科)
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 データマイニング技術の基礎知識の習得
授業のねらい・到達目標 卒業研究等を踏まえ,データマイニング技術に関する基礎的な知識を説明できるようになる.
データを獲得・蓄積・加工・集計するための基本的な処理操作ができるようになる.

この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 電子資料による講義と計算機を用いた演習を行う.
本授業の事前・事後学習は,各2時間の学習を目安とする.
履修条件 学科内規による
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明する)
演習環境の整備
【事前学習】シラバスを事前に確認すること
【事後学習】演習環境を設定する
2Unixリテラシー
【事前学習】資料を読んでおく
【事後学習】学修内容を振り返り,知識・技術の定着を図る
3コマンドラインによるデータの加工(1):正規表現によるデータの選択
【事前学習】資料を読んでおく
【事後学習】学修内容を振り返り,知識・技術の定着を図る
4コマンドラインによるデータの加工(2):コマンドの連携
【事前学習】資料を読んでおく
【事後学習】学修内容を振り返り,知識・技術の定着を図る
5関係データベース(1):導入
【事前学習】資料を読んでおく
【事後学習】学修内容を振り返り,知識・技術の定着を図る
6関係データベース(2):高度な問い合わせ
【事前学習】資料を読んでおく
【事後学習】学修内容を振り返り,知識・技術の定着を図る
7関係データベース(3):データ分析への応用
【事前学習】資料を読んでおく
【事後学習】学修内容を振り返り,知識・技術の定着を図る
8データサイエンス(1):導入
【事前学習】資料を読んでおく
【事後学習】学修内容を振り返り,知識・技術の定着を図る
9データサイエンス(2):可視化と集計
【事前学習】資料を読んでおく
【事後学習】学修内容を振り返り,知識・技術の定着を図る
10データサイエンス(3):統計分析
【事前学習】資料を読んでおく
【事後学習】学修内容を振り返り,知識・技術の定着を図る
11データサイエンス(4):回帰分析
【事前学習】資料を読んでおく
【事後学習】学修内容を振り返り,知識・技術の定着を図る
12データサイエンス(5):教師あり学習
【事前学習】資料を読んでおく
【事後学習】学修内容を振り返り,知識・技術の定着を図る
13総合演習,期末報告会の準備(1):発表資料の準備
【事前学習】報告会用の発表資料を準備する
【事後学習】議論を通じ,発表資料を改善する
14総合演習,期末報告会の準備(2):発表資料の改善
【事前学習】報告会用の発表資料を準備する
【事後学習】議論を通じ,発表資料を改善する
15期末報告会
【事前学習】報告会用の発表資料を準備する
【事後学習】発表と議論を振り返り,今後の発展について考察する
その他
参考書 参考書等は,随時指定する.また一部,オンライン教材を利用する予定である.
成績評価の方法及び基準 授業参画度(100%)
授業参画度は,毎回の実習・演習の成果と期末報告会の内容により評価する.
オフィスアワー 質問等は随時を受け付ける.原則,アポイントをとること.

このページのトップ