文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 情報科学科(情報システム解析学科) > 情報科学講究1
日本大学ロゴ

情報科学講究1

このページを印刷する

科目名 情報科学講究1
教員名 戸田誠之助
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 情報科学科(情報システム解析学科)
学期 前期 履修区分 必修
授業概要 関数型プログラミングを支援するプログラミング言語から一つを選択し,そのプログラミング言語が提唱するプログラミング方法(主に,関数型プログラミング)について理解を深めていく。さらに,教科書の内容を各自が発表することによって,プレゼンテーションの方法も学んでいく。
授業のねらい・到達目標 関数型プログラミングの考え方が理解できる.

この科目は文理学部(学士(理学))のディプロマポリシーDP6及びカリキュラムポリシーCP9に対応しています。
授業の方法 プログラミング言語と教科書の一覧を授業ガイダンスの際に提示するので,そこからプログラミング言語およびその教科書を選択する。毎回の授業では,教科書の内容に関する発表用資料を用意し,その資料を用いて発表する。進捗状況に応じて,学習内容に関連した課題を課すこともある。プログラミング言語と教科書として何を選択するかは各自によって異なるので,下記の授業計画は一つのモデルケース(Haskellを学習する場合)を示していることに注意して欲しい。授業の方法でも述べたように,プレゼンテーション用ソフトウェアを使用して発表用資料を準備すること。さらに,教科書に示されている例題や課題のプログラムはすべて各自で実行し,その実行結果画面を発表用資料に含めること。プログラムの処理内容を適切に説明できるよう,説明方法を十分に検討すること。もし口頭では説明しにくいと感じたら,説明内容を手順書として書き下してみて,その手順書を発表用資料に含めること。

本授業の事前・事後学習は,合わせて2時間の学習を目安とする.
履修条件 学科内規による。
授業計画
1ガイダンス(授業のテーマや到達目標及び授業の方法について説明する)
言語と教科書の選択
【事前学習】シラバスを事前に確認すること
【事後学習】選択した教科書を用意する.
2関数型プログラミング,Haskellの特徴
【事前学習】発表用資料を準備する.
【事後学習】関数型プログラミングについて理解を深める.
3関数適用,Haskellプログラム
【事前学習】発表用資料を準備する.
【事後学習】Haskellプログラムについて理解を深める.
4型とクラス
【事前学習】発表用資料を準備する.
【事後学習】型とクラスについて理解を深める.
5関数定義
【事前学習】発表用資料を準備する.
【事後学習】関数定義について理解を深める.
6リスト内包表記
【事前学習】発表用資料を準備する.
【事後学習】リスト内包表記について理解を深める.
7再帰関数
【事前学習】発表用資料を準備する.
【事後学習】再帰関数について理解を深める.
8高階関数
【事前学習】発表用資料を準備する.
【事後学習】高階関数について理解を深める.
9関数型パーサー
【事前学習】発表用資料を準備する.
【事後学習】関数型パーサーについて理解を深める.
10対話プログラム
【事前学習】発表用資料を準備する.
【事後学習】対話プログラムについて理解を深める.
11型とクラスの定義
【事前学習】発表用資料を準備する.
【事後学習】型とクラスの定義について理解を深める.
12切符番号遊び
【事前学習】発表用資料を準備する.
【事後学習】関数型プログラミングの応用について理解を深める.
13遅延評価
【事前学習】発表用資料を準備する.
【事後学習】遅延評価について理解を深める.
14プログラムの論証
【事前学習】発表用資料を準備する.
【事後学習】プログラムの論証について理解を深める.
15総合演習
【事前学習】発表用資料を準備する.
【事後学習】関数型プログラミング全体について復習する.
その他
教科書 Graham Hutton著/山本和彦訳 『プログラミングHaskell』 オーム社 2009年 第1版
参考書 必要に応じて授業中に紹介します。
成績評価の方法及び基準 授業参画度(100%)
授業参画度は,毎回の発表用資料(レジメ,プレゼン資料等)をもとに評価します.
オフィスアワー 毎週水曜日12:10〜13:00
対面による質問にのみ答えます。

このページのトップ